「演劇部で中2の時に上が高3で、仕方がなく台本を」、西川大貴インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「演劇部で中2の時に上が高3で、仕方がなく台本を」、西川大貴インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年11月15日

 

シーエイティプロデュースによる、世界に通用する日本発のミュージカルを育てていくプロジェクト。2019年11月15日(金)にプレビュー公演が始まり、11月30日(土)に本公演が開幕するミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』の脚本・演出を務める西川大貴さんのインタビュー、後半です。西川さんのこれまでについて伺いました。ミュージカルとの出会いや、どんなきっかけで創作活動をするようになったのか、今後目指すことなどを語ってくださいました。

 

西川大貴さん=撮影・岩村美佳

西川大貴さん=撮影・岩村美佳

 

 

――西川さんご自身のお話をお伺いさせてください。幼少期からタップダンスで活動されていて、ミュージカル『アニー』など大きいミュージカル作品にも出演されていたということですが、幼少期のタップもしくはミュージカルに出るようになったきっかけは何ですか?

 

元々は、体操教室と水泳教室に通っていたんです。体操教室にエアロビなどのクラスがあるじゃないですか。そこにタップダンスがあって、カタカタ鳴っている靴が楽しそうだなと習い始めたら、そのクラスがなくなってしまって。もっと続けたくて、ちゃんとしたタップダンス教室に通い始めたんです。そこに2000年の『アニー』に出演した子が通っていて、2001年のオーディションから男の子が初めて出演できるようになり、先生に勧められて受けました。「ミュージカル」という単語を一度も聞いたことがない状態でオーディションに行って、言われるがままにタップを踏んだら出ることになり、「ミュージカル楽しいな」と思うようになりました。ミュージカルが楽しいというよりは、皆でわいわい、歌って踊れるのが楽しかったんです。

 

――日常生活のなかに、ミュージカルがふっと入ってきたわけですね。

 

そうです。だから、学校よりも、もっと楽しい学校という感じでした。

 

――なるほど。ミュージカルを観て好きになったではなく、気づいたら入っちゃった。でも全部がつながっていますよね。体操教室に行って、タップの教室に行ってという人生のなかで、そこで大きな選択をしたわけではないということですよね。

 

ないですね。だから、逆にちゃんと仕事としてやっていくとなったときに、結構葛藤はありました。

 

――仕事にすることは、いつ決めたんですか?

 

正直にいうと徐々にです。「なにやってるんだろう」「辞めたほうがいいんじゃないか」など、周りが大学のことをいろいろ考えているときや、就職のタイミングもそうですが、徐々に、徐々に確信を深めていったという感じです。「これが仕事になっていくのかな」「もう切り離せないものになっているな」と。それまでは、学業が仕事でしたから、年に1本しかやっていない時期も長かったんです。やっていくなかで、「仕事にするんだろうか」と思うことは結構ありました。だから、これで仕事にしようと決めたといえる明確なタイミングはないですね。『ボーイフロムオズ』で、初めて(V6の)坂本昌行さんと一緒にやりましたが、大人の作品に出たときに、子役のミュージカルとは全然違うんだと思い、感じたものがありましたし、レミゼ(『レ・ミゼラブル』)に出演したときなど、ポイント、ポイントで思いました。あとは、マイナスの意味で引っ張られた作品もあります。「こんなつまらないミュージカルをやるなら、やめよう」と思った時期もありました。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、創作活動をはじめた経緯などインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■大学で劇団を作って、大学2年生でレミゼに出て、脚本は年に1本のペースで

 

■思うことは日常的にある。でも、そこから先のストーリーを考えるのは苦行

 

■(プレビューが2種類なのは)クリエイターも含めて「失敗していきましょう」と

 

■(ツイッターのハッシュタグは #愛ボク )。あらゆる声を参考に、勝算あるギャンブルを

 

 

<ミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』>
【1stプレビュー公演】2019年11月15日(金)~11月18日(月) DDD青山クロスシアター
【2ndプレビュー公演】2019年11月23日(土祝)~11月26日(火) DDD青山クロスシアター
【本公演】2019年11月30日(土)~12月15日(日) DDD青山クロスシアター
公式サイト
https://www.bokunojidai.com/

 

<関連リンク>
西川大貴_ FRENDSHIP PROMOTION
https://friendship-stage.tumblr.com/taikinishikawa
西川大貴オフィシャルサイト
https://www.taikinishikawa.me/
西川大貴 twitter
https://twitter.com/spea___spea

 

 

『(愛おしき) ボクの時代』 関連記事:

⇒すべて見る

 

西川大貴 関連記事:

⇒すべて見る

 

※西川大貴さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月14日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

西川大貴さん=撮影・岩村美佳

西川大貴さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.