「自分らしく生きようと悩むのは共通」、『ジェイミー』森崎ウィンインタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「自分らしく生きようと悩むのは共通」、『ジェイミー』森崎ウィンインタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年6月1日

ミュージカル『ジェイミー』が、2021年8月8日(日)から29日(日)まで、東京建物 Brillia HALLにて上演されます(大阪、愛知公演有)。アイデアニュースでは、3人のキャストの方にインタビューしました。まずは、主役のジェイミー役をダブルキャストで演じる、森崎ウィンさんのインタビューを、上、下に分けてお届けします。「上」にはジェイミーとして生きることについて、この作品の音楽などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を、「下」には「自分の意見」をもたなければいけない時期になっていると感じていることとジェイミーとの関係や、ミャンマーにいる方々への思い、ミュージカルについて、お客様へのメッセージなどを話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

ミュージカル『ジェイミー』は、イギリス発の大ヒットミュージカルで日本初上陸。英BBCで放送されたドキュメンタリーが原作で、「自分らしく生きる」という普遍のテーマを、感動的な歌とダンスでみずみずしく表現した人間賛歌です。ジェンダー、人種、宗教など、根強い差別を抱えた現代社会へのメッセージ、そして、親子の普遍的な愛を描いています。イギリスのロックバンドであるザ・フィーリングのリードシンガー、ダン・ギレスピー・セルズによる音楽が新しく、作品の魅力のひとつです。

森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳
森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳

ーーまず、出演が決まって、現在の思いはいかがでしょうか。

このご時世なので最後までちゃんと走り切れるのか、幕を開けられるのか、幕が上がるまでは本当に安心できない自分がいます。これが素直な気持ちです。作品に関しては、歌稽古に入っているのですが、稽古をしていくなかで、課題も見つかってきました。同時に、楽しみがめちゃくちゃ増えていて、本当に幕が上がってほしい思いが強いですね。ミュージカルをやりたかったですし、やっと一年ぶりにできるので、次は最後まで完走したいなと思います。

ーー昨年の『ウエスト・サイド・ストーリー』 Season2は、途中で公演中止になってしまいましたね。

そうなんです。

ーードラァグクイーンになりたい夢を持つ、ジェイミーを演じることに対しては、いかがですか? 物語のテーマとも繋がってくるかと思いますが。

役者として、大きなチャレンジができる作品になるんじゃないかと思っています。この作品に出会って、役者としてもそうですが、ひとりの人間としての人生観や、物事の見方がまた大きく変わるんじゃないかなという予感はしています。僕が人生の中で深く触れたことのないジェンダー観なども含め、自分がいままで思ってきたこと、見てきたものとは違う世界が見れるんじゃないかと、本当に楽しみです。ジェンダーについてはまず受け入れて、正直消化しきれなくてもいい気がしていて。僕は、この役を演じるから、絶対的に役を100%理解しなくてはいけないとは思っていなくて、模索しながらやっていくのもジェイミーらしいのかなと思っています。いろいろな意味で楽しみな作品ですね。

<取材協力>
衣裳:
JOHN SMEDLEY
TIMONE
UNDECORATED

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ジェイミーとして生きることについて、この作品の音楽などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6月2日(水)掲載予定のインタビュー「下」には、「自分の意見」をもたなければいけない時期になっていると感じていることとジェイミーとの関係や、ミャンマーにいる方々への思い、ミュージカルについて、お客様へのメッセージなどを話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■自分らしく生きるために悩む。内容は違えどジェイミーとすごく共通する部分はある

■ジェイミーとして生きることに没頭すれば、メッセージが生まれてくるんじゃないかと

■「こんなにいい曲を歌えるなんて!」と幸せな気持ち。歌っていて純粋に楽しい

■ジェイミーをやっている自分が想像できる。やるべきときにやっているなと

<ミュージカル『ジェイミー』>
【東京公演】2021年8月8日(日)~8月29日(日) 東京建物 Brillia HALL
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/jamiemusicaljp2021/

<関連リンク>
STARDUST 森崎ウィン公式プロフィール
https://www.stardust.co.jp/section1/profile/morisakiwin.html
MORISAKI WIN(森崎ウィン)|日本コロムビア
https://columbia.jp/morisakiwin/
森崎ウィンtwitter
https://twitter.com/win_morisaki_
森崎ウィンinstagram
https://www.instagram.com/win_morisaki_official/

『ジェイミー』 関連記事:

⇒すべて見る

森崎ウィン 関連記事:

⇒すべて見る


※森崎ウィンさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月1日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳
森崎ウィンさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. わこ より:

    WSSを何度も舞台で体感し、そこにウィンさんはいなくて、舞台で生きていたのはまさしく『トニー』でした。WSSの中止発表があったちょうど一年後、ジェイミーの発表があり、当時千穐楽を迎えられなかった喪失感から、一年かけて舞台人としてのウィンさんをやっと取り戻したような感慨がありました。
    未曾有の事態が続き、当たり前が当たり前でなくなったこの時世だからこそ、自分らしく生きることを選ぶチャンスを与えて貰っているような気もします。自分で選んで切り拓く、人生の幕開けになるような大切な時間を、『ジェイミー』と一緒に舞台で過ごす事ができれば嬉しいです。
    一公演でも多く、ウィンさんが無事に舞台に立てますように。一公演でも多く、ウィンジェイミーをこの目に焼き付ける事ができますように。心から祈っています。
    明日の記事も楽しみにしています^^

  2. にゃおん より:

    森崎ウィンさんの出演が発表された時、本国ジェイミーの歌唱ナンバーをいくつか聴きました。その時、私も森崎ウィンさんが板の上で歌っているビジョンが鮮明に思い浮かび、そのあまりのリアルさに自分でも驚いたしたことを、このインタビューを読んで思い出しました。
    自分らしく生きるためには、そもそも”自分らしさ”を知る必要があると思いますが、「自分らしさとは何か」と聞かれて即座に答えられる人ってどれくらいいるのでしょうか。そういう意味において、ジェイミー・ニューは、16歳にして”自分らしさ”の目覚めと対峙する、稀有な高校生なんじゃないかなと思います。
    ジェイミーが自分らしく生きるストーリー、森崎ウィンさんの自分らしさが表現されたステージ、その両方楽しみにするとともに、私自身、自分と向き合って何かを変化させることができるような作品になることを期待しています。

最近の記事

■ 2021年6月掲載分
■ 2021年5月掲載分
■ 2021年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.