「ライブは素の自分の緊張感がある。だからこそ好き」、加藤和樹インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「ライブは素の自分の緊張感がある。だからこそ好き」、加藤和樹インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2019年11月19日

 

2019年11月20日に自身が作詞したニューシングル「Hello」の配信が始まる加藤和樹さんのインタビュー、後半です。2020年6月から始まるライブツアー『Kazuki Kato Road Tour 2020 ~Thank you for coming! 2~』についてのお話や、学生の頃の思い出などについても伺いました。

 

加藤和樹さん=写真提供・テイチクエンタテインメント

加藤和樹さん=写真提供・テイチクエンタテインメント

 

 

――来年の『Kazuki Kato Road Tour 2020 ~Thank you for coming! 2~』では、日本各地を廻られますね。

 

そうです。今回はじめて25ヶ所、最多です。

 

――25ヶ所、すごいですね。そのツアーの醍醐味は、ズバリなんでしょう?

 

やっぱりお客さんの笑顔ですね。僕自身が、全都道府県でライブをやりたいって思ったきっかけは、僕は地元が名古屋なんですけど、中学校のときに「L’Arc-en-Ciel」さんが名古屋でライブをしたことなんです。自分の好きなアーティストが自分の土地に来るっていうのをすごく鮮明に憶えていて。…最初は、ニセモノだと思ったんですよ。

 

――ニセモノ?

 

はじめて生で見るアーティストなので、最初登場したときに現実味がないわけですよ。いつもテレビで見ている人が目の前に居るっていうのが信じられなくて「絶対ニセモノだよ」って、友達と言ってて(笑)。

 

――本人だって納得したのは、どの瞬間でした?

 

やっぱり歌声を聴いてからですね。その気持ちってわかるっていうか、やっぱり僕も握手会とかやっても「本人ですか?」って言われることもあるので。

 

――「本人ですか?」って!

 

だから「本人です」って。やっぱり人って、目の前に急に現れると、現実味がないんだなって思って。

 

――間近で会えると思っていないんですよね。

 

そうなんですよ。そういうこともあって、僕はやっぱりその人が待っていてくれている土地に、自分で音楽を届けに行くっていうことをしたくて。そして、その土地のものを食べたり文化に触れたりとかして。中2のとき、もう20年ぐらい前ですが、そのときにhydeさんが「味噌カツ食べたで!」とか言ってて、「マジかよ! hyde味噌カツ食ったんかい?!」みたいな盛り上がりを友達としたことを、いまでも鮮明に憶えてるんです。

 

――「L’Arc-en-Ciel」がお好きだったんですね。音楽活動をしようと決意したのは、その出来事よりは後で。

 

そうですね。19歳のときです。

 

――ライブにも行かれていたということは、もともと音楽がお好きだった?

 

音楽を聴くのはすごい好きだし、歌うのもすごい好きだったんですよ。カラオケ世代なので、遊びといったらカラオケで。

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、学生の頃の思い出や、ステージに出る瞬間の気持ちなどについて話してくださったインタビュー後半の全文を掲載しています。(今回の記事の有料会員限定部分には、写真はありません)

 

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■中学・高校はもうカラオケばっかり。周りのみんなも歌うことが好きだった

 

■「去りゆく君へ」がバラードだったので、バラードはやっぱり歌い続けたい

 

■ライブのステージに出る瞬間は、いまだに慣れない。慣れたら終わりだと思います

 

■「Hello」。進路とか考えなきゃいけない時期に、サポートできる楽曲になれば

 

 

 

 

<2nd Digital Single「Hello」>
2019年11月20日配信開始
公式サイト
加藤和樹 official web site DISCOGRAPHY 2nd Digital Single「Hello」
http://www.katokazuki.com/discography/detail/id=884

 

<『Kazuki Kato Road Tour 2020 ~Thank you for coming! 2~』>
6月20日(土)  千葉県・柏 PALOOZA
6月21日(日)  茨城県・水戸 LIGHT HOUSE
6月27日(土)  神奈川県・新横浜 NEW SIDE BEACH
7月03日(金)  岐阜県・柳ケ瀬 ants
7月04日(土)  愛知県・名古屋 SPADE BOX
7月05日(日)  静岡県・浜松 窓枠
7月10日(金)  岡山県・岡山 IMAGE
7月11日(土)  香川県・高松 DIME
7月12日(日)  徳島県・徳島 club GRINDHOUSE
7月14日(火)  兵庫県・神戸 VARIT.
7月18日(土)  北海道・札幌 SPiCE
7月19日(日)  東京都・新宿 BLAZE
7月23日(木・祝) 岩手県・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
7月25日(土)  宮城県・仙台 MACANA
7月26日(日)  福島県・郡山 HIPSHOT JAPAN
7月29日(水)  埼玉県・さいたま新都心 HEAVEN’S ROCK
7月31日(金)  石川県・金沢 AZ
8月01日(土)  長野県・長野 CLUB JUNK BOX
8月02日(日)  山梨県・甲府 CONVICTION
8月06日(木)  広島県・広島 セカンド・クラッチ
8月08日(土)  鹿児島県・鹿児島 SR HALL
8月09日(日)  長崎県・長崎 DRUM Be-7
8月10日(月・祝) 福岡県・福岡 DRUM Be-1

 

<『Kazuki Kato Live GIG 2020 ~タイトル未定~』>
6月28日(日)  東京都・新宿 BLAZE
7月08日(水)  大阪府・大阪 Banana Hall

 

<関連リンク>
加藤和樹 公式 HP
http://www.katokazuki.com/
加藤和樹 公式 Twitter
https://twitter.com/kazuki_kato1007
加藤和樹 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/katokazuki-blog

 

 

「Hello」 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

※加藤和樹さんのサイン入りアーティスト写真を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月18日(水)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) ひとりの俳優さんとの出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. yso より:

    いつも素敵な記事ありがとうございます。
    今回は、和樹さんの学生時代のお話や、普段の音楽への接し方、などが読めて興味深かったです。
    これからも楽しいインタビュー期待しております。

  2. よよこん より:

    今まで知っていた和樹さんの話でも、聞いた事無かった部分まで話されていて新鮮でした!ファンとしてはすごく嬉しいです。
    やっぱり和樹さん自身のライブが1番好きなので一緒に楽しめるツアーが待ち遠しいです!楽しみにしています!

  3. ちゅーた より:

    加藤和樹さんの声が好きです!
    お芝居しか観た事がないので、コンサートも行ってみたいな~
    お仕事、頑張って下さい!


最近の記事

■ 2019年12月掲載分
■ 2019年11月掲載分
■ 2019年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.