西川大貴脚本・演出のミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』、17人のキャスト決定 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

西川大貴脚本・演出のミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』、17人のキャスト決定

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2019年7月27日

 

西川大貴さん脚本・演出によるミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』が2019年11月15日(金)から、DDD青山クロスシアターで上演されます(1stプレビュー公演と2ndプレビュー公演あり)。2019年7月26日には、オーディションで選ばれた17人が決定しました。リリースが届きましたので、ご紹介します。

 

ミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』のロゴ

ミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』のロゴ

 

 

先般、上演が発表され、2019年11月15日(金)から開幕する1st、2ndとプレビュー公演を経て、本公演11月30日(土)から12月15日(日)の日程でDDD青山クロスシアターにて上演するミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』。全出演者はオーディションを開催し、400名を超える応募者から個性光る精鋭17名が決定いたしました。

 

本作は、日本人特有の身体感覚・言語を素直に使って表現する「日本発」のミュージカルを創り上げます。そして、脚本・演出・音楽・俳優と、各部門においてプランのブラッシュアップを図りながら本公演を目指すために、2回にわたるプレビュー公演期間を設けるという、とても実験的で、作品作りとしては大変贅沢なトライアウト公演を行います。オフ・シアターから発信する本作は、作品作りをとことん探求する意義において、ミュージカル界に一石を投じる存在になるでしょう。

 

脚本・演出を担うのは、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などに出演し、アーティストとしてもオリジナルアルバム2枚を発表するなど、幅広いフィールドで活躍する西川大貴。ミュージカルを中心に俳優として活躍するだけではなく、自身のプロジェクトで脚本・演出作品を精力的に発表するなど、クリエイティブな視点と創作への熱意を持った、これからのミュージカル界を担う若き逸材です。

 

そしてミュージカルの要とも言える音楽を手掛けるのは、昨年スティーブ・ガッド、ウィル・リーとのトリオアルバムを発表し、クインシー・ジョーンズにも認められたジャズピアニストであり作曲家の桑原あい。西川とは、これまでも自身らの音楽プロジェクト「かららん」で共に創作活動を重ねてきている、確かな実力と感性を兼ね備えたアーティストです。

 

また、舞台を華やかに彩る振付にも、西川、桑原と同世代であり、JAZZ、HIP HOP、THEATER他、オールジャンルのダンスをこなし、振付家としても十分な経験値を持つ加賀谷一肇を迎え、クリエイティブスタッフには、高い志しを持ち新しい目を持った、力あるメンバーが揃いました!

 

以上の若手日本人スタッフに加えて、本場のミュージカルを熟知し、海外における小規模トライアウト公演の実績もあり、日本においても『ミス・サイゴン』『ゴースト』など有名ミュージカルを演出した経歴のあるダレン・ヤップ氏をスーパーバイジング・ディレクターとして招きます。海外の視点からも客観的に作品をクリエイトしブラッシュアップできる、非常に貴重な機会になります。

 

 


 

 


 

 

【クリエイタープロフィールとコメント】

 

◆脚本・演出:西川大貴/Taiki Nishikawa
1990年8月30日生まれ。俳優・アーティスト・演出家・脚本家・タップダンサー。立教大学現代心理学部卒。幼少期からタップダンスを始め、2001年、ミュージカル『アニー』でデビュー。舞台『ボーイフロムオズ』(05・06・08)では、得意のタップダンスでV6・坂本昌行演じるピーターの少年時代役を好演。以降、舞台『ミス・サイゴン』、『レ・ミゼラブル』など、人気作品に多数出演し、17年には水谷豊が初監督・主演を務めた映画『TAP -THE LAST SHOW-』のメインキャスト、吃音症を抱えるタップダンサーJUN(田所順)役で映画にも進出。自ら脚本執筆、舞台演出も行っており、近年では、『金魚鉢』(脚本)、『a shape』(共同脚本・演出)、『ボク i am』(脚本・演出)、『Second of life』(脚色・演出)などを手掛ける。また自身が中心に活動する音楽プロジェクト「かららん」でのLIVEや創作活動など幅広く才能を発揮し、これまでに2枚のアルバムも発表。近年の主な舞台出演に、ミュージカル『マタ・ハリ』、『DAY ZERO』、『ゴースト』、音楽劇『道 La Strada』(18)、『ソーホー・シンダーズ』、『BACKBEAT』(19)などがある。

