「答えを出さなくていい」、『フランケンシュタイン』加藤和樹&小西遼生対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「答えを出さなくていい」、『フランケンシュタイン』加藤和樹&小西遼生対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2019年11月13日

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』が、2020年1月8日(水)から2月24日(月)まで東京・愛知・大阪で上演されます。2017年の初演で熱狂的なファンを生み出した作品の再演に、ビクター/ジャック役の中川晃教さんと柿澤勇人さん(ダブルキャスト)、アンリ・デュプレ/怪物役の加藤和樹さんと小西遼生さん(ダブルキャスト)たちが初演キャストが帰ってきます。4組の組合せの違いも興味深かった初演から、3年の時を経て同じキャストがどう見せてくれるのか期待が高まります。加藤さんと小西さんにインタビューしました。上下に分けて掲載します。上ではこの作品の魅力や、演じるにあたっての難しさ、初演にどのように取り組んだかなどについて伺った内容を掲載します。下ではおふたりがそれぞれのアンリと怪物を、どう思っていたか、ふたりのビクターについてどう感じていたか、再演への思いなどについて伺った内容を掲載します。

 

加藤和樹さん(左)と小西遼生さん(右)=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん(左)と小西遼生さん(右)=撮影・岩村美佳

 

 

――初演の『フランケンシュタイン』に出演されていて、作品や役に対して一番面白かったなというポイントはありました?

 

加藤:(鈴木)壮麻さんが……(笑)。

 

小西:ボーリングのピンを頭にのせていましたね(笑)。

 

加藤:毎公演、ハプニングじゃないですが、なんだかんだいって、壮麻さんもすごく楽しそうでした(笑)。

 

――悲劇性のある作品のなかに見つける楽しさみたいな(笑)。

 

加藤:それは多分、ルンゲとしてもそうですし、イゴールはイゴールで、勝手に踊り出してしまうとか。それを毎回観るのが結構楽しみでした(笑)。

 

小西:イゴールは無声芝居だったね、ほとんど喋らない(笑)。

 

――“面白かった記憶”として思い出すのは、ご自身のことではないんですね。

 

加藤:役的にはどうしても。唯一酒場のシーンぐらいですかね。踊りもありますし。

 

小西:僕たちのキャラクターだけ通し役でしたから、そういう意味での演じる面白さはやはりありましたね。

 

加藤:そうですね。

 

小西:もちろん全く逆の役をやるのも面白いと思いますが、約3時間の上演を通してひとつの役を完成させる面白さは、役者としては面白いですし、やりがいもあります。でも初演は結構、生みの苦しみがあったような気がするね。

 

加藤:ありましたね、確かに。

 

小西:身も心も削っていましたね。

 

――加藤さんは福岡でアクシデントがありましたね。

 

加藤:歯を折りましたね(笑)。

 

小西:ああ!

 

加藤:あれはもう自己責任なんですが、戦うところで、相手の裏拳がパーンと当たったんですよ。距離感がわからなくなってしまって、普通に歯が落ちましたもん、ポンって(笑)。僕、舞台上で一瞬気を失ったんですよ。

 

小西:歯をやったのは覚えてる。

 

加藤:あの日、みんなで水炊きを食べようみたいな話をしていたじゃないですか。僕、行けなくて(笑)。

 

 

<取材協力>
加藤和樹さんの衣裳
Kazuki Nagayama(STUDIO FABWORK 03-6438-9575)

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、初演でおふたりが一番注力した、大事にしたものなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。11月14日(木)掲載予定のインタビュー「下」では、おふたりがそれぞれのアンリと怪物をどう思っていたか、加藤さん自身と小西さん自身の似ているところと似ていないところ、ふたりのビクターについてどう感じていたか、再演への思いなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■小西:心は純粋無垢なままなのに、見た目は醜い。面白いのはその部分だなと

 

■加藤:時間経過がすごくあった。その関係性は、アッキーさんとすごく話した

 

■小西:本番でも毎日変化しているところもある。心は答えを出さなくていい

 

■加藤:役自体の個性が強いので、一緒に作るより、自分で作り上げるしかない

 

 

 

 

<ミュージカル『フランケンシュタイン』>
【東京公演】2020年1月8日(水)~1月30日(木) 日生劇場
【愛知公演】2020年2月14日(金)~2月16日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
【大阪公演】2020年2月20日(木)~2月24日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/frankenstein2020/
特設サイト
https://www.tohostage.com/frankenstein/

 

<関連リンク>
ASSIST|加藤和樹Official Web Site
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/katokazuki-blog/
加藤和樹Twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007
小西遼生 公式サイト
https://konishiryosei.com/
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/
小西遼生オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/
小西遼生&スタッフ公式Twitter
https://twitter.com/ryosei_konishi

 

 

フランケンシュタイン 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※加藤和樹さん&小西遼生さんのサイン入りチェキ写真を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月13日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

加藤和樹さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ひろ より:

    読みごたえのあるインタビューと、
    素敵なお写真をありがとうございます!
    初演は観ることができず、
    再演をずーっとずーっと待っていました。
    このインタビューで二人のアンリ・怪物、
    4組の組み合わせの違いが、
    ますます楽しみになりました。
    チケット増やしたいー!

