映画『a hope of NAGASAKI 優しい人たち』、松本和巳監督・海宝直人対談(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

映画『a hope of NAGASAKI 優しい人たち』、松本和巳監督・海宝直人対談(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年9月22日

被爆者の新たな証言を集めたドキュメンタリー映画『a hope of NAGASAKI 優しい人たち』の全国の映画館での上映が2021年7月29日から8月19日まで行われ、9月から自主上映会の受付が始まりました。海宝直人さんが歌う主題歌「坂道」のCDは、2021年8月6日から『a hope of NAGASAKI 優しい人たち』の上映映画館での販売が始まり、映画館での上演終了後も、Yahoo!ショッピングとSTORESで販売されています(数量限定)。アイデアニュースでは、松本和巳監督と、海宝直人さんにお話を伺いました。上、下に分けてお届けします。写真は、舞台挨拶の際に撮影したものです。インタビュー「上」では、海宝さんが主題歌を歌うことになった経緯や、松本監督が撮影時に意識したこと、海宝さんが映画を観て感じたことなどについて伺いました。9月23日(木・祝)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、レコーディング時の様子や、編曲を担当した森亮平さんのエピソード、松本監督が映画を通して伝えたい想い、松本監督と海宝さんが考える平和について伺ったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

(左から)井内徳次さん、松本和巳監督、海宝直人さん、小野華那子さん=撮影・岩村美佳
(左から)井内徳次さん、松本和巳監督、海宝直人さん、小野華那子さん=撮影・岩村美佳

――2020年の8月にZOOMで上映された時に、海宝さんが主題歌を歌うということで映画を知り、拝見しました。

松本:戦後75年の節目の年でご覧いただいたのですが、海宝さんをきっかけにご覧いただいた方々と、被爆者の証言を観たいという方々と、両方の方々にご覧いただきました。今回の映画はそれが大事だと思っているんです。戦争や平和の活動をやってきた方々だけに届くものではだめですし、どちらかというと少し遠ざかっていたとか、少し関心が薄かった方々に観てもらう。そこから何が生まれるのかということが、大事だと思います。

――この映画の企画はいつから動いていたんですか?

松本:撮影は、2019年の春ごろから始まりました。2019年末には映画館公開の話がありましたが、2020年1月にコロナの状況でいろいろと難しくなり、2021年5月に公開する予定でしたが、日程が伸びたおかげで、海宝さんからのご提案で、8月9日(長崎に原爆が投下された日)という特別な日に舞台挨拶をさせてもらえたのは、これもひとつご縁だと思います。今回の映画は、このようないい節目が続いています。人のつながりもそうですし、だからこそ本当に繋いでいかなければという思いが強いです。

――海宝さんが主題歌を歌うことになったのは?

松本:「坂道」の作詞作曲をされ、英語字幕版の翻訳をしていただいた井筒節さんは東大の先生ですが、井筒さんが「僕はぜひ海宝さんに歌ってもらいたいと思う」と。海宝さんは『アリージャンス』出演のために戦争のことをいろいろ調べていたタイミングで、ご快諾いただきました。

海宝:『アリージャンス』を通して、自分のきちんと知らなかった歴史があるということを知りました。知っているのと、知らないのは、全く違いますし、いろんなものの考え方や感じ方まで大きく変わってくることだなと思いました。「坂道」のお話をいただいたときに、僕は長崎に行ったこともないですが、被爆者の方々お話を聴けるということが今はなかなかないですし、多くの方に観ていただきたいという思いもあり、ぜひやらせていただきたいと思いました。

【海宝直人】a hope of NAGASAKI 優しい人たち主題歌【坂道】発売決定!=mkdsgnチャンネルより

※アイデアニュース有料会員限定部分には、映画撮影がどのように進んだかや、小野華那子さんによるアルパ演奏について、海宝さんがこの映画を見て感じたことなどについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。9月23日(木・祝)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などのミュージカル作品でオーケストラを指揮してきた森亮平さんが編曲した「坂道」を聴いた時の松本監督の思いや、森さんはこのお話をいただく前に語り部の方のお話を聴きたいと長崎に聴きに行っていたことなどについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■松本:マスコミの看板で行ってしまうと構えてしまう。今回は知り合いの方からのお話で

■松本:伝えなければいけないことがあるので、シンプルな響きのアルパ1本でいいと

■海宝:戦争を憎んでも、アメリカ兵に対する憎しみはないと皆さんお答えされて

■海宝:韓国の俳優さんに接する機会がありますが、国同士状況が悪くても個人は違う

<映画『a hope of NAGASAKI 優しい人たち』>
2021年7月29日~8月19日 全国ロードショー(映画館での上映は終了しています)
自主上映会:2021年9月から受付開始
公式サイト
https://nagasaki.cc/

<「a hope of NAGASAKI 優しい人たち」主題歌CD「坂道」>
アーティスト:海宝直人
発売日:2021年8月6日
数量限定発売(AQC1-77504)
価格:1,000円(税込)
Yahoo!ショッピング:
https://store.shopping.yahoo.co.jp/slagoods/cd0001.html
STORES:
https://simplelifegoods.stores.jp/

<関連リンク>
a hope of nagasaki 優しい人たち 公式Twitter:
https://twitter.com/ahopeofnagasaki

「a hope of NAGASAKI 優しい人たち」 関連記事:

⇒すべて見る

松本和巳 関連記事:

⇒すべて見る

海宝直人 関連記事:

⇒すべて見る

※この記事に有料会員限定のプレゼントはありませんが、有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

松本和巳監督(左)と海宝直人さん(右)=撮影・岩村美佳
松本和巳監督(左)と海宝直人さん(右)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.