「今の私たちの姿と重なる」、『キオスク』一路真輝インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「今の私たちの姿と重なる」、『キオスク』一路真輝インタビュー(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年1月11日

ナチスドイツが台頭するオーストリアで、激動の時代に翻弄される青年フランツと彼を取り巻く人々を描いた舞台『キオスク』が、2021年1月22日(金)に兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで開幕します(東京・静岡・愛知・広島公演あり)。オーストリアの人気作家ローベルト・ゼーターラーによるベストセラー小説「キオスク」の舞台化で、2019年12月から2020年1月にリーディング版(朗読劇)が上演され、今回はゼーターラー自身が手掛けた戯曲での日本初上演となります。出演は、(敬称略)林翔太、橋本さとし、大空ゆうひ、上西星来(東京パフォーマンスドール)、吉田メタル、堀文明、一路真輝、山路和弘のみなさん。この作品に主人公・フランツ(林翔太さん)の母親役で出演する一路真輝さんにインタビューしました。『キオスク』のリーディング版と戯曲版の違いについて、演出の石丸さち子さんについて、先月まで出演されていた舞台『Op.110ベートーヴェン「不滅の恋人」への手紙』についても伺いました。

一路真輝さん
一路真輝さん

ーー『キオスク』の戯曲版は、日本初演ですね。リーディング版に続いてのご出演が決まった時のお気持ちはいかがでしたでしょうか?

「また参加できるんだ」ということへの喜びがありますね。どの役もそうですけれども、やはり一度いただいた役には思い入れがあるんです。ですから決まった時、すごく嬉しかったです。リーディング版でも、たくさん挑戦させていただきましたが、ストレートプレイとなると、もっといろいろなことをできるんじゃないかなって思っています。

ーーリーディング版に引き続き、一路さんが演じられるのは、主人公フランツ(林翔太さん)の母親役ですよね。

はい。息子フランツと母親は、オーストリアのザルツカンマーグートというところにあるアッター湖畔で、肩を寄せ合って生きているんです。とても風光明媚な場所で、このお母さんは、ある意味、女性という強みを活かしながら生活しているんです。生きていくためには仕方ないと割り切って男性とつきあっている。そんなある日、頼りにしていた男性が亡くなってしまうんです。

ーー物語はそこから動いていくわけですね。

そんな中、生きていくために最愛の息子のフランツを、ウィーンに働きに出すという決断をするんですよ。男性に頼りつつも、母と息子で力を合わせて生きてきて。フランツは素直にすくすくと育っているんですが、なんせ華奢なので田舎での仕事は難しいんじゃないかと、お母さんは考えるんです。結果として、大都会に一人で旅立たせようということになるんですよね。お母さんの古い友人であるオットー(橋本さとしさん)が経営するキオスク(タバコ店)に預けるとはいえ、17歳の息子を自分の手元から離すのは大きな決断だと思うんです。でも、このお母さんはそこであまりウェットにならないんですよ。明るくカラッと息子をウィーンへ送り出すんですね。なんかそこが素敵だなあと思っているんです。これから稽古なので、今、この役をどうやって作って行こうかなと悩んでいるところですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、パワーの塊のような石丸さち子さんの稽古場の様子や、リーディング版と戯曲版の違いなどについて語ってくださったインタビュー前半の全文を掲載しています。1月12日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、手紙をめぐる演出シーンの稽古場エピソードのほか、『Op.110ベートーヴェン「不滅の恋人」への手紙』で共演した田代万里生さんについて、今、舞台に立つことへの思いなどについても伺ったインタビュー後半の全文を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■毎日、「パワーの塊」のような石丸さち子さんからアイデアが生まれてくる現場

■リーディング版よりも物語『キオスク』の世界が立体的に。切なさが倍増

■不自由な中で希望を見つけながら頑張る、今の私たちの姿と重なる

■高貴な人の役が多かったこともあり、つい「スッ」と立ってしまったり

<舞台『キオスク』>
【兵庫公演】2021年1月22日(金)~1月24 日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
【東京公演】2021年2月11日(木・祝)~2月21 日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
【静岡公演】2021年2月23日(火・祝) 静岡市清水文化会館 マリナート 大ホール
【愛知公演】2021年2月25日(木) 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
【広島公演】2021年2月27日(土) JMSアステールプラザ 大ホール
公式サイト
https://www.kiosk-stage.com/
作:ローベルト・ゼーターラー
翻訳:酒寄進一
演出:石丸さち子
出演:林翔太、橋本さとし、大空ゆうひ、上西星来(東京パフォーマンスドール)、吉田メタル、堀文明、一路真輝、山路和弘
企画:兵庫県立芸術文化センター
共同制作:兵庫県立芸術文化センター、キューブ

<関連リンク>
キオスク 公式 Twitter
https://twitter.com/kiosk1937
一路真輝オフィシャルサイト
https://www.toho-ent.co.jp/actor/1043
一路真輝オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/ichiro-maki/

『キオスク』 関連記事:

⇒すべて見る

一路真輝 関連記事:

⇒すべて見る


※有料会員の方はコメントを書くことができますので、どうかよろしくお願いいたします。

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。


最近の記事

■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
■ 2021年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.