  2. より:

    アンリ/怪物と同じ役を演じたお二人ですが、初演を観劇させていただいた際、本当に全く違ったアンリ/怪物で、お二人それぞれの役としての心情を読み取ろうと必死に、真剣に、表情の一つ一つを観ていたことを今でも鮮明に覚えています。
    あの時は、こう見える、恐らくこういう意図だろう、と自分なりに考察を広げることしか出来ませんでしたが、このインタビューを読ませていただき、役作りやビクターとの関係性、またお互いの役に対する考え方等を少し知ることができ、再演が更に楽しみになりました。
    更に掘り下げられ、深くまで作り込まれたフランケンシュタインを観るのを心から楽しみにしております。

  3. ゆう より:

    前半読ませていただきました。
    初演で熱狂し通ったフランケンシュタインファンとしてとても興味深いインタビューでした。
    ビクター/ジャック、アンリ/怪物のWキャストによる違いが結末の印象すら違う物にしていたのがとても記憶に残っているので役作りの過程も話し合わず、でもお互いを観ながらそれぞれに作り上げたというお話でとてもしっくりきました。
    後半も楽しみに読ませていただきたいと思います。

  4. JUN より:

    いつも楽しく拝読させていただいてます。
    再演を心待ちにしている作品。
    写真も記事も読み応え満載で
    来年のフランケンシュタインの開幕が一層楽しみになりました。

  5. 櫻井 より:

    初演時の大楽から約3年。待望の再演がいよいよ。とインタビューを見て感じました。個性的な4ペアがまさか自然と出来上がったものとは予想外で、とても読みがいのあるインタビューでした。これから始まる稽古で更にパワーアップした2020年の公演が今から楽しみで仕方がありません。
    素敵なインタビューをありがとうございました。

  6. ちゅーた より:

    初演観劇できなかったので今回こそは観に行きたいと、お二人のお話を拝読して思いました。
    素敵な対談ありがとうございます!

  7. 京琴 より:

    いつも素敵な記事に写真をありがとうございます!フランケンシュタイン!再演を心待ちにしてました!実現するとわかった時は狂喜乱舞(笑)その作品のインタビュー記事を岩村さんで…もういつも素敵な読みごたえありの記事を書いて下さるので楽しみにしてました。そして期待通り!ありがとうございます!後半が待ち遠しいです!

  8. 雅美 より:

    読み応えたっぷりのインタビュー記事ありがとうございました。お写真もたくさん、いつもありがとうございます!!(下)も楽しみです。

  9. まみろう より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    観劇に興味のない方のインタビューではない、ということが、何より嬉しいです。
    岩村さんはフランケンがお好きなんだなぁ同志だなぁという感じです(^^)
    後半も楽しみにしています。

  10. ロゼ より:

    毎回岩村さんのインタビューはよくある質問だけでなく、聴かれる側の性格とかに合わせて深く聴いてくださるので、いつも心に残るインタビューになります。
    イゴールさんのお話は笑いました。
    明日のお互いにどう思っていたか?は、とても興味深いです。
    お稽古中、公演中か後にもインタビューお願いしたいです。
    変わっていくお二人を見たいので、よろしくお願い致します。

  11. なつき より:

    いつも素敵なインタビュー&写真、ありがとうございます!
    役として/役者としての関係性やスタンス、とても興味深く読ませていただきました。明日の記事も楽しみです。
    初演は観ることができなかったので、年明けの公演が待ち遠しいです!

  12. ぽち蔵 より:

    いつも素敵なお写真と興味深いインタビューをありがとうございます。
    4人の関係性を成る程と思いながら拝読致しました。
    明日の後半も楽しみです。

  13. みゆポン より:

    岩村さんこんにちは。
    今回も楽しいお話しありがとうございました。
    悲しい話だけど見応えがあり、難役をやるお2人皆さんすごいです。
    前回も拝見したけど、また再演で見るのとても楽しみです。下も楽しみにしてますね。

  14. clover より:

    益々
    楽しみになりました
    ありがとうございます

  15. りい より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。二人の対談がどこかで読めるといいなぁと思っていたので、とても嬉しいですし、興味深く読ませていただきました。明日の記事も楽しみにしていますね。

  16. Megu より:

    いつも素敵な写真と記事をありがとうございます♪
    また明日の後半を楽しみにしてます(^-^)

  17. えむえいち より:

    いよいよ始まるかと思うとわくわくします!
    またの更新を楽しみにしています。

  18. あきしゃん より:

    いつも素敵な記事と写真ありがとうございます。
    来年の楽しみが増えました

  19. まめ茶 より:

    更新ありがとうございます!
    お二人の怪物さんをどちらも見てみたくて、1月に観劇するのがとても楽しみです。
    そして今回も、素敵なお写真をありがとうございます!
    チェキ当たりますように。。

  20. ぴーちりーふ より:

    いつも素敵な記事&お写真ありがとうございます。またあの作品が観れる!と楽しみです。後半の掲載楽しみに待ってます。読み応えのある記事をありがとうございます。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.