「当たり前だったことに感謝できるようになった」、内海啓貴インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「当たり前だったことに感謝できるようになった」、内海啓貴インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年1月31日

360度見渡せるVR(ヴァーチャルリアリティ)技術を活用して演劇をオンラインで楽しめる形にしたVR演劇『僕はまだ死んでいない』が、2021年2月1日(月)から配信されます。この作品に主演する内海啓貴さんのインタビュー、後半です。作品についてのほか、1年前に『アナスタシア』出演でアイデアニュースのインタビューに初めて登場していただいてからこれまでについてのお話も伺いました。

内海啓貴さん=撮影・岩村美佳
内海啓貴さん=撮影・岩村美佳

――稽古や撮影で大変だったことは?

何より大変だったのは、短期間で創り上げなければいけなかったことです。僕はまだ台詞が少ないほうですが、共演者の皆さんで台詞が多い人はすごいなと思いながら見ていました。この期間でできたことが、僕自身、ひとつの自信になりました。不安はありましたが、無事に終わって良かったです。

――演出のウォーリー木下さんや、共演者の方々と、お話されたことはありますか?

稽古は短かったですが、劇場に入って「ここのところ、こうしたほうがいいよね」みたいな話をみんなでしながら、短期集中で作り上げました。

――出来上がった作品を観たら、違う印象もありそうですね。

そうだと思います。僕はベッドに横たわっていますが、もちろんその時のみんなの表情とかは、収録では見れなかったので。

――VRで観客と同じものが観られるのは、すごく新しいことですよね。

僕主観の映像ですもんね。なかなかないと思います。「こんな近くに」「私に向けて芝居している」みたいなことがあるんじゃないでしょうか。

――1年前に『アナスタシア』で初めて取材させていただいて、アイデアニュースにも初めて登場していただきました。いろいろなことがあった怒涛の1年だったと思います。

本当に自分を見つめ直した時期でもありました。でも改めて、エンターテインメントは必要なんだろうとすごく思います。グランドミュージカルや、気になった作品は観に行っていますが、配信で『NINE』も『生きる』も観ました。『アナスタシア』は、5公演やって僕も終わってしまって、しょうがないと言えばしょうがないのですが、そこからまた成長した自分を見せたいので、ボイトレもずっとやっていて、前向きにこの1年間を過ごしてきました。

――自分のなかで気持ちが止まったりしたことはありましたか?

ミュージカルを目指そうとしたのがこの2年で、本当はアメリカに行って作品を観る予定もありましたが、それも全部なくなってしまって。でも新しい出会いもたくさんあったので、自分も見つめ直せましたし、すごく良い1年だったんじゃないかなと思いました。僕以上に悔しい思いをした人もたくさんいたと思いますが、僕も悔しい思いをしたので、コロナが落ち着いて発散できたらいいなと思いますし、2021年はもっともっと活躍できるようになりたいと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、この1年間の思いや、今後の目標、ブログ再開などについても伺ったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>

■舞台人って、舞台に立てなければ無力なんだなって、すごく感じた

■目標のひとつは帝劇に立つこと。それを胸に、ひとつひとつ成長できたら

■ブログ再開。マメではないですが、自分からの発信もやっていかなければ

■1時間ぐらいで見やすいVR演劇。新しいエンターテインメントを実感してほしい

<VR演劇『僕はまだ死んでない』>

原案・演出:ウォーリー木下
脚本:広田淳一
音楽:吉田能

出演:内海啓貴 斉藤直樹 加藤良輔 輝有子 渋谷飛鳥 瀧本弦音 木原悠翔

配信チケット販売: 発売中~2021年2月28日(日)23:59
閲覧開始:2021年2月1日(月)18:00 より
閲覧期間:7日間

VR演劇『僕はまだ死んでない』 公式サイト
https://stagegate-vr.jp/

<関連リンク>
内海啓貴オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/utsumi-akiyoshi/
内海啓貴|サンズエンタテインメント
http://www.suns.fm/akiyoshi-utsumi/
内海啓貴Twitter
https://twitter.com/utsumi_akiyoshi

『僕はまだ死んでない』 関連記事:

⇒すべて見る

内海啓貴 関連記事:

⇒すべて見る


※内海啓貴さんのサイン色紙と写真1カットを、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月28日(日)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

内海啓貴さん=撮影・岩村美佳
内海啓貴さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ミモ より:

    VR演劇『僕はまだ死んでいない』観劇させて頂きました。私はVRに馴染みがなく、新鮮な気持ちでスマホ片手にグルグル動き回りました!笑

    ストーリーはシリアスがメインでしたが、クスッと笑ってしまう部分もありテーマが重めな作品としては見やすさを感じました。なにより、主演視点という今までの演劇では有り得ない角度から観劇できるので、啓貴さんの言う『新しいエンターテインメント』を実感し、感動しました。
    配信も3月末まで延長されたので、是非沢山の人に見て欲しい作品です!


最近の記事

■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
■ 2021年3月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.