 

<コメント>
脚本・演出の西川大貴です。「日本人のための、日本語で書かれたミュージカル作品」がもっと増えれば良いなと思っています。海外には素晴らしいミュージカル作品がたくさんあります。英語で歌うために書かれた曲でも、素敵な音楽には、たとえ日本語で歌ったとしても失われない美しさがあります。また、日本語で歌うからこそ独自の質感が生まれることも、とても素敵だと思います。しかし言語の特性上、翻訳すると歌詞/セリフの情報量をおよそ3分の1にしなくてはならなかったり、英語は子音で喋る言語なのに対して、日本語は母音で喋る言語であることから、失われてしまうニュアンスやグルーヴは少なくありません。それはとても苦しいことです。海外作品を上演することには、間違いなく大きな意味があります。もちろん僕も、これからも関わっていきたいと思っています。ただ、日本語で書かれた作品を作っていくこともとても大切なことだと思うのです。もっとフラットに、シンプルに、ミュージカルをやってみたい!これは僕が常に思っていることです。やり方は色々あるとは思うのですが、今回はそのひとつを試してみたいと思います。いま敢えて、 試す と書きました。今回はトライアウト公演です。正解かどうかもわからない正解をただ急いで探すのではなく、このように試しながら作っていける機会をいただけたことに心から感謝します。「今の日本らしい」ミュージカル作品を作ってみようという試みです。面白がってくださる皆様。劇場でお待ちしております!

 

◆スーパーバイジング・ディレクター:ダレン・ヤップ/Darren Yap
1967年8月23日生まれ。オーストラリア・シドニー出身の俳優、演出家。日本では、2012、14年『ミス・サイゴン』の演出補、2018年『ゴースト』の演出を手掛けるなど、自国内外で活躍。過去、彼の演出を受けた日本キャストからの信頼は非常に厚く、今回、海外の視点からも作品を客観的にクリエイトしブラッシュアップするため、スーパーバイジング・ディレクターとして招聘予定。

 

<コメント>
大貴とは、2012年に(僕が演出補を務めた)『ミス・サイゴン』で出逢って以来の付き合いになります。大事な友人であり、人として、役者として、ダンサーとして、脚本家として、そして今は演出家としても心から尊敬している彼と一緒にこの冒険に挑めることを、とても楽しみにしています。『(愛おしき) ボクの時代』は日本で生まれるオリジナル作品ですが、世代間や親子間で生じるギャップやすれ違いなど、世界共通のテーマを盛り込んだものになりそうです。作品を一からクリエイトすることはとても名誉なことですし、その新作を観客の前でトライアウトし、皆さんのレスポンスも受けながら作品を作り上げることができるのは大変有意義なことです。このような機会を与えてくださった江口さんをはじめとするシーエイティプロデュースの皆さんに感謝します。素晴らしく面白いミュージカルになる素質を持っていますので、皆さんにも楽しんでいただけますように! スーパーバイジング・ディレクター ダレン・ヤップ

 

 

ミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』に出演する(写真上段左から)天羽尚吾さん、猪俣三四郎さん、上田亜希子さん、梅田彩佳さん、岡村さやかさん、奥村優希さん、(写真中段左から)風間由次郎さん、加藤梨里香さん、塩口量平さん、四宮吏桜さん、関根麻帆さん、寺町有美子さん、(写真下段左から)橋本彩花さん、深瀬友梨さん、溝口悟光さん、宮島朋宏さん、吉田要士さん(五十音順)

ミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』に出演する(写真上段左から)天羽尚吾さん、猪俣三四郎さん、上田亜希子さん、梅田彩佳さん、岡村さやかさん、奥村優希さん、(写真中段左から)風間由次郎さん、加藤梨里香さん、塩口量平さん、四宮吏桜さん、関根麻帆さん、寺町有美子さん、(写真下段左から)橋本彩花さん、深瀬友梨さん、溝口悟光さん、宮島朋宏さん、吉田要士さん(五十音順)

