「最期は笑顔で送ってあげる」、映画『みとりし』高崎翔太インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「最期は笑顔で送ってあげる」、映画『みとりし』高崎翔太インタビュー(上)

筆者: 伊藤 華織 更新日: 2019年9月13日

 

2019年9月13日(金)から有楽町スバル座での公開が始まった映画『みとりし』(全国順次公開)に、新任の医師・早川奏太役で出演している高崎翔太さんに、インタビューしました。上下2回に分けて2日連続で掲載します。インタビュー「上」では、「看取り士」という職業についてや、「看取り士」と高崎さんが演じる医師との関係について、共演者との撮影中のエピソードなどについて伺った内容を紹介します。インタビュー「下」では、映画『みとりし』以外の高崎翔太さんの今後の活動や、休日の過ごし方などについて伺ったインタビュー後半の内容を紹介します。

 

高崎翔太さん=撮影・伊藤華織

高崎翔太さん=撮影・伊藤華織

 

 

――まず、どのような映画か教えていただけますか?

 

「看取り士」っていう職業を描いた映画なんですけど、「看取り士」っていうのは、お医者さんから余命告知を受けた方が、例えばお家で過ごしたいとか、希望する場所で残された時間を過ごすため、ケアしながら最期まで看取るという職業で、生き死にだとか、そういうのが題材になっている映画ですね。

 

――高崎さんの役は?

 

僕の役は新人のお医者さんなんです。看取り士という職業とある意味、反対にいる立場で、僕は亡くなった後の死亡確認などをするシーンが多かったです。作品中、3つの依頼者のエピソードがあるんですけど、初めて看取るお婆ちゃんと、その次に看取る方、その次の方と、看取る中で、少しずつ最期を看取る覚悟がついていき、少しずつ成長していく、そんな役でした。

 

――役に取り組む大変さはありましたか?

 

そうですね。「みとりし」という作品なので。たとえば医療ものでしたら、命を助けるために一生懸命頑張るとか、そういうお話が多くて、以前演じた作品もそうでしたが、看取り士は治療をせず、最期を安らかにというものなので、医者としてはすごく難しい。看取り士というものの素晴らしさを描いている作品なので、医者役の僕はそちらに偏りすぎないように、医者は医者として、まっとうに医者の役割ができるようにということを心掛けてやっていました。

 

 

<取材協力>
ヘアメイク:山崎惠子

 

 

こちらは、映画『みとりし』の予告編の動画です。

 

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、高崎翔太さんご自身の身近な方との別れの体験や、撮影時の共演者とのエピソードなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。9月14日掲載予定のインタビュー「下」では、映画『みとりし』以外の高崎翔太さんの活動や、休日の過ごし方などについて伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■ (俳優は)最期は一緒にいられない仕事と言われますが、一緒にいれたらなと

 

■凄く現場が穏やかに穏やかに進んで行ったんです

 

■ 看取り士さん達は、最期は笑顔で送ってあげる

 

■榎木孝明さんと楽屋で二人になった時、古武術を習っていました(笑)

 

 

 

 

<映画『みとりし』>
出演:榎木孝明、村上穂乃佳
高崎翔太、斉藤暁、つみきみほ、宇梶剛士、櫻井淳子ほか
原案:『私は、看取り士。』柴田久美子著(佼成出版社刊)
監督・脚本:白羽弥仁
配給・宣伝:アイエス・フィールド
2019年9月13日(金)より有楽町スバル座ほか全国順次ロードショー
公式サイト
http://www.is-field.com/mitori-movie/
公式 twitter
https://twitter.com/mitorimovie_
公式 facebook
https://www.facebook.com/mitorimovie/

 

<舞台挨拶>
2019年9月14日(土)10時からの回上映後及び13時からの回上映前に有楽町スバル座にて公開記念舞台挨拶の実施が決定
登壇者:榎木孝明、村上穂乃佳、高崎翔太、櫻井淳子(以上、出演者)、白羽弥仁(監督)、柴田久美子(原案)

 

 

 

 

<関連リンク>
高崎翔太オフィシャル Twitter
https://twitter.com/takasaki_shota
高崎翔太公式ブログ
https://ameblo.jp/takasakishota/

 

『みとりし』 関連記事:

⇒すべて見る

 

高崎翔太 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

※高崎翔太さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月13日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

高崎翔太さん=撮影・伊藤華織

高崎翔太さん=撮影・伊藤華織

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 伊藤 華織(いとう・かおり)フォトグラファー/シネマトグラファー 18年間看護師として集中治療・救急救命の現場などで勤務。病気の方に寄り添ってきたが、生きるすべての方に愛あるメッセージを表現の世界で伝えたく、写真、映像を生業とし、縁があればどこまでも赴き、時を収めている。⇒伊藤華織さんの記事一覧

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. あいじゅ より:

    高崎さんの映画、役に対する思いがわかり、映画がより楽しみになりました。
    次の掲載も楽しみにしています。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.