日本デビューしたK-R&Bシンガー、WONWOOインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

日本デビューしたK-R&Bシンガー、WONWOOインタビュー(上)

筆者: 堀内優美 更新日: 2015年8月28日

 

K-R&Bシンガーとして日本デビューを果たしたWONWOO(ウォヌ)。2015年5月、初のデビューアルバム「awaken 」を発売し、大阪・BIGCATにおいてワンマンライブを成功させた。タイトル曲「SKY」は、「USENリクエスト J-POP HOT30」で16位にランクインし、FM大阪「wonwooのawaken」のパーソナリティーとしても活躍している。デビューから4ヶ月経った今、WONWOOさんに韓国時代のことや来日してからの活動、今後について話をうかがった。インタビューを2回にわたって掲載する。

 

WONWOOさん=撮影・堀内優美

WONWOOさん=撮影・堀内優美

 

WONWOOは、1983年5月24日、韓国江原道原州市で生まれ、父、母、兄の4人家族の環境で育った。幼い頃から歌とサッカーが大好きで、小4からダンスを始めた。物心ついたときから歌っていたそうだが、歌手になりたいと思ったことはないという。

 

WONWOO:「芸能人は、僕とは違う世界の人だと思っていました」

 

両親は厳しく、99点で叱られるほど教育熱心だった。韓国は日本よりも学歴社会で一流企業に入るための競争が激しい。厳格で堅実だった公務員の父親からは「公務員になりなさい」と言われていたため、運動が大好きだったWONWOOは、「それなら僕は将来、警察官だ」と漠然と思っていたという。

 

WONWOO:「そんな中でも僕は高校になると勉強そっちのけで、サッカー、バスケ、ダンス、歌にのめりこみました。特にスリークッションというビリヤードは三度の飯より好きでしたね」

 

WONWOOさん=撮影・堀内優美

WONWOOさん=撮影・堀内優美

 

高校卒業後は、大学の警察学科に進学。しかし、大学のバスケットボールの試合中に大怪我をし、左足膝にボルトを入れる大手術をすることになった。その後、休学届けを出して長期リハビリ入院し、そのことが理由となり、軍隊への入隊を免除されたという。

 

WONWOO:「それがなかったら、歌手になっていなかったかもしれない」

 

22歳の時、新人発掘番組「M!PICK」というドキュメンタリー番組の「season2」の主人公として取り上げられた。2005年にはソロデビューを果たし、アルバム「Touch My Soul」を発表、タイトル曲「ヘンボッカン・クリウム(邦題:幸せな懐かしさ)」がヒットし、大手プロダクションMedia Lineの期待の新人として活動、民放のバラエティ番組にも出演するなど、第一線で活躍した。また、Kimgunmo(キム•ゴンモ) 、DJ Koo、Lee Jung(イ•ジョン)、Chae Yeon(チェ•ヨン)CLON(クーロン)など多数の有名歌手のfeaturingにも参加した。

 

(WONWOOさんの韓国でのソロデビューアルバムに収録された曲「ヘンボッカン・クリウム(邦題:幸せな懐かしさ)」=2014.03.06、グランフロント大阪 in ナレッジシアター 日本1st CONCERTより ライブ映像)

 

その後、事務所を離れ、アルバム・ディレクターやボイス・トレーナーとして後進の育成に力を注ぎ、アカデミーの設立に向けて活動した。教え子の中にはK-POPアイドルとして活躍する歌手も多いという。

 

WONWOO:「韓国の芸能界には未練がなかった。だけど『もう一度歌いたい』という気持ちが高まり、日本へホームを移す決意をしたんです」

 

WONWOOさん=撮影・堀内優美

WONWOOさん=撮影・堀内優美

 

2012年1月、現事務所の社長である樋口多恵子氏のもとに韓国の知人から1枚のプロモーションDVDが送られてきた。それがWONWOOだった。

 

当初は、ラップとヴォーカルのデュオとして日本で活動する予定だったが、契約予定の事務所からビザをおろすことができなかったため、その話は白紙になってしまう。しかし、それでもWONWOOの「日本でもう一度歌いたい」という思いは変わらず、樋口氏はなんとか夢を叶えてあげたいと思った。

 

来日にあたり、一番の問題は「言葉」だった。日本語を習得するため、樋口氏による日本語教室が約5ヶ月間にわたって携帯電話のメールで行われた。

 

WONWOO:「最初は、ひらがなすらも、わからなかった。辞書で調べてもわからないから、パソコンのペンツールでひらがなの形を書いて変換し、調べながらメールの返信をしていました。漢字は韓国にもあって意味は似ていますが、読み方が音読みしかない。短いメールでも2~3時間かかりました」

 

努力を重ねた結果、語学習得の成長は目覚しかった。しっかりとした日本語のメールを使えるようになってきたところで、第二段階として電話で会話の練習をした。

 

そして、2013年9月3日に来日。デビューに向けての準備期間として楽曲制作にはいり、小さなイベントなどに出演しながら、プロモーション活動を展開していった。2014年7月にはオリジナル曲「It‘s over」を自己出版の形でリリース。構想をあたためてようやく形になったのが、2015年5月6日リリースの日本デビュー初アルバム「awaken」だ。タイトルには「新生WONWOOの再生」との意味がこめられている。

 

WONWOO:「まだまだこれからですが、やっと最低限のスタート地点に立てたと思っています」

 

WONWOOさん=撮影・堀内優美

WONWOOさん=撮影・堀内優美

 

※WONWOOさんインタビューの「下」では、日本の印象についてWONWOOさんにお聞きした部分と動画を掲載する予定です。「下」は、9月4日(金)掲載予定です。

 

 

 

<プレゼント>

 

アイデアニュースの読者3名さまに、WONWOOさんのサイン入りアルバム「awaken」をプレゼントします。どなたでも応募できます。応募の締め切りは9月11日(金)。当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。

(このプレゼントの募集は終了し、当選者にサイン入りアルバムを発送しました)。ご応募くださったみなさま、ありがとうございました。

——————————

 

<アイデアニュース有料会員向けコンテンツ>

 

なぜ日本を選んだのか? WONWOOさんにうかがいました(堀内優美)

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>堀内優美(ほりうち・ゆみ) フリーライター。兵庫県出身。行政の広報・番組制作に携わった後、フリーアナウンサーに。女性ならではの繊細な感性で描くコラム、自身の経験を生かしたエンタテインメント分野の執筆・取材を得意とし、新聞・雑誌・WEBにて連載中。司会者、ナレーター、講師としても活動している。 ⇒堀内優美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeとInstagramで、日々発信しています。いずれも登録は無料ですので、フォローしてくだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube ⇒Instagram

最近の記事

■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
■ 2019年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.