こんなにも進化していたのか、再演『フランケンシュタイン』4組の公演を観て | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

こんなにも進化していたのか、再演『フランケンシュタイン』4組の公演を観て

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年2月3日

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』が、2020年1月30日(木)に日生劇場での東京公演を終え、2月14日(金)から2月16日(日)に愛知芸劇場大ホールで愛知公演、2月20日(木)から2月24日(火)に梅田芸術劇場メインホールで大阪公演が行われます。2017年に初演され熱狂的なファンを生んだ作品が、ほぼ同じメインキャストの続投で再演されており、新たな熱狂を起こしています。メアリー・シェリー作の小説「フランケンシュタイン」から着想得て制作された韓国発のミュージカル。メインキャスト全員が対象的な2役を演じることや、メロディアスで壮大な音楽はもちろん、ビクター・フランケンシュタイン&ジャックを演じる中川晃教さんと柿澤勇人さんと、アンリ・デュプレ&怪物を演じる加藤和樹さんと小西遼生さんが、それぞれダブルキャストで演じており、この4パターンの組み合わせによる違いなど、深みにハマる要素に溢れた作品です。

 

初演時に、これ以上書けることはないくらいのロングレポを書かせていただきました。(https://ideanews.jp/archives/37194)これをふまえて、再演の4組を観終えて、何を書こうかなと悩みましたが、やはり、再演における4組の違いと、初演からの変化や進化について書き進めていこうと思います。ただ、開幕して1週間のなかで観た4組と、それ以降に観たときでは、「え!? 変わってる…」と思ったこともありました。一回一回重ねるごとに、変化していくのも舞台の醍醐味だと思います。また余白の多い作品なので、観る人によっても感じることはさまざまでしょう。「そうじゃない」と思われることもあるかもしれませんが、ご容赦ください。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

 

 

私も初演からこの世界観にハマり、再演を心待ちにしていたひとりです。3年の月日というのは、こんなにも人を進化させるのかと、嬉しい驚きを持って観劇しています。出演者のみなさんも演じるのが大変な作品だとさまざまなところで話されていますが、観るほうもかなりの体力を使う作品。出演者の尋常ではない熱量に圧倒され、呼吸するのを忘れてしまうような、観終えたときの疲労感は、なかなか他の作品で体感できない経験になっています。

 

では、なぜ熱狂的にハマる人々がいるのか。一番の要素は、命と人生を懸けた男と男の“愛と友情”を強烈に描き、演じる4人のキャストがすざまじい熱量でそれを体現しているからだと思います。そのエネルギーには、キャスト自身の“個性”や“らしさ”が嫌が応にも見え隠れし、役自身の個性と化学反応を起こします。その激しいぶつかり合いが、さらに4通りに化学反応を起こし、その熱が作品全体、劇場全体を覆い尽くしています。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

 

 

中川さん、柿澤さん、加藤さん、小西さん、4人の地力が3年の月日でこんなにも進化していたのかと改めて驚きました。2017年の初演以降、皆さんの出演作品の9割は拝見してきているので、その進化の過程を観てきたつもりでしたが、同じ作品で観るとこんなに違うものかと嬉しい驚きでした。四角にいる4人が、外向きにそれぞれのパワーで力を放っていたのが初演とするならば、内向きに手を携えて、より大きくなった力を全員で放っているのが、現在行われている再演というイメージ。同じく初演からの続投組である、音月桂さん、鈴木壮麻さん、相澤一之さん、メインキャストで今回唯一の初登場となる露崎春女さん、続投組と初出演組が合わさったアンサンブルの皆さん、その全ての舵取り役である演出の板垣恭一さんをはじめとするスタッフの皆さんの、すべての力が結集した成果なのだと思います。

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

 

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

ミュージカル『フランケンシュタイン』公演より=写真提供/東宝演劇部

 

 

※アイデアニュース有料会員限定部分には、キャストそれぞれの魅力やダブルキャストについての感想などを掲載しています。

 

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■キャストのみなさんが命を削って生きる世界にのめり込む。その感覚は変わらない

 

■最初に心が動いたのはリトルビクター。大矢臣と小林佑玖の芝居に観入ってしまった

 

■(中川)周囲への思いや迷いが滲み出る。剛柔自在の巧みな歌唱、唯一無二の天才ビクター

 

■(柿澤)相槌ひとつに唸らされる。ビクターの壁が崩れたときの無防備な弱さは目が離せない

 

