「4月に初めて作詞、歌・言葉…表現を学びたい」、溝口琢矢インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「4月に初めて作詞、歌・言葉…表現を学びたい」、溝口琢矢インタビュー(下)

筆者: 吉野 淡雪 更新日: 2021年6月15日

2021年7月3日(土)から7月11日(日)まで東京芸術劇場シアターウエストで上演される『Being at home with Claude ~クロードと一緒に~』に主演の「彼」役で出演する溝口琢矢さんのインタビュー、後編です。俳優の道を進むことになったきっかけや、最近「大人っぽくなった」と言われること、舞台と同時にライブがあった2021年4月や、今後学びたいことなどについて語ってくださったインタビューの後半の全文と写真を紹介します。

溝口琢矢さん=©Zu々
溝口琢矢さん=©Zu々

ーー溝口さんのこれまでの活動や、ご自身のことについても伺ってみたいと思います。まず、俳優というお仕事をしようと思われたきっかけを教えていただきたいのですが。

きっかけは、今も所属している事務所に母親が書類を送ったことですね。

ーーお母様が。

小学生の頃に一般応募でバラエティ番組に出させていただいたことがあって、その帰り道に母が「楽しかった?」と聞いてきたので「楽しかった!」と答えたら、「この仕事が楽しい!」という意味に捉えたらしくて、母が事務所に書類を送ったんです。

ーー母の力は偉大ですね。

偉大なのか、盛大な勘違いから始まったのかという感じなんですけど、最初の頃はモチベーションが皆無だったんです。小学生で遊びたい盛りで、その頃は友達が第一じゃないですか。なのにオーディションやレッスンが入ってきて。でも、今思うと現場はものすごく楽しかったです。そういう感覚もあって、高校生くらいの頃、これからどうしていきたいかを考えた時に「お芝居をやりたい」と思ったのが、第2のターニングポイントですね。それが高校卒業あたりでした。

ーー本格的にこの道に進もうと思ったきっかけの作品があるんでしょうか?

『FROGS』です。所属事務所が制作で入っている作品なんですけど、それが人生で初めてのミュージカルでした。ダンスも入っていて、演出は岸谷五朗さんで、今思うと本当にすごい経験だったなと思うんですけど、そこで、自分の実力のなさを実感したんです。

今でももちろん全然ダメなんですけど、当時は今よりもっと…。お芝居に関して「うまいへたっていうのは誰が決めるの?」っていうのはあると思うんですけど、でも自分の中での「うまいへた」は絶対にあって。なにも出来ていなかったんだと言えるくらいには、今は理解できていると思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、「大人っぽくなった」と言われることや、舞台と同時にライブがあった2021年4月や今後学びたいことなどについて語ってくださったインタビューの後半の全文を掲載します(写真はありません)。

<有料会員限定部分の小見出し>

■「大人っぽくなった」と言われるのは金髪効果と思っていて、心持ちは変わってないです

■ほんの些細なことで息抜き出来ちゃうタイプ。自分の好きな珈琲を一口飲むとか

■4月のハンサムライブで初めて歌詞を書かせていただいて。言葉を出すことを学びたい

■『クロードと一緒に』の物語はシンプル。言葉を素直に受け入れていただけたら

<『Being at home with Claude ~クロードと一緒に~』>
【東京公演】2021年7月3日(土)~7月11日(日) 東京芸術劇場シアターウエスト
公式サイト
https://www.zuu24.com/withclaude2021/

<関連リンク>
Being at home with Claude ~クロードと一緒に~Twitter
https://twitter.com/withClaude
溝口琢矢Twitter
https://twitter.com/5mizo_taku9
溝口琢矢 Instagram
https://www.instagram.com/mizoguchi_takuya_official/
溝口琢矢オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/mizotakudays/
溝口琢矢アミューズWEBサイト
https://www.amuse.co.jp/artist/A8326/

クロードと一緒に 関連記事:

⇒すべて見る

溝口琢矢 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

宝塚BOYS team SKY(DVD)
価格:6600円(税込、送料別) (2021/6/7時点)


※溝口琢矢さんのサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月14日(水)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

溝口琢矢さん=©Zu々
溝口琢矢さん=©Zu々

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>吉野淡雪(よしの・あわゆき)  ライター インディーズバンドを主体とする音楽ミニコミ誌のライターをきっかけに文筆活動を開始。以降、ジャンルを問わず、独自の活動を続ける魅力的なアーティストのお手伝いとしてインタビューやレポートを執筆中。三度の飯より観劇が好き。心をゆさぶられると、ついつい書き残さずにはいられない性分で、そこから広がったご縁はなによりの宝物。 ⇒吉野 淡雪さんの記事一覧

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. より:

    最初この作品を観劇するにあたり気持ち的に少し構えていた部分がありましたが、溝口さんの「純粋に、素直に受け取ってほしい」という言葉で心構えが変わりました。その言葉を意識しつつ真っ新な状態で劇場に行き、色々なことを吸収できたのでより一層初めてのこの作品を楽しめたのだと思います。
    また、多忙だった4月についても「楽しかった」という言葉を改めて聞くことができて嬉しかったです。大変なことでも、いつも前向きに“楽しい”に変換できる溝口さんを尊敬します。
    舞台観劇前にこの記事を拝読しましたが、観劇後にまた読むと違った面白さや新たな気付きが沢山ありました。前編後編ともに素敵なインタビューをありがとうございました!

