「嘘がないように存在しないと」、『五番目のサリー』彩吹真央インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「嘘がないように存在しないと」、『五番目のサリー』彩吹真央インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年10月11日

五重人格のヒロイン、サリー・ポーターが主人公のダニエル・キイスの同名小説が原作の舞台『五番目のサリー』〜The Fifth Sally〜 が、2021年10月21日(木)から10月30日(土)まで、よみうり大手町ホールで上演されます。この作品でサリー役を演じる彩吹真央さんにインタビューしました。脚本・演出を担当するのは、同じくダニエル・キイス原作の『アルジャーノンに花束を』をミュージカル化した荻田浩一さんです。インタビュー「上」では、原作を読んだ印象、五重人格の役を演じること、荻田さんが演出する作品の特徴、ストレートプレイの魅力などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月12日(火)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、共演者の印象、コロナ禍で感じるエンタテーンメントの存在価値、新規感染者数が増えていくなかで舞台に立っていた時に感じたこと、舞台に立ち続ける想いなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

彩吹真央さん=撮影・岩村美佳
彩吹真央さん=撮影・岩村美佳

――原作を読んだ感想や印象はいかがですか?

多重人格に対して、(ダニエル・)キイスの『24人のビリー・ミリガン』の怖いイメージがどうしてもあったり、『ジキルとハイド』など、ちょっとサスペンスチックな印象がありました。意外とホラーとかサスペンス物に弱いタイプなので、あまりそういう本は読まないのですが、読み進めたら、単純に物語として面白かったんです。何が面白いかといえば、もちろん乖離性同一障害の、多重人格の人を主軸にした物語ではありますが、心理学的要素というか、人間ってもしかしてみんなそうなんじゃないかなと思うようなことを感じながら読み進めていきました。結果、多重人格の他の人格の人たちも出てきますが、やはり軸となる主人格のサリーが、どんどん変わっていく様子が面白いなと思いました。舞台や物語の面白味は、主人公や登場人物などが、精神的に成長していくとか、強くなっていくとか、改心していくとか、そういう変化が面白いじゃないですか。でも、人格自体がどんどん変わっていくことが、物語として一番のめりこんだ、面白いところだなと思いましたね。

――サリーを演じるという視点でご覧になりましたか。それとも物語として?

今回に限らずですが、原作物などは、そこが悩みどころなんですね。「この作品の、この役をやっていただきます」というオファーを頂いて原作を読む時は、役者のさがというか、いち読者ではない感覚は隠せません。今回は、作品の存在は知っていましたが、読んだことはなく、想像がつきませんでした。だから、最初に読んだインスピレーションなどを大事にしたいと思い、シンプルな気持ちで読もうと思って読みました。先程言ったように、サリーがどんどん変わっていくところが面白かったので、これは面白い役をさせてもらえるなと思い、後半はわくわくしながら読み進めていきました。

――舞台上では、5人の人格を全部彩吹さんが演じるんですか? それとも共演者が分けて演じていくのでしょうか?

私はサリーとして存在しますが、それ以外の4人の人格を、私以外の人も担う状況であり、かつ、私がサリーの主人格だけではない、他の人格も共有するという雰囲気になるんじゃないでしょうか。別人格もサリーなので、そこも表現するのに、別人格の役名の人もいます。その人に全部任せるのではなく、私も担いつつ、後半になればなるほど、サリーと別人格との関係性が変化していき、それぞれの人格の葛藤が対比的に表現されていきます。そういう意味では、主人格と別人格を違う役者が演じるというのは自然な形なのかなと思いました。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、五重人格の役と“彩吹真央”や本名のご自身との関係、荻田さんが演出する作品の特徴、ストレートプレイの魅力などについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月12日(火)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、共演者の印象、コロナ禍で感じるエンタテーンメントの存在価値、新規感染者数が増えていくなかで舞台に立っていた時に感じたこと、舞台に立ち続ける想いなどについて伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■今までに知らない私が出ないとおかしいと思うので、私自身、そこが楽しみ

■摩訶不思議だけど温かくて辛辣な「荻田ワールド」を存分に発揮してくれるだろうと

■作り込みすぎず、「今、この人格で、こう存在している」と確立させて、嘘がないように

■やったことがない役をやりたいと思っちゃう。役者としてそそられるというか

<舞台『五番目のサリー』〜The Fifth Sally〜>
【東京公演】2021年10月21日(木)~10月30日(土) よみうり大手町ホール
公式サイト:
https://www.cubeinc.co.jp/archives/theater/the-fifth-sally

<キャスト>
彩吹真央
仙名彩世、小野妃香里、藤田奈那
中河内雅貴、大山真志、荒井敦史、井澤勇貴、小寺利光
駒田一

『五番目のサリー』 関連記事:

⇒すべて見る

彩吹真央 関連記事:

⇒すべて見る

※彩吹真央さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月11日(木)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

彩吹真央さん=撮影・岩村美佳
彩吹真央さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. あきらら より:

    ゆみこさんの声が大好きで、たくさんの人格を演じられる際の声にも注目しています。
    劇場の座席で、緊張感に包まれてお芝居を観るのが楽しみです!

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.