■(加藤)艶やかな魅惑的低音に嬉しい衝撃。能動的に物事を選択して生きる強さを感じるアンリ

 

■(小西)その芝居にどうしても気持ちが持っていかれる。知的で優しくて温かいアンリ

 

■(中川&加藤)魅惑的な歌声に耳と心が喜ぶ。(柿澤&小西)緻密な芝居の応酬に心奪われ

 

■(中川&小西)“リアルな親友”感。(柿澤&加藤)最も辛くなるペア

 

■(音月)凄まじいカトリーヌの迫力。(露崎さん)最後のピースがハマった

 

■伝説の初演&再演として語り継がれるであろうみなさんに、最大の敬意を

 

 

※こちらはYouTubeのTohoChannelに掲載されている『Frankenstein』2020PV【舞台映像Ver.】です。

 

 

 

<ミュージカル『フランケンシュタイン』>
【東京公演】2020年1月8日(水)~1月30日(木) 日生劇場(この公演は終了しています)
【愛知公演】2020年2月14日(金)~2月16日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
【大阪公演】2020年2月20日(木)~2月24日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/frankenstein2020/
特設サイト
https://www.tohostage.com/frankenstein/

 

 

 

 

『フランケンシュタイン』 関連記事:

⇒すべて見る

 

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る

 

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る

 

加藤和樹 関連記事:

⇒すべて見る

 

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ちゅう より:

    素敵なレポートありがとうございました。
    岩村さんの、プロのライターさんの立場では書き難いことも多いかと思いますが、それでも私たち「フランケンシュタイン」を愛して止まないファンの声を代表して(?)演者さん・制作者さんのみなさま方に、この「想い」を届けて下さって、感謝!です。
    名古屋・大阪も私は追いかけます!

  2. ぽち蔵 より:

    3年間待ちに待った再演。
    キャストスケジュールや演目の過酷さ故にそう簡単には行かないだろうとも思っていました。
    再演決定の第一報を聞いた時の喜びといったら、、
    岩村さんのフランケン愛に胸打たれつつ、うんうんと何度も頷きながら拝読しました。
    1度しか観劇出来ない身としてはDVDが待ち遠しいです。
    とても素晴らしいレポートをありがとうございました。

  3. りんりな より:

    いつも岩村さんのレポは痒いところに手が届くというか、今回もウンウンと頷くばかりです。
    主要キャスと4人がそれぞれ魅力・力量を増幅しているだけだなく、公演中に4人が4人とも化学変化を起こし続けていて、こんなに目が離せない公演ってあるかなと思います。
    主要キャスト以外の演者さん達も、キャラクターの人生が見えてくるような深いお芝居をされていて、本当に本当に目が離せません。
    DVD化ばんざいですね♬
    今回も素敵なレポをありがとうございました。
    名古屋と大阪も楽しみですね♬♬

  4. まみろう より:

    素晴らしい記事で、今胸が熱くなってます。
    岩村さんもフランケンシュタインが本当にお好きなんですね・・・!
    喜ぶ立場ではない(制作側でないという意味で)ですが、とてもとても嬉しいです!

    私もキャストの皆さんの3年間の蓄積を感じて震えたひとりです。
    好きな演目が再演される、そのことだけでも嬉しいのに、それぞれに高まった演技力、歌唱力を駆使して作品に取り組んでいることがビシビシと伝わってきて、圧倒される2020年版でした。

    ビクターとアンリ、そして怪物の魂はどこへ向かったのか・・・演者さんにはスタッフさんには本当に過酷であろう作品ですが、今後も繰り返し観たいと思っています。

    素敵な記事をありがとうございました!

  5. ロゼ より:

    そうです、そうです、そうなんです。
    再演ブラボーな小西遼生さんのとっても優しい紳士なアンリと哀しみのカタマリの怪物。
    歌もお芝居も本当に進化されていて、私も思っていてた事を記事にしてくださったような感覚です。
    素敵な記事をありがとうございます!

  6. りかりん より:

    素晴らしい記事をありがとうございます。自身も全ペア拝見し、特に加藤さんの回は多く通いました。本当に毎回違う…舞台ならでは、この作品とキャストならではの魅力に圧倒されました。そんな心中を余すところなく代弁していただけ感謝の気持ちでいっぱいです!


最近の記事

■ 2020年7月掲載分
■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.