「『この人とやるのゾクッとする』が一番誠実な答え」、成河・福士誠治対談(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「『この人とやるのゾクッとする』が一番誠実な答え」、成河・福士誠治対談(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年4月1日

2021年4月1日(木)から5月2日(日)まで東京芸術劇場シアターウエストで上演されるミュージカル『スリル・ミー』に出演する、成河さんと福士誠治さんのインタビュー、後半です。「盛り上がり」という目に見えないもの正体などについて、「今日、お時間あります? だって、楽しいじゃん!」と、お話が止まらなくなったインタビュー後半の内容を紹介します。

成河さん(左)と福士誠治さん(右)=撮影・NORI
成河さん(左)と福士誠治さん(右)=撮影・NORI

ーー2018年に出演が発表になったときに、観客の期待感みたいなものは感じましたか?

福士:ふたりで「ぶち壊してやろう」と言っていましたね(笑)。

(一同笑)

福士:でも期待されているというのは本人たちが「そうですね。分かりました」と言うのもおかしい(笑)。

成河:それってどうやって分かるんですか?

ーー私は取材する側でもあり、観客でもありますが、何かが発表になったときの空気感ってあるんですよね。ザワッとする期待感。人間の期待には、分かりやすい期待と、驚きのようなザワッとする期待感があると思うんです。このタイミングでおふたりが来る面白さを感じる部分があるかなと思って。私の勝手な感覚なので、違うという方もいらっしゃるとは思いますが。

成河:面白いですね!

ーーおふたりがこの作品に出演する、そして再演にも出演する。そこにも面白さも感じました。

福士:僕個人的には、面識はなかったのですが、ソンちゃん(成河さん)の作品は以前からいろいろ観ていました。同世代くらいの演劇をやっている人の中で、素晴らしい役者がいると思っていて、すごく好きだった。そんな方と、ガッツリふたり芝居を作ることに、僕自身がまず興奮しました。偶然『スリル・ミー』が始まる前に、一緒に食事をする機会があって、そのときに、やはり会話の節々が面白かったのを覚えています。ものづくりをする温度みたいなことが似ていて、自由さも感じた。そこに『スリル・ミー』という作品がコラボしたという感覚です。決まった時は、どんな風になるのかなというより、ソンちゃんと作品づくりをしたらどうなるんだろう、と子供みたいにワクワクしたり。だから、再演するときも「ソンちゃんじゃないとダメです」が大前提。新しくパートナーを変えると言われていたらお断りしていたと思います。

ーー成河さんはいかがですか?

成河:面白いこと聞きますね。セイちゃん(福士誠治さん)が言ったことが全てだと思うし、俺もそうなんだけど、せっかくだから、いろいろな角度から考えますね。今日、休みをもらって自宅からZoomでインタビューしてもらってるから、今日、お時間あります?

(一同笑)

福士:休め、休め。

成河:だって、楽しいじゃん! みんなお酒でも持ってきて(笑)。ごめんなさい、そんな長くするつもりはないんですが、すごくよく考えることなので。例えば、演劇界はとても狭いじゃないですか。今おっしゃっていただいたように、いろいろな方向から、いろいろな盛り上がり方をしていただいているということは、なんとなく肌感では感じるんですが、ただ現実問題としてお客様は、本当にそれぞれですよ。何か一枚岩のように、ひとつの大きなうねりのように感じたとしても、その中にはものすごくバラバラな意見や感性など、全然違うものがあって、それが何か知らないけれど、ひとつの波になっているというのがエンタメにはよくある話だと思います。結局、見えないものなので、こちらからも見えないし、お客様同士も分かるようで分からないことだと思うんですよ。だから、そういう目に見えない気負いが2年前にはありましたね。『スリル・ミー』や『エリザベート』などの人気演目について回る、よく目に見えないもの。僕は、それに乗っかって面白いと思えるたちではなかったので、その正体が知りたくて、という気負いですよ。別に、ネガティブな意味ではなくて、純粋に正体が知りたいなと考えていったときに、広報の仕方などね。だから、意見を言って生意気にいろいろと口を出させていただいたりして、それを聞いていただいたりしていましたが、お客様との付き合い方は作品ごとに、すごく大事だと思うんです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ちゃんと自分のためにやるということの意味や、市場マーケットや広報やシステムの話や、そして『スリル・ミー』の盛り上がりについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■成河:自分の井戸が、人の井戸と地下で結ばれている。地上で結ばれちゃいけない