  2. A より:

    (上)(下)ともに大変貴重なインタビューありがとうございます!
    溝口さんの物事の考え方や捉え方は本当に素晴らしいなと思います。4月のスケジュールは密で大変そうなどと思っていたのですが、切り替えができるから心持ちが違うのですね。

    「クロードと一緒に」本日初日おめでとうございます。今まで見た事の無い役柄、とても楽しみです。

    素敵なインタビューをありがとうございました。

  3. Ryo より:

    前編後編とともに、素敵なインタビューありがとうございます。
    溝口さんの素敵な人柄や性格が表れていて、見ていてとても楽しかったです。
    4月は、舞台、ライブと続いていましたが、楽しかったとのことで嬉しく安心しました。忙しくないかな?と勝手に心配になったりしていたので…。
    初めて見る金髪のビジュアルに、とても心ときめいております。
    舞台も観劇するのが今から楽しみです!!

  4. より:

    後編も素敵なインタビューありがとうございます。
    ライブと舞台の公演が重なっていた時、過密なスケジュールに対して勝手に心配になっていました。ただ、小さなことで息抜きできるとお話されていたり、他媒体でも日常からハッピーを見つけられると仰っているのを拝見し、私が思っていたよりもバイタリティのある方だったのだなと尊敬しました。また、ご自身が楽しんでいるからこそ、見ている方にも楽しさが伝わってくるのだと思いました。
    お芝居の上手い・下手の基準についてのお話も興味深かったです。私もお芝居に対しては素人ですが、私の中では溝口さんのお芝居はずっと見ていたいと思えるほど上手なものだと思っています。
    大人っぽくなられたのも金髪効果だと仰っていますが、色々な経験を吸収して実際に逞しくなられていると実感しています。いちファンですが、これから先の溝口さんのご活躍が楽しみです。

  5. みなみん より:

    後編の記事読ませていただきました。とても濃厚な内容で良かったです!4月のライブと舞台両方行かせていただいたのですが、別物だからこそ大変なのでは?と当時は思っていました。しかし、インタビューでは別物だからキャパオーバーにならなかったとあって驚きました。しかし、仕事とプライベートの切り替えがちゃんとできると答えていらっしゃったので納得しました。些細なことで息抜きができるともありましたが、凄く分かります。自分も珈琲や好きな曲を聞いたりすると息抜きが出来て次頑張れたりするので…笑。忙しかったと思うより楽しかった、一瞬だったと思うことが大きいと答えていたり表現者という言葉が一番好きなど長く仕事を続けて来たから得られた思いですし、応援してる身からすると感動します。これからも笑顔で楽しんで活動する姿を追っていきたいと思いました。また舞台については前編からわかる様に我々に作品をしっかり伝える為に頑張っている姿がとても伝わってきました。皆様の強い思いが伝わるので安心して観劇できるなと今から思い、舞台楽しみにしております。今回も素敵なインタビューありがとうございました!

  6. かた焼きそば より:

    作品自体好きで、いつか演って欲しいと思っていた溝口君が「彼」を演じるのがとても嬉しく、記事も興味深く読ませていただきました。
    初出しの写真はどれも素敵で、観劇が楽しみになりました。

  7. yu より:

    「クロードと一緒に」はもちろん、表現者である溝口さんのこれからの活躍がますます楽しみになる、素敵な記事でした!
    溝口さんはとても魅力的な声をお持ちですし、軽やかでキレのあるダンスも素敵なので、そういったスキルを活かして表現する姿をこれからもたくさん拝見したいと思いました。
    「クロードと一緒に」は再演を繰り返しているファンの多い作品ということもあり、事前に時代背景や、前回までのあらすじや感想等を調べてから観劇しようか迷っていましたが、今回のインタビューでまっさらな気持ちで見に行き、劇場で感じたことをそのまま受け取る事に決めました。観劇できる日を楽しみにしています。素敵なインタビューをありがとうございました!

  8. より:

    溝口くんの言葉は力強くて、インタビュー記事を読むといつも元気をもらえます!
    4月のこともファンとしては忙しい中両方に出てくれて嬉しいけど大変じゃないかな…という気持ちもあったので、お仕事を楽しまれているのが伝わって少しホッとしました。
    逞しく見えるようになったのは金髪のせいだけじゃないですよ笑
    7月の舞台本当に楽しみです。
    前後編のインタビューありがとうございました。

最近の記事

■ 2021年7月掲載分
■ 2021年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
ボールペン 「ミャンマーへ送る春の花」Facebookページより
¥0(税込)
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.