地球ゴージャス『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』ゲネプロ写真など公開 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

地球ゴージャス『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』ゲネプロ写真など公開

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2020年4月16日

 

【編集部追記】地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」につきましては、3月10日(火)~3月19日(木)、3月28日(土)~4月13日(月)までの東京公演、大阪公演の全公演が中止となりました。払い戻し等につきましては公式サイトをご確認ください。

 

岸谷五朗さんと寺脇康文さんによる演劇ユニット「地球ゴージャス」の二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』は、2020年3月10日から4月13日まで舞浜アンフィシアターで上演される予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、3月10日から3月19日までと3月28日から4月13日までの東京公演は中止となりました。それに先立って2020年3月上旬に舞浜アンフィシアターで行われたゲネプロの様子を伝えるオフィシャルレポートと写真が、東京公演の千穐楽が予定されていた4月13日に公開されましたので、ご紹介します。

 

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演「星の大地に降る涙 THE MUSICAL」東京公演のゲネプロが、3月上旬に舞浜アンフィシアターにて行われた。

 

今作は、岸谷五朗と寺脇康文の演劇ユニット・地球ゴージャスの結成25周年を記念し、2009年に初演された、地球ゴージャスファンの間でも最も人気の高い不朽の名作「星の大地に降る涙」を新たに岸谷が脚本を書き直し、ミュージカル要素をアップし、新演出版として上演。本番さながらに行われたゲネプロの様子をお届けする。

 

今作の主役となる、記憶をなくした青年・シャチを演じるのは、一昨年の地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』に続いての出演で、岸谷が類い稀なる身体能力と歌唱力を絶賛し惚れ込んだ新田真剣佑。新田は、今作が舞台初主演となる。

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

そして、シャチが出会う神の子を宿した女性・ステラを演じるのは、数々の大作ミュージカルでヒロインを務め演劇賞も多く受賞し、TBS日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』での好演も記憶に新しい笹本玲奈。

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

さらに、EXILEのパフォーマーを卒業後も多くの舞台や映画で活躍する松本利夫(EXILE)、今作で2度目の地球ゴージャス参加となる元宝塚歌劇団星組トップスター湖月わたる、同じく元宝塚歌劇団雪組トップ娘役愛加あゆ、若手舞台女優として頭角を現し今後の活躍が期待される島ゆいか、そして、圧倒的な歌唱力・存在感・パフォーマンス力を併せ持つ、ミュージカル界に欠かせない女優・森公美子。初演を上回る、迫力ある豪華なオールスターキャストが集結した。

 

そして初演に引き続き、シャチと一緒にタバラの島へ流れ着いた倭人・トドに岸谷五朗、島の住人・ザージャに寺脇康文が、11年の時を超え再び挑んだ。

 

 

時代背景は、明治新政府軍と、蝦夷共和国建設を目指した旧幕府軍の争いが始まるという動乱の世。本作の見どころの一つでもある和太鼓の轟音と共に、一糸乱れぬ鬼気迫る群舞に息を呑む。その群舞の中、一筋の光と共に颯爽と走り抜ける倭人・シャチが登場。見事な剣捌きを披露し、力強く「日の本を、日本を、斬る」と剣を振り下ろす姿が勇ましい。島に流れ着いたシャチのもとへ、聖母のようなオーラを放つ女性・ステラが登場。笹本の透明感あるアカペラの歌声が、静まり返った劇場を包み込む。

 

シャチが目覚めると、太陽の笑顔を持つ部族・タバラ族が彼を迎える。前作でも印象的な「お目覚めか?」と歌い出すのは、地球ゴージャス作品3度目の出演となる猪塚健太。色鮮やかな照明が照らし出すと、色彩華やかなタバラ族たちが陽気に迎え踊る。

 

ザージャの女房・メリュー演じる湖月わたる、可憐な魅力を持つ女性・アンジュリ演じる愛加あゆという、元宝塚男役・娘役トップスターの二人が並び舞う姿は、群舞の中でもひときわ煌めいている。

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

ステラの妹・シーナ役に抜擢された島ゆいかは、すらっと細い身体を活かした衣装をまとい、幼く純粋な役柄を繊細に務め、そのオーラが目を引く。

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

タバラ族を治める長老演じる森公美子は、地響きのように重く響き渡る迫力ある歌声と圧倒的な存在感で登場。地球ゴージャス3作品目の出演ともなる彼女が演じる長老は、迫力満点な上に可愛らしくもあり、地球ゴージャスファンも納得の配役である。

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

自分を優しく介抱し救ったステラに次第に惹かれていくシャチであったが、彼女は愛する夫・ハルルとの間に出来た神の子を宿していた。生きるという事を前向きに想い合うナンバーでは、新田の切なく色気漂う歌声と、笹本の透き通る美声が美しく重なり合う。公開稽古時にも話題となっていた笹本が新田を優しく抱きしめるシーンも、アンフィシアターの機構の中心で照明に照らされロマンチックな雰囲気が漂う。

 

言葉・文化の異なるタバラ族と倭人であったが、少しずつ互いを理解し共存しようと絆が生まれていく中、シャチと同じくタバラの島に流れ辿り着いた倭人・トドは、この異文化に悩まされながらも、タバラ族のリーダー・ザージャといがみ合いながらも不思議と心を通わせていく。結成25周年で魅せる岸谷と寺脇の可笑しく息の合ったファン待望の“掛け合い”は、いつでも健在である。

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

そんな中、自身の妹を倭人に殺された過去を持ちシャチとトドを受け入れることが出来ないカイジを演じるのは松本利夫(EXILE)。信頼と絆を感じ始めながらも、またしてもタバラ族の住処を侵略してきた倭人たちに武器を持ち戦いを挑んでいく姿は、物語を大きく動かしていく。

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

哀しい終焉を迎えるラストでは、絶望の中にあるシャチと一筋の希望を抱いたステラが、本作の主題歌「愛すべき未来へ」を歌い上げる。この世の未来を明るく照らすように劇場一体をも照らし出し観客の心を浄化していく演出は、「憂いに沈んだ現実も、人と人との絆によって、希望に満ちた未来へと再生できる」と、観る者の心に響かせる。

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』東京公演ゲネプロより

 

 

劇場では感染症予防の取り組みが徹底され、劇場スタッフは全員マスクを着用し接客、劇場内各所に消毒用アルコール液の設置、赤外線サーモグラフィーによる体温測定などを実施。客席内及びロビーは、アンフィシアターの換気システムにより、常時外気との換気を行い、上演前後と休憩時間には外扉を開け、より徹底した換気を図った。また、体調を懸念する観客には、会期中の全日程で払い戻しの対応を行った。

 

 

<ダイワハウスSpecial 地球ゴージャス二十五周年祝祭公演『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』>
【東京公演】2020年3月10日(火)~4月13日(月) 舞浜アンフィシアター
※3月10日から3月19日までと3月28日から4月13日までの東京公演は中止となりました
【大阪公演】2020年5月3日(日・祝)~5月14日(木) フェスティバルホール
※大阪公演は全公演中止となりました
公式ホームページ
https://www.chikyu-gorgeous.jp/25th/
公式Twitter
https://twitter.com/chikyu_gorgeous

 

 

 

 

地球ゴージャス 関連記事:

⇒すべて見る

 

『星の大地に降る涙 THE MUSICAL』 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
■ 2020年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.