 

【キャストコメント】

 

天羽尚吾
気鋭のプロジェクトにオリジナルキャストとして参加することができて、とても幸せです。プレビュー公演を通じて、観客の皆様と共に唯一無二のミュージカルを創り上げたいです。歌って踊って過ごしてきた僕の命を捧げます。

 

猪俣三四郎
ストレート畑からの大挑戦です。ミュージカル経験の少なさを逆手にとって、どれだけ普通に喋るように歌えるか、気持ちで動けるか、稽古でじっくり試行錯誤していきます。この企画自体もそうですが、観た方に”普通のミュージカル俳優とちょっと違うけど、こういう人も全然アリだな”と思って頂けますように。

 

上田亜希子
『日本人特有の表現でオリジナルミュージカルを発信する』というコンセプトに惹かれ参加したオーディション現場は、想像以上に愛に満ち溢れていて『このチームが作るものは、必ずや素晴らしい作品になるだろうな』と確信しました。ご一緒出来るご縁を感謝すると同時に、才能ある方々と一緒に作品を作れることが、今から楽しみでなりません。

 

梅田彩佳
今回出演させて頂けることが本当に嬉しいです。作って、本番、壊して、本番、ブラッシュアップして、本番。初めて経験する工程で、ワクワクと緊張が止まりませんが、演出の西川さんから沢山吸収して自分を高めていきたいと思ってます。よろしくお願いします!

 

岡村さやか
和やかな雰囲気の中、一人一人に向き合って個性を引き出してくれる、そんなオーディションでした。トライアウト公演という形で、どのような発見や学びがあるのか、とても楽しみにしています。この作品が花開いていく一端を担い、お客様の心に残る仕事ができますよう、精一杯務めたいです。

 

奥村優希
大人になってから、中々受かることのできなかったミュージカル。苦節十数年、やっと作品が決まり本当に嬉しいです。自分がやれる以上のことをやりきりたい。スタート地点に立った今、さらに大きな夢をこの作品に描いて歩んでいきたいと思います。

 

風間由次郎
この作品に対して自分に何が出来るか考えるだけでも凄く楽しみです。どんな大きな作品も産声を上げなければ始まらなかったように、このトライアウト公演が大きな一歩である事に間違いはないと思っています。演出の西川大貴くんも、振付の加賀谷一肇くんも同世代なので、稽古からお互い刺激し合えたらいいなと思っています!

 

加藤梨里香
企画発表時から気になってきた作品だったので、今回出演させていただくことになり、嬉しい気持ちでいっぱいです!これからどんな言葉や音と出会えるのか、どんなお稽古が待っているのか…。ワクワクしております。脳みそをふにゃふにゃにして臨みたいと思います!

 

塩口量平
塩口量平です。新たな自分と出逢いたい。それが今作に応募する動機でした。この度キャストとして参加させて頂けることになり、稽古本番が既に待ちきれません。新たな自分で皆様と出逢えますように。がんばります。

 

四宮吏桜
今回この舞台で色んな個性の演者の方々、クリエイティブスタッフの皆様とも共に作品を作れること大変嬉しく、楽しみに思っております!舞台を観に来られたお客様一人ひとりに喜んでいただくべく、私ならではの色を添えて最っ高の瞬間をお届け出来るように頑張っていきたいと思います!

 

関根麻帆
日本のオリジナルミュージカルを、本公演だけでなくトライアウト公演まで(しかも2回も!)出来るなんて、なんっって贅沢なモノヅクリの現場なんだろうと震えました!これはペリー来航の時以来の気持ちの昂りです!!開港(幕)はまもなくっ!!!

 

寺町有美子
兵庫県出身 21歳、東京でのミュージカルの舞台は初挑戦です!この舞台を通してたくさんのことを吸収し、役者として成長したいと思っております。稽古開始が待ち遠しいです!! まだまだ未熟者ではありますが、お客様の心に残るものを作りたいという思いを胸に精一杯努めさせていただきます。応援よろしくお願い致します!

