「劇場で感じたことを自然に」、『あらしのよるに』渡部豪太インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「劇場で感じたことを自然に」、『あらしのよるに』渡部豪太インタビュー(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年6月21日

秘密の友達になったヤギとオオカミを描いた きむらゆういちさんの絵本「あらしのよるに」(講談社刊)を原作にした日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021 音楽劇『あらしのよるに』が、2021年8月28日(土)と8月29日(日)に日生劇場で上演されます(全4回公演)。2019年の初演に引き続き、オオカミのガブ役を演じられる渡部豪太さんにインタビューしました。(上)では、オオカミ役を演じることで新しい面が引き出されたことや、そもそもの「演じること」への思いなどを紹介します。(下)では、この作品を通して子どもたちに伝えたいメッセージや、「目に見えないもの」への思い、最近、日本舞踊の発表会にも出られた渡部さんにバレエや日本舞踊などの身体表現への思いについても伺いました。

渡部豪太さん=撮影・伊藤華織
渡部豪太さん=撮影・伊藤華織

ーー音楽劇『あらしのよるに』に出演される渡部さん。今回、2回目のガブ役ですが、お気持ちやアプローチに変化はありますか?

今回、脚本も演出も振り付けも音楽も、初演と一緒なんです。若干変わるのは、キャストですね。個人的には、前回行き届かなかったところをより深くより良くしていきたいですし、新しいキャストさんの風を感じながら、より深く作品に没入していけたらいいなと思っています。作品って、いくら同じ本でも音楽でも振り付けでも、新しいキャストさんが来られると、全く違うものになるんですよ。

ーー新しい方が加わると、全く違うものになるんですね。

はい。それが一番楽しみですね。2年前の初演は、一瞬で終わってしまったような感覚がありますが、今回は再演なので、作品をかみしめられるのではないでしょうか。反芻するというわけではないですが、新しい味も感じながら「ガブ」という役に向き合っていきたいです。

ーーガブは「オオカミ」の役ですよね。動物の役を演じられるときと、人間の役を演じられるときの違いは何でしょうか。

そうですねぇ、オオカミの気持ちは多分、誰にもわからないので…。でも、実家の犬とは、会話ができて意思が通じるなあと思うこともあるんですよ。私が言っていることをわかってくれているのかなあと。

ーーきっと、伝わっているのではないでしょうか。

そういうときって、種族を超えて、お互いが「呼吸」をしているんじゃないかと思うんですよね。あと、ガブは確かに狼なのですが、「食べる」「寝る」とか、「寒い」「暑い」「心地いい」という感覚は、きっと人間とも共通しているんじゃないかと思うんです。だから、そこの表現は変わらないので、人間としての感覚をそのまま使って。あと、オオカミって、家族などの群れで生活している生き物だと思うんです。となると、人間と同じように、恐らく「家族愛」のようなものも、必ず持ち合わせている種族だと想像しています。

ーー感覚や家族愛という共通項がありそうだということですね。

人間とオオカミの架け橋とまではいかないですけれども…でもきっとオオカミって、自分のことを「オオカミだ」と思っていないでしょうね。恐らく、人間だけじゃないでしょうか。自分のことを「人間だ」って思っているのは。

<取材協力>(衣装)
UNITUS:06-6948-6093
NaNo Art:nano-art.contact@nano-art.info

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ガブ役として舞台にいる「あり方」や、「出だし」の重要性についてなど、渡部さんならではの表現を交えて語ってくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6月22日(火)掲載予定のインタビュー「下」では、この作品を通して子どもたちに伝えたいメッセージのほか、「目に見えないもの」への思い、最近、日本舞踊の発表会にも出られた渡部さんにバレエや日本舞踊などの身体表現への思いについても伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>

■演じるということは「こうしてやろう」ではなく、そういう場に「いる」だけ

■初演で「見えていなかった渡部さんを見られた」という言葉をいただいた。嬉しかった

■出会いのシーンが重要。あとは石が転がっていくように、ただ転がっていく感覚

■最初の一滴をとても丁寧に劇場に落とすと、画用紙の上の水のように広がっていく

<日生劇場ファミリーフェスティヴァル2021 音楽劇『あらしのよるに』>
【東京公演】2021年8月28日(土)~8月29日(日)(全4回公演) 日生劇場
公式サイト
https://famifes.nissaytheatre.or.jp/2021arashi/

<関連リンク>
渡部豪太オフィシャルサイト
http://www.spacecraft.co.jp/watabe_gota/
渡部豪太 Instagram
https://www.instagram.com/gotawatabe/

『あらしのよるに』 関連記事:

⇒すべて見る

渡部豪太 関連記事:

⇒すべて見る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コスメティックウォーズ 【DVD】
価格:3591円(税込、送料別) (2021/6/11時点)


※渡部豪太さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月21日(水)です。(このプレゼントの募集は終了しました)有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

渡部豪太さん=撮影・伊藤華織
渡部豪太さん=撮影・伊藤華織

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年7月掲載分
■ 2021年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
ボールペン 「ミャンマーへ送る春の花」Facebookページより
¥0(税込)
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.