YouTubeで学ぶ英語:(70)オバマ前大統領から2020年の卒業生へ | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

YouTubeで学ぶ英語:(70)オバマ前大統領から2020年の卒業生へ

筆者: 松中みどり 更新日: 2020年5月23日

 

2020年5月16日、バラク・オバマ前大統領は、この困難な時期に卒業する全米の大学生と高校生に向けてオンラインでスピーチを行いました。今日はそのふたつのうち、高校生に向けて話をした演説を聴いて学んでいきましょう。

 

YouTubeのPresident Obama’s Message to the Class of 2020 Obama Foundationチャンネルより

YouTubeのPresident Obama’s Message to the Class of 2020 Obama Foundationチャンネルより

 

 

もともと演説のうまさに定評のあるオバマ前大統領、今回のスピーチは、パンデミックに対応する現政権の批判も含んだ痛快なものでした。ユーモアとインスピレーションにあふれたスピーチの、まずはユーモラスなところを味わってみましょう。スピーチを聴いて、(  )の中を書き取ってください。

 

 

 

And then, just as you’re about to celebrate having made it (    1    ), just as you’ve been looking forward to proms and senior nights, graduation ceremonies – and, let’s face it, a whole (   2   ) of parties – the world is turned upside down by a global (       3       ) .  And as much as I’m sure you love your parents, I’ll bet that being (  4  )  at home with them and playing board games or watching Tiger King on TV is not exactly how you envisioned the last few months of your (  5   ) year. そしてちょうど君たちが、いろいろなことを乗り切ってお祝いをしようという時に、プロムやシニアナイトや卒業式を……いや素直に認めよう、たくさんのパーティを楽しみにしていた時に、世界は(Covid-19の)大流行でひっくり返ってしまった。君たちが両親を愛していることを私は確信しているけれど、親と家にこもってボードゲームをしたり、テレビでタイガーキングを見て過ごしているのは、君たちが思い描いていた卒業までの最後の数か月の過ごし方とは、まったく違うものだということも分かっている。

 

Now I’ll be honest with you – the disappointments of missing a (  6  ) graduation – those will pass pretty quick. I don’t remember much from my own high school graduation. I know that not having to sit there and listen to a (         7       ) speaker isn’t all that bad -mine usually go on way too long. Also, not that many people look great in those caps, especially if you have big (   8    ) like me. 正直に言うと、卒業式がなくなった残念さは、すぐに忘れられると思う。私自身、高校の卒業式のことなどあまりよく覚えていない。式場に座ってスピーチを聴かなくてもいいのは、悪くないじゃないか。私のスピーチはたいてい長いしね。それにたいていの人は、式のときにかぶるあの帽子が似合わない。私のように耳が大きいと特にね。

 

次に、オバマ前大統領は、卒業する高校生に3つのアドバイスを贈りました。新型コロナウイルスによって、大人たちが明確な答えを持っているわけではないことが分ってしまった今、他の世代より早く成長しならなければならない。それは怖くもあり、心が鼓舞されることだと言います。誰も、「君たちは若すぎる」「これまで我々はこうやってきた」と言えなくなってしまったからだと語りかけたオバマ前大統領は若い人たちにどんなアドバイスをするのでしょうか。2番目のアドバイスを聴いて、(  )の中を書き取ってください。

 

 

 

Second, do what you think is right. Doing what feels good, what’s convenient, what’s easy – that’s how little kids think. Unfortunately, a lot of so-called grown-ups, including some with (    9    )  titles and important jobs, still think that way – which is why things are so screwed up. ふたつめのアドバイスは、自分が正しいと思うことをしなさいということだ。気持ちがよくなることや、便利なこと、楽なことをするのは、小さな子どもの考え方だ。残念なことに、いわゆる大人の多くは、派手な肩書や重要な仕事をしている人もそうだが、今でもそんなふうに考えて振舞っている。だから物事はめちゃくちゃになってしまうんだ。

 

I hope that instead, you decide to ground yourself in values that last, like honesty, hard work, responsibility, fairness, (     10      ), respect for others. You won’t get it right every time, you’ll make mistakes like we all do. But if you listen to the truth that’s inside yourself, even when it’s hard, even when its inconvenient, people will (   11     ). They’ll gravitate towards you. And you’ll be part of the solution instead of part of the problem. その代りに、君たちは永続的な価値があるものに立脚してほしい。例えば誠実さ、勤勉さ、責任感、公平さ、寛大さ、他者への敬意などがそうだ。毎回そうできるとは限らないし、間違うこともあるだろう。私たちはみんなそうだ。しかし、君たちが自分の中にある真実に耳を傾けるなら、たとえ不都合な時でも、人々は気が付くものだ。そして君たちに惹きつけられる。そのようにして君は、問題の一部になるのではなく、解決策の一環となるだろう。

 

オバマ前大統領は、この2番目のアドバイスで、「前大統領は現職の大統領を直接批判しない」というワシントンの常識からはずれ、名指しはしていませんが、現政権の新型コロナウイルスの対応を批判していると注目されました。オンラインの卒業式でオバマさんにスピーチをしてほしいと頼んだのは、ひとりの高校生でした。自分たちの卒業式やプロムがなくなって、区切りが感じられないのが残念で、前例のない世代の高校生や大学生にインスピレーションがもらえるようなスピーチをしてほしいと、ツイッターでオバマさんに呼びかけたのが始まりだそうです。今の時代を象徴するようなバーチャル卒業式は、全国の2020年の卒業生全員に向けて開催されました。期待通りの素晴らしいスピーチだったと思います。聴き取りやすく耳に心地よい演説で、英語の教材としても最適です。ぜひ何度も聴いて勉強してください。

 

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■聴き取りの答えと解説

 

■オバマ前大統領の残り二つのアドバイス

 

 

<関連リンク>
●Obama Foundation ホームページ
https://www.obama.org/
●Obama Foundation Facebook ページ
https://www.facebook.com/obamafoundation/
●Obama Foundation YouTubeページ
https://www.youtube.com/channel/UCiaba-DmYJacphj7r7Knrwg/featured
●Barack Obama Facebook ページ
https://ja-jp.facebook.com/barackobama/

 

YouTubeで学ぶ英語: 関連記事:

⇒すべて見る

 

 

 

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年6月掲載分
■ 2020年5月掲載分
■ 2020年4月掲載分
■ 2020年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.