 

橋本彩花
素敵なキャスト・スタッフの皆様とこの作品に携わることができ、とても光栄に思っています。私自身、久しぶりのミュージカルで、非常に刺激的な毎日になるのではと楽しみで仕方ありません。愛される作品になるよう、大切に演じさせて頂きます。

 

深瀬友梨
はじめまして!山形県出身の深瀬友梨です。今回、このプロジェクトを知ってすぐに挑戦したい!!と決めました。日本では希なトライアウト公演、先を見据えた新しいプロジェクトのこの舞台に出演出来るのが本当に嬉しいです! 久しぶりに舞台でタップを踊れるのも嬉しいですし、これから始まる稽古が楽しみで仕方がないです!新しいことにも全力で挑戦していきたいです!!

 

溝口悟光
今年大学を卒業して以来、初めての舞台です。約三ヶ月間、西川さんをはじめ素晴らしいスタッフ共演者の皆さんとこの作品に関われることに感謝して、全てにおいて未熟な今の自分から成長できるよう努力していきます。稽古が始まるまで少し時間があるので、眠っていたタップシューズを引っ張り出してしっかり練習しておこうと思います。

 

宮島朋宏
なんとスリリングで舞台愛にあふれた企画か!「新たな試み」に興奮する私としては、もうワクワクが止まりません。今回いただいたご縁を存分に生かして未知なる化学反応をどこまでも追い求めたいと思います。貪欲に。どうぞ楽しみにしていてください!

 

吉田要士
この作品に携わることができ、とても嬉しく思ってます。【オフからオンシアターへ】と、作品を成長させていく、そのプロセス。そして、西川大貴さんの脚本・演出、またスーパーバイザーにダレン・ヤップさんをお迎えして、どのような作品に仕上がっていくのか!その中で、自分自身がどう存在できるのか?とても楽しみです。

 

 


 

 


 

 

<ミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』>
公演日程:2019/11/15(金)~18(月) 1stプレビュー公演
2019/ 11/23(土・祝)~26(火) 2ndプレビュー公演
2019/11/30(土)~12/15(日) 本公演
会場:DDD青山クロスシアター(渋谷区渋谷1-3-3ヒューリック青山第2ビル B1F)
脚本・演出:西川大貴、音楽:桑原あい、振付:加賀谷一肇、スーパーバイジング・ディレクター:ダレン・ヤップ
出演 : 天羽尚吾/猪俣三四郎/上田亜希子/梅田彩佳/岡村さやか/奥村優希/
風間由次郎/加藤梨里香/塩口量平/四宮吏桜/関根麻帆/寺町有美子/
橋本彩花/深瀬友梨/溝口悟光/宮島朋宏/吉田要士 (※五十音順)

 

<チケット>
1stプレビュー公演 3,500円  2ndプレビュー公演 4,500円
本公演 6,000円(全席指定・税込・未就学児入場不可)
・サポーターズシート(11/30~12/15の本公演のみ取扱い) 10,000円
本プロジェクトを支援して下さる方へ向けた料金設定です。
通常料金との差額は、本プロジェクトの活動資金とさせていただきます。
サポーターとなって頂ける方へは、お座席の優待ほか、特典をご用意しております。
※詳細は後日発表いたします。
・プレビュー・本公演Wチケット(1st or 2ndプレビューいずれか1公演+本公演1公演) 9,000円
・U28チケット(28歳以下対象、11/30~12/15の本公演のみ取扱い) 4,500円
チケット一般発売 2019年8月31日(土)

 

<関連サイト>
WEBサイト:
https://www.bokunojidai.com/
公式ツイッター
https://twitter.com/musical_aiboku
ハッシュタグ #愛ボク

 

<問い合わせ先など>
お問合せ:チケットスペース:03-3234-9999
チケットスペースオンライン 検索
企画・主催:シーエイティプロデュース

 

 

『(愛おしき) ボクの時代』 関連記事:

⇒すべて見る

 

西川大貴 関連記事:

⇒すべて見る

 

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録(月額450円)してログインすると、コメントを書き込めます


最近の記事

■ 2019年10月掲載分
■ 2019年9月掲載分
■ 2019年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.