■成河:セイちゃんが言った答えが一番誠実。「この人とやるのゾクッとする」だけ

■福士:怖いもの見たさを質の良いものにすることを安易に考えると、大失敗する

■福士:チケットがなくなる話なら、成河さん二時間は話せる。成河:だからいいの!

■成河:お客様の勇気にお応えして『スリル・ミー』で真剣勝負。挑みかかってください

■福士:『スリル・ミー』10周年。10年続いた作品の集大成を楽しんでいただければ

<ミュージカル『スリル・ミー』>
【東京公演】2021年4月1日(木)~5月2日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト
【群馬公演】2021年5月4日(火)~5月5日(水) 高崎芸術劇場 スタジオシアター
【愛知公演】2021年5月15日(土)~5月16日(日) ウインクあいち大ホール
【大阪公演】2021年5月19日(水)~5月23日(日) サンケイホールブリーゼ
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/thrillme2021/

<関連リンク>
成河 ブログ
http://web-dorama.jugem.jp
成河 スタッフ オフィシャル Twitter
https://twitter.com/tw_de_songha_sc
福士誠治 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/seiji-fukushi/
福士誠治 Instagram
https://www.instagram.com/seiji_fukushi/

『スリル・ミー』 関連記事:

⇒すべて見る

成河 関連記事:

⇒すべて見る

福士誠治 関連記事:

⇒すべて見る


※成河さんと福士誠治さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月30日(金)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

成河さん(左)と福士誠治さん(右)=撮影・NORI
成河さん(左)と福士誠治さん(右)=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ぐーぴん より:

    2018年の公演を複数回見ることができて、そのたびに表現に驚かされてきました。今年も期待しかありません。多分想像以上の形が見られるんでしょうね。楽しみです。

  2. まちゃこ より:

    お二人のお話がとても深くて何度も読み返しています。写真の表情も素敵ですね。
    2018年に成河さんの演技に衝撃を受け、何度も当日券に並びました。何であんなにスリルミーに夢中になったのか、自分なりの答えを見つけに行こうと思ってます。再演がホントにホントに嬉しいです!

  3. knk より:

    おふたりの話のお話が面白くてずっと聞いていたいです!色々なお話を聞き出して頂きありがとうございました!舞台とても楽しみです!

  4. めいこ より:

    同じような内容になりがちなインタビュー記事の中で、この記事は内容が多岐ににわたりとても興味深く読みました。公演への期待も高まります。お写真もとてもよいですね。

  5. rosso より:

    2018年で観てもう一度やって欲しい!と思ったペアだったので、既に期待でいっぱいですがインタビューを読んで更に楽しみになりました。
    日本語のもつ曖昧さやマーケティングの話まで演劇のことに留まらないお二人のお話を読めて良かったです。

  6. ゆき より:

    2018年公演で何も知らずに友人に連れられて観た衝撃が忘れられません。そのとき叶わなかった成河さん福士さんペアの観劇が叶う2021年、心して観劇したいです。
    資本主義の病というテーマにつながる貴重なお話が読めて、観劇がさらにいろんな方向から楽しみになりました!

  7. まろん より:

    スリルミーを全く知らない状態で、2018年に成河さんと福士さんのスリルミーを観ました。あまりの衝撃に終わっても拍手を忘れて呆然としてました。
    開けてはいけない箱を開けたいのが人の性。逃れられない魅力がある作品です。

  8. anju より:

    凄い!
    面白くて、いつまでも聞いていたいです。
    とても楽しみです。

最近の記事

■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.