「娯楽はとても大切。なくなったら心が死んでしまう」、小西遼生インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「娯楽はとても大切。なくなったら心が死んでしまう」、小西遼生インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年8月15日

2020年10月9日(金)から10月28日まで日生劇場で、続いて、富山、兵庫、福岡、名古屋で上演されるミュージカル『生きる』に、小説家役で出演する小西遼生さんのインタビュー、後半です。初演時は、渡辺勘治役と小説家役が、市村正親さんと小西さん、鹿賀丈史さんと新納慎也さんの固定組み合わせでしたが、今回は逆の組み合わせもあります。市村さんと鹿賀さんおふたりと芝居ができることや、上演に向けた思いを伺いました。

小西遼生さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん=撮影・岩村美佳

--今回は、渡辺勘治役の市村さん、鹿賀さん、おふたりと共演できるんですね。

それが楽しみなんです。ものすごく望んでいたことですから。市村さんとやっていて、すごく幸せなんですから、鹿賀さんともできたら倍幸せじゃないですか(笑)。

--(笑)。

だって、ふたりともレジェンドだもん。レジェンドを体感しましたよ。あのお二方は、役者としてのタイプが全然違うのに、同じくらい大きな存在というか。鹿賀さんと新納さんが稽古をされているときは、僕は見るだけになるじゃないですか。僕はすべての稽古に参加していたので、どちらかというと鹿賀さんの方が客観的に見ている時間が長いわけですよ。市村さんも鹿賀さんも見ていて、それぞれが自分自身の人生や生き方がにじみ出ている渡辺をされていて、どちらもすごく魅力的なんです。だから、次は絶対に鹿賀さんともやりたいと思っていました。

--夢が叶いますね。

叶いましたね。前回の千秋楽後の打ち上げで、鹿賀さんに伝えたことがあるんです。鹿賀さんとはその日朝まで一緒に盛り上がっていたんですが、隣に陣取って、「鹿賀さんともやりたい!」って、ずっと言っていました(笑)。

--それは、いいですね! 終わったら忘れられない作品になりそうですね。

既に僕にとって忘れられない作品になっています。これも鹿賀さんと話したことなんですが、『生きる』の初演は本当にカーテンコールがすごかったんです。お客様の観たあとのエネルギーが。それが、僕らにとって忘れられないような光景でした。鹿賀さんに「こんな光景を見たことって、いままでの役者人生の中で何回もありますか?」と伺うと、昔、劇団四季で『オペラ座の怪人』を演じた時とか、本当に数えるくらいしかないって。それぐらいすごい光景だったんです、あの景色が見られる作品に出られるということが幸せです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、新型コロナウイルスの流行前といまとで考え方や価値観などに変化があったかなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■男性のお客様がすごく多かった、カーテンコールで感動した姿を見せてくれた

■人間がわちゃわちゃしている中で、自然は当たり前に美しいままだと感じました

■音楽や芝居、映画、それがなくなったら僕は心が死んでしまうんじゃないかと思う

■いま劇場で舞台を観るなんてと思っている方がいたとしても、ぜひ観てほしい作品

<ミュージカル『生きる』>
【東京公演】2020年10月9日(金)~10月28日(水) 日生劇場
【富山公演】2020年11月2日(月)~11月3日(火・祝) オーバードホール
【兵庫公演】2020年11月13日(金)~11月14日(土) 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
【福岡公演】2020年11月21日(土)〜11月22日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【名古屋公演】2020年11月28日(土)~11月30日(月) 御園座
公式サイト
http://www.ikiru-musical.com

<関連リンク>
小西遼生 公式サイト
https://konishiryosei.com/
小西遼生 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ryosei-konishi/
小西遼生オフィシャルinstagram
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/
小西遼生&スタッフ公式Twitter
https://twitter.com/ryosei_konishi

<無観客配信ライブ第2弾 KONISHI RYOSEI Broadcasting LIVE 2020 SUMMER 「LIVING-夏の心音-」>
2020年8月14日(金) 20:00 START
2020年8月15日(土) 1部 16:30 START / 2部 20:00 START
詳細
https://konishiryosei.com/contents/332379

『生きる』 関連記事:

