革命と友情と愛をドラマチックに描く、宝塚『チェ・ゲバラ』大阪公演開幕 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

革命と友情と愛をドラマチックに描く、宝塚『チェ・ゲバラ』大阪公演開幕

筆者: きた あつこ 更新日: 2019年8月12日

 

宝塚歌劇月組のミュージカル『チェ・ゲバラ』梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演が2019年8月11日(日)に開幕し、8月19日(月)まで上演中です。「祖国か、死か!」──民族や国家を超えて、世界革命を追い求めた孤高の革命家、エルネスト・ゲバラを中心に、フィデル・カストロとの友情、アレイダとの愛、革命仲間たちとの心のふれあいと軋轢をドラマチックに描いた歴史ミュージカルです。開幕前日に行われた公開舞台稽古を取材・撮影しましたので、ご紹介します。

 

宝塚歌劇 月組 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『チェ・ゲバラ』より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇 月組 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『チェ・ゲバラ』より=撮影・橋本正人

 

 

1950年代、南米諸国の民衆は強国の犠牲となり、アメリカ資本による半植民地化支配のもとで貧困に喘ぎ苦しんでいました。そのような中、アルゼンチンの裕福な家に生まれ医者となったエルネスト・ゲバラ(通称チェ・ゲバラ)。飢えに苦しむ人々の姿を見るにつけ、自分が成すべきことは他にあるのではないかと苦悩します。キューバでも、アメリカ・マフィアと繋がり私腹を肥やす大統領フルヘンシオ・バティスタによる独裁政権に国民の怒りは募っており、そのバティスタ政権を倒そうとクーデターを起こしたものの失敗し、仲間たちとメキシコへ亡命してきていた弁護士フィデル・カストロ。そしてエルネストは、反バティスタ政権の地下活動グループに参加する怖いもの知らずの美しい学生、アレイダ・マルチと出会います……。

 

 

エルネスト・ゲバラ役は専科の轟悠(とどろき・ゆう)さんが演じます。轟さんは今年、舞台生活35年を迎えていますが、年々若々しく感じる男役さんです。今回のお芝居はグリーンの軍服に髭面。長銃を持って反政府軍が踊るシーンでは、1番身のこなしが素敵で色っぽく、男っぽく見えました。

 

フィデル・カストロ役の風間柚乃(かざま・ゆの)さんは100期生の若手ですが、重厚で安定した演技がとても光っていました。

 

アレイダ・マルチ役の天紫珠李(あまし・じゅり)さんは101期生。元男役ということもあってか、芯の強い女性をしっかりと演じていました。

 

兵士の中でも特に若いエリセオ・ガルシア役は104期生の娘役、きよら羽龍(きよら・はりゅう)さん。エリセオの最後はとてもはかなく、涙を誘うシーンとなりました。

 

宝塚歌劇 月組 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『チェ・ゲバラ』より=撮影・橋本正人

宝塚歌劇 月組 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ公演、ミュージカル『チェ・ゲバラ』より=撮影・橋本正人

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、公演レポートの全文と写真を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■大統領とマフィアの大物の「悪役」を憎々しく演じた、光月るうと朝霧真

 

■難しい兵士役をクールに演じた蓮つかさ。蒼真せれんは、髭をたくわえた姿で渋く男らしく

 

■印象的な愛を描いた、ダンサー役の晴音アキと、政府側軍人役の礼華はる

 

 

<宝塚歌劇 月組 ミュージカル『チェ・ゲバラ』>
【東京公演】2019年7月30日(火)~ 8月5日(月) 日本青年館ホール(この公演は終了しています)
【大阪公演】2019年8月11日(日)~ 8月19日(月) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

 

<関連ページ>
宝塚歌劇のページ
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2019/cheguevara/
梅田芸術劇場のページ
https://www.umegei.com/schedule/804/

 

『チェ・ゲバラ』 関連記事:

⇒すべて見る

 

宝塚月組 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> きた あつこ/アイデアニュース編集部で1番フツーな人。2人の女のコのママ。サザエさんのタマに似ていると言われる。いろんなことに興味津々で、ちょっと楽しい、ちょっと知りたい情報をHAPPYと共にお届けできるよう、常にウロウロ、常にキョロキョロすることが元気の源。⇒きた あつこさんの記事一覧

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.