「『WSS』Season3の稽古で芝居力が足りないと痛感」、Oguriインタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

会員登録バナー

「『WSS』Season3の稽古で芝居力が足りないと痛感」、Oguriインタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2020年11月20日

2020年11月21日(土)にライブ『「NAMA!HO!SHOW!!」を一緒に観まSHOW!!』を開き、2021年1月27日(水)には見るダンス映像アルバム“見るバム”「FLYING FIRST PENGUIN」(フライング・ファースト・ペンギン)を発売するダンスパフォーマンスグループ「s**t kingz」(シットキングス)メンバーのOguriさんのインタビュー、後半です。2020年4月から5月にかけてベルナルド役で出演する予定だったブロードウェイ・ミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』(WSS)Season3について、s**t kingz が2020年9月26日に公開したダンス映像「Haze」と10月28日公開の「I’ll be there」について、そして11月21日開催のライブ『「NAMA!HO!SHOW!!」を一緒に観まSHOW!!』について伺いました。

Oguriさん=撮影・岩村美佳
Oguriさん=撮影・岩村美佳

ーー自分たちで舞台を作るようになった時に、ヒントにしたものは?

僕は、当時、ミュージカル映画の「雨に唄えば」などを知るようになって、こんなすごい時代があったんだと驚きました。そういう世界観や、チャップリンなど、そういうところからインスパイアを受けていました。大学の終わりくらいから観始めて、YouTubeでも探せば動画があったので、それをみんなで共有していました。そういうのが好きだったので、結構クラシックなイメージがs**t kingzにはありました。みんな割とアナログな感じが好きだったんですよね。LEDなどのテクノロジーを使ったショーをやりたいというよりは、どうアナログで見せられるか。アイデアを考えるのは楽しかったです。

ーー歌もダンスもあるミュージカル映画と、ダンスだけで表現することについては、観る方として何か違いがありましたか?

映画を観たときはダンスに心を奪われていました。歌っているんですが、そこは全く別物に感じなかったというか、一体化しているような感じでした。その歌っている気持ちで踊れば、声を発さないだけで、この感じはできるなと思いながら観ていましたね。この世界観や、こういう雰囲気のダンスがしたいなという気持ちが最初でした。だから、「僕も歌って踊りたい」というよりは、踊りの方が最初は心が惹かれました。

ーー踊りの部分だけを作品として表現すると、どうなるかという思考が働くんですね。今年上演はできませんでしたが、『ウエスト・サイド・ストーリー』(WSS)Season3のベルナルド役でミュージカルに挑戦されていましたが、ミュージカルはいかがでしたか?

やはり歌うことも、もともと好きだったので、最終的にはこんな風に歌って踊れたらとは思っていたんですが、『ウエスト・サイド・ストーリー』は、そのときの感覚とは違うというか。ダンスにはそれなりに自信を持って参加しましたが、ダンスも難しくて。

ーー難しかったんですか?

やはりバレエが軸のダンスなので。僕は体も硬いですし。ダンスの見せ場がめちゃくちゃ多いわけでもなく、冒頭と体育館のシーンくらいだったので、長尺で見せるというよりは、一瞬一瞬のこの足上げで見せるという感じで、そこにすごくプレッシャーを感じてしまって、「ヤバイ、ヤバイ」と思いながらやっていました。稽古に入って芝居力が全然足りないんだなと痛感させられて、今お芝居の勉強もやらせてもらっています。それを一番の武器にしている人たちの中で芝居をしたら、自分が本当に無力というか。話を聞くと、「そんなことまで考えているんだ」ということもあり、悔しかったですが、とても勉強になりました。歌もソロがなかったので、そこは安心していたんですが(笑)。でも、ソロで歌いたいなと思います。気持ち良さそうに歌っている人を見ると、素敵な歌声だったので、こんな風に歌えたらいいなと、いい意味でたくさん悔しい思いができたなという感じです。

ーーじゃあ、将来チャンスがあればミュージカルも……。

もう、めちゃくちゃ出たいです。

ーー楽しみにしています。 ぜひ!

※アイデアニュース有料会員限定部分には、s**t kingz が2021年1月27日(水)に発売する見るダンス映像アルバム“見るバム”「FLYING FIRST PENGUIN」について、2020年9月に公開した「Haze」と10月公開の「I’ll be there」について、11月21日(土)に開催するライブ『「NAMA!HO!SHOW!!」を一緒に観まSHOW!!』について伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。などインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■既成の曲では著作権の問題で舞台映像を届けられなかったので、オリジナル曲に

■「Haze」の大人な雰囲気は、今まであまりなかった。全然違うことをしてみたいと

■10月公開の「I’ll be there」は、これまでのs**t kingzの経緯を振り付けに

■11月21日のライブは、1年ぶりくらい。ドキドキします。全力で楽しみたい

<s**t kingz『「NAMA!HO!SHOW!!」を一緒に観まSHOW!!』>
【東京公演】2020年11月21日(土) LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
昼公演:NAMA!HO!SHOW!! vol.1 開場12:00 開演13:30
夜公演:NAMA! HO! SHOW!!HO!SHOW!! vol.2~ON&OFF~ 開場16:30 開演18:00
(昼公演と夜公演は、演目が異なります)
チケット:全席指定 4,000円(税込)
公式ページ:
https://shitkingz.jp/shows/namahoshowmimashow/

<s**t kingz 見るダンス映像アルバム“見るバム” 「FLYING FIRST PENGUIN」>
2021年1月27日(水)リリース
公式ページ:
https://shitkingz.jp/news/flying-first-penguin/

<関連リンク>
s**t kingz(シットキングス)HP 
https://shitkingz.jp/ 
s**t kingz(シットキングス)officaial Twitter
https://twitter.com/stkgz_official
s**t kingz(シットキングス)officaial instagram 
https://www.instagram.com/stkgz_official/
s**t kingz YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCV5eVZQBdEGVoNCfmo6nveg
s**t kingz OFFICIAL BLOG
https://ameblo.jp/shitkingz/

s**t kingz・ 関連記事:

⇒すべて見る

Oguri 関連記事:

⇒すべて見る


※Oguriさんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月19日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

Oguriさん=撮影・岩村美佳
Oguriさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. マロウブルー より:

    後編も読み応えたっぷりでした!
    ありがとうございます!
    公演が全日程中止になってしまったWSS3、わたしも観劇予定だったのでめちゃくちゃ残念残念でした。稽古でまさかOguriさんが悔しい思いをされていたとは…。今後、歌もお芝居も含めミュージカルのご出演が楽しみです。
    見るバム作成に関しては、新たな挑戦に拍手と感嘆と応援と尊敬と…しかも自分たちだけのシステムとしないと公言し、後発組にもエールを送るs**tkingzの器の大きさが素晴らしい。
    実現するとなると賛同して協力してくれるミュージシャン・ボーカリストなど、色々な繋がりが必要となるけれど、そこは人との出会いを大切にしているs**tkingzは強いなぁと感心しています。これからの発表曲、そしてリリースがめちゃくちゃ楽しみです。
    落ち着きがないs**tkingz、最高!!


最近の記事

■ 2020年11月掲載分
■ 2020年10月掲載分
■ 2020年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.