「明日はない、最後だと思ってやりたい」、『生きる』小西遼生インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「明日はない、最後だと思ってやりたい」、『生きる』小西遼生インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年8月14日

2020年10月9日(金)から10月28日まで日生劇場で、続いて、富山、兵庫、福岡、名古屋で上演されるミュージカル『生きる』に、小説家役で出演する小西遼生さんにインタビューしました(新納慎也さんとダブルキャスト)。2018年に黒澤明監督の映画『生きる』を初ミュージカル化した作品。いまこの作品を上演すること、出演を予定していた舞台が中止になったときに考えたことなどについて伺いました。

小西遼生さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん=撮影・岩村美佳

--改めてこの作品に取り組むことになって、考えていることはいかがですか?

本当にこの作品が好きなので、もう一度できるのが嬉しいです。いまは作品や、それを上演する作り手側が精査される時期だと思うんです。必要なのか、必要じゃないのか。僕はこの作品ほど、いま上演するにふさわしいものはないと思います。

--そうですよね。

主催者であるホリプロさんも、大変なこの時期にいま絶対やるべきだと思って動いてくださっている感じがするので、無事に幕が開くことを祈っています。

--「なんとしても開けるぞ」という熱を感じますよね。

お客様も、劇場に来るのは、怖い時期でもあるじゃないですか。しかも、来場したとしても普段の定員の50%しか入れない。僕らだけではなくて、お客様も少し変な気持ちになると思うんですよね。ただ、それでも観たいと思ってもらえるのが、いまやるべき作品だと思います。

--待ちに待って行く人もいれば、一旦止まって考える人もいるはずで、そのときにこの作品だったら「行きたい」と思わされるような作品ですよね。

人によっていまの状況に対しての思いは違うと思います。本当に怖がっている方がたくさんいるそんな状況下で上演するということは、よっぽどの意味がないと。ある意味いい機会ですよね。ちゃんと考えることができるから。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、この状況のなかで気づいたこと、『生きる』に渡辺光男役で出演する村井良大さんがアイデアニュースのインタビューで小西さんについて話されたことについての感想などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。8月15日(土)掲載予定のインタビュー「下」では、初演時と違って渡辺勘治役の鹿賀丈史さんとの組み合わせもあることや、初演時のカーテンコールのすごさや、男性の観客が多かったことについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■「その瞬間がラストだ」という意気込みでやるということの大切さ

■中止になった公演の稽古は無駄じゃない。それは仕方ないこと

■「もうやめられない」のが芝居、「次も観たくなる」のが芝居

■そういう分析をする村井くんも、同じようなタイプかな(笑)

<ミュージカル『生きる』>
【東京公演】2020年10月9日(金)~10月28日(水) 日生劇場
【富山公演】2020年11月2日(月)~11月3日(火・祝) オーバードホール
【兵庫公演】2020年11月13日(金)~11月14日(土) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
【福岡公演】2020年11月21日(土)〜11月22日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【名古屋公演】2020年11月28日(土)~11月30日(月) 御園座
公式サイト
http://www.ikiru-musical.com

<関連リンク>
小西遼生 公式サイト
https://konishiryosei.com/
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/
小西遼生オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/
小西遼生&スタッフ公式Twitter
https://twitter.com/ryosei_konishi

<無観客配信ライブ第2弾 KONISHI RYOSEI Broadcasting LIVE 2020 SUMMER 「LIVING-夏の心音-」>
2020年8月14日(金) 20:00 START
2020年8月15日(土) 1部 16:30 START / 2部 20:00 START
詳細
https://konishiryosei.com/contents/332379

『生きる』 関連記事:

⇒すべて見る

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る


※小西遼生さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月14日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小西遼生さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. たろみ6317 より:

    いつも素敵なお写真と記事をありがとうございます。小西さんの舞台、2つ立て続けに中止になってしまい、正直ショックでした。小西さんのことを思ったらショックだなんて言えないかもって思っていましたが、思った以上にとてもポジティブに捉えていて、ファンとしてとても安心しました。さすがだなぁ、小西さん。応援していて良かったと実感しました。生きる、初演を観劇しているので、そちらとの変化点も、村井さんの息子役も楽しみです。小西さんの小説家役は、とっても似合っていました。小西さんらしい哀愁もあれば、普段のおちゃめなところもありつつ。本当に、舞台が無事に開幕して欲しいです。

  2. ちゅん より:

    キャスト側制作側の腐心や愛着が伝わってきます。
    一観客でしかない非力を痛感する毎日ですが、とにかくチケットを買って劇場に足を運びたいと気持ちを強くしています。
    必ず観に行きます。

  3. clover より:

    コロナ禍の中
    たくさんの舞台が中止になる中
    夢を与えてくれている
    ミュージカル
    生きる
    きっと
    きっと
    幕が上がる❗️
    そう信じてます

  4. ことり より:

    「明日はないと思って今日をやる」が大事…本当にそうですよね。なかなか難しいことなのかもしれませんが。小西くんの思いや考えを、こうして記事にしてくださることにもいつも感謝しています。そして、今回のお写真もすっごく素敵♪ 明日の記事も楽しみにしています(^^)

  5. Charles より:

    ありがとうございます。
    時の流れに身を任せ~♪つつ、開演を楽しみにお待ちしております。

  6. roze より:

    村井さんの事を似たタイプと、少しお芝居を観ただけで感じ取るって、小西さんは超能力者?感性が鋭いんですね。
    今は自由に舞台が観られなくて、観られていたあの頃は幸せだったんだなぁととても思います。
    今日を全力で生きる、今回も沢山のお話を伺えて読み応えがありました。
    また明日の後半部分も楽しみにしています!

  7. あきしゃん より:

    いつも素敵な写真と記事ありがとうございます
    再び小説家さんが見れるの楽しみです。

  8. 夏みかん より:

    今回も素敵なお写真と記事をありがとうございます。小西くんの前向きな物事の捉え方、今置かれている状況への気持ちの柔軟さと強さが垣間見れ、だからこその想いが聞けて嬉しかったです。先日、Defiled観劇で劇場へ足を運びましたが、自分の不安、というより周りからの攻撃的な批判が怖く、劇場へ行けたことの喜びを口に出すことすらできない状況でしたが、無事に「生きる」の幕開けと共に劇場にまた足を運べますように。後半の記事もたのしみにしています。

  9. 白狐 より:

    今回の小説家は色っぽい写真ばかりで、直視出来ません\(//∇//)\
    観たい!観に行きたい!でも地方在住の為、今回の上京は諦めました…
    ですが、無事に上演される事を祈ってます!

  10. ぽち蔵 より:

    あまりの素敵なお写真にドキドキが止まりません。
    そして、しっかりとした芯がありながらも柔らかい小西さんが分かる、いつもながらとても良いインタビューをありがとうございます。
    後半も楽しみにしております。

  11. K より:

    今回も素敵なインタビューとお写真をありがとうございます。観劇がますます楽しみになりました。明日の掲載も楽しみにしています。


最近の記事

■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.