⇒すべて見る

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る


※小西遼生さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月14日(月)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小西遼生さん=撮影・岩村美佳
小西遼生さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ナナ より:

    どんな時も冷静に状況を受け止め、自分にできることを考え、実行に移す姿勢がとても素敵です。
    今回、さらに魅力的なビジュアルになった小説家の、舞台での生き様にますます期待感が高まります。
    本格的な稽古も始まり、あと数週間後には開幕予定のこの舞台が無事に初日を迎えられることを心から祈っています。
    そして、岩村さんの舞台レポートが読めることを楽しみにしています。

  2. りんりな より:

    じっくりインタビューを上下読ませて頂きました。
    私自身、小西さんのファンなので出演される舞台が有ると言うだけで嬉しいのですが、今、世の中がコロナで混然としているこの時期に、しっかりと人生と向き合う事を、しかも王道なミュージカルで作られた「生きる」が上演される事、観れる事はとても大事な事なのではと感じています。
    今回も素敵なお写真と、語り手の意思をきちんと伝えてくれる記事を読ませて下さり、ありがとうございます。
    これからもアイデアニュースさんの記事を楽しみにしてます♬

  3. たろみ6317 より:

    小西さんのレジェンド2人との共演、もう観ない訳にはいかないですよね!私自身、舞台観劇をたくさんできていないので、鹿賀さん、市村さんとじっくりと観れるのが楽しみです。初演では市村さん、小西さんの回を観ましたが、1幕でも2幕でも涙し、最後のカーテンコールでは感動のあまり立ち上がるのがやっとでしたが、本当に自然に立って拍手がしたい、この感動に感謝を届けたい。という気持ちで胸がいっぱいになりました。周りの方々も、きれいな涙を流しながら、笑顔で拍手されていてその事でも感動しました。この観客の気持ちが、小西さんや共演者さんに伝わっていたという事実が、分かったことが嬉しいです。こちらの記事を読んで、ますます嬉しくなりましたし、観劇したい気持ちが高まりました。そしてこんな状況でも配信ライブをして下さっている小西さんにも感謝です。楽しむことを忘れそうな今のこの時、ときめきやワクワクすることを忘れないで日常を送ることができています。小西さん、ありがとうございます。
    いつも素敵な小西さんの写真と、インタビューをありがとうございます。またぜひ、記事を書いていただけたら嬉しいです。必ず読みますね。

  4. まみろう より:

    いつも素敵な記事をありがとうございます。
    色々なことの価値観が信じられないようなスピードで変わっていますが、自分を支えるもの、本当に必要なものは何かを考える良い機会にもなっていると感じます。
    舞台は自分にとって、思っていた以上に大切なものでした。
    以前と全く同じ幸福な観劇体験が出来るようになるには、まだまだ時間がかかるでしょうけれど、諦めたくないと思っています。
    生きるの上演を楽しみにしています!
    岩村さんの観劇レポもぜひ、読みたいです。

  5. roze より:

    娯楽がないと心が死んでしまう。
    本当に仰る通りだと思います。
    劇場、観劇=クラスターではないと思います。そうなりやすいのはわかりますけど…
    心を豊かにする、芸術、文化、芸能。
    こういう時だからこそ必要ですよね。
    その時々で出来うる事を精一杯…小西さん始め、キャストさん、スタッフの皆さんの心を込めた「生きる」、本当に楽しみです。
    鹿賀丈史さんとの組合せ、楽しみにしています!(もちろん市村正親さんとの組合せも)

  6. あきしゃん より:

    後半も素敵な記事と写真ありがとうございます。
    小西くんの俳優としての思いが凄く伝わりますね
    いつもありがとうございます。

  7. ぽち蔵 より:

    後半も素敵なお写真、小西さんの想いがとても伝わってくるインタビューをありがとうございます。
    自分の行く事の出来る舞台、ライブのひとつひとつをより大切にしたいと思います。

  8. ちゅん より:

    ご自身も歩みを止めないで必ず発信してくださる方ですが、「小西さんのインタビューが読みたいな…」と思うNICEタイミングでいつも取材していただけるアイデアニュースさんにも、本当に感謝しています!
    受け止める自分も、強かに逞しく生きたいと改めて感じます。


最近の記事

■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.