情熱的なダンスときらめく恋、宝塚雪組『炎のボレロ』32年振りの再演開幕 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

情熱的なダンスときらめく恋、宝塚雪組『炎のボレロ』32年振りの再演開幕

筆者: 橋本正人 更新日: 2020年8月29日

宝塚歌劇 雪組 梅田芸術劇場メインホール公演、ミュージカル・ロマン『炎のボレロ』、ネオダイナミック・ショー『Music Revolution! -New Spirit-』が、2020年8月29日(土)に開幕しました。『炎のボレロ』は、1988年に星組の日向薫さん主演で上演された作品の32年振りの再演。家族を殺した政権への復讐を誓って祖国に戻ってきた若い貴族が、恋を知り、仲間と出会う中で、復讐よりも大事なものに目覚めて行く姿を、鮮やかに描いていました。

宝塚歌劇 雪組 梅田芸術劇場メインホール公演 ミュージカル・ロマン『炎のボレロ』より=撮影・橋本正人
宝塚歌劇 雪組 梅田芸術劇場メインホール公演 ミュージカル・ロマン『炎のボレロ』より=撮影・橋本正人

『炎のボレロ』は「芝居とは人間を描くもの」を信条として、『あかねさす紫の花』など再演を重ねる数々の名作を生みだし、2019年に他界した柴田侑宏さんの作品。1860年代のメキシコを舞台に、当時の支配者であるフランス軍の傀儡政権側と、反政府側の住民の対立の中に咲いた2つの恋を中心に物語が展開します。

1つ目の恋は、政権側に家族を殺された青年貴族、アルベルト・カザルスと、政権中枢の貴族に嫁ぐことになったカテリーナ・ドロレスの恋。

密かに祖国・メキシコに戻ってきたアルベルトは、年に一度の太陽の祭りでカテリーナと出会い、またたく間に恋に落ちます。アルベルト役の彩風咲奈(あやかぜ・さきな)さんは、スペイン風の衣裳が、まるで精悍な闘牛士のように似合い、細身の剣を持って舞うシーンは、2009年の雪組公演『ZORRO 仮面のメサイア』で水夏希さんが演じたゾロように華麗です。嫁ぐのが嫌で病にかかっている振りをしている伯爵令嬢カテリーナ役は、潤花(じゅん・はな)さん。祭りでアルベルトと一緒に踊るシーンは、恋に落ちた2人の喜びを余すところなく表現していました。

もうひとつの恋は、アルベルト追跡の命を受けているフランス軍情報部大尉ジェラール・クレマンと、酒場で働くモニカの恋。

ジェラール役は、背筋を伸ばした軍服姿がこの上もなく似合う朝美絢(あさみ・じゅん)さん。余命わずかで生き急ぐ軍人という設定がクールな美しさを際立たせ、後半に披露する歌声は爽やかな高音が印象的でした。モニカ役は彩みちる(いろどり・みちる)さん。酒場で働く女性という設定で、店ではフラメンコ風の華麗なダンスを披露。ジェラールへの一途な想いを貫いて行きます。

宝塚歌劇 雪組 梅田芸術劇場メインホール公演 ミュージカル・ロマン『炎のボレロ』より=撮影・橋本正人
宝塚歌劇 雪組 梅田芸術劇場メインホール公演 ミュージカル・ロマン『炎のボレロ』より=撮影・橋本正人

※アイデアニュース有料会員限定部分には、レポートの全文と独自撮影の写真3カットを掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■官房長官役の久城あすと愛人役の千風カレン、人としての弱さも表現

■叶ゆうり、恋人たちの想いに理解を示して身を引く難役を表情で描く

■共和派の同志役の天月翼、汐聖風美、縣千、若いエネルギーをはつらつと

■情熱的なダンスときらめく恋物語。観ている側も幸せな気分に

<宝塚歌劇 雪組 ミュージカル・ロマン『炎のボレロ』 ネオダイナミック・ショー『Music Revolution! -New Spirit-』>
【大阪公演】2020年8月29日(土)~9月6日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2020/honoonoborero/
https://www.umegei.com/schedule/918/

宝塚 関連記事:

⇒すべて見る

雪組 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】『風の錦絵』『ZORRO 仮面のメサイア』 [DVD]
価格:14912円(税込、送料別) (2020/8/29時点)


全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 産経新聞記者から朝日新聞記者となり、大阪本社整理部次長、デジタル事業本部サブマネジャーなどを歴任。宝塚歌劇などを扱うサイト「アサヒコム・スターファイル」の編集責任者を6年間つとめ、独立。アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2020年9月掲載分
■ 2020年8月掲載分
■ 2020年7月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.