「謎解きが本当に好き。脱出ゲームキットを買ったり」、小西遼生インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「謎解きが本当に好き。脱出ゲームキットを買ったり」、小西遼生インタビュー(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年11月9日

2021年11月10日(水)から11月15日(月)まで東京のオルタナティブシアターで開催される イッツフォーリーズ公演ミュージカル『魍魎の匣』で中禅寺秋彦役を演じる小西遼生さんのインタビュー後編です。オリジナルミュージカルを作り続けてきた「イッツフォーリーズ」による劇団公演ならではの魅力、自分の趣味で読む小説のジャンルについて、普段から脱出ゲームや謎解きが好きなこと、お客さまへのメッセージなどを紹介します。

小西遼生さん=撮影・NORI
小西遼生さん=撮影・NORI

ーー今回、ここがチャレンジだというポイントはどこでしょうか?

この作品を上演することそのものが、かなりチャレンジングなことだと思っていますし、今回は、劇団公演であることも大きなポイントです。僕と同じように、外部の客演という形で出演しているメンバーもたくさんいますが、圧倒的に、イッツフォーリーズさんのメンバーが多いので、そこで一緒にさせていただくことは挑戦です。例えば、今回の舞台には、物語の多くを観客に伝える「コロス」という存在が登場します。

ーー合唱や身体表現で物語や登場人物の想いを補足していく人たちですね。

「コロス」は、劇中で中禅寺さんなどのキャラクターが語り切れないことを伝えてくれる役割を果たしています。劇団だからこそ成立する構成だと思います。

ーー劇団だからこそ成立するというのは?

コロスは、大勢で一つの曲を歌い、お客さまに届けなければいけないんです。歌声を聴いていると、一過性の、集まってすぐに解散するメンバー同士ではなくて、ずっと今まで一緒にやってきているメンバーだからこその完成度だと感じます。オリジナルミュージカルを古くから日本で作ってこられている劇団だからこそだと思います。歌も本当にレベルが高いんですよ。

ーーずっと今まで一緒にやってきているメンバーだからこそのコロスだと。

声を重ね合わせるときに、お互いを探り合わなくても、しっかりと「束の力」になっています。それを稽古場で聴きながら、コロスという手法でこの作品を作るのは、挑戦でもあり、とてもいい結果を生み出すだろうと思っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、自分の趣味で読む小説のジャンルについて、普段から脱出ゲームや謎解きが好きなこと、お客さまへのメッセージなどについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「面白そう」というタイトルで小説を選ぶと、圧倒的にミステリーが多くなる

■頭が煮詰まって「今はこれ以上やってもダメ」という時は謎解きをしています

■最近は、暗号になる4つの謎を解いたら爆弾が止まるというキットを買いました

■よくできたミステリー、ミュージカル『魍魎の匣』の世界を楽しんでいただけたら

<ミュージカル『魍魎の匣』>
【東京公演】2021年11月10日(水)~11月15日(月) オルタナティブシアター
千代田区有楽町2-5-1有楽町マリオン(有楽町センタービル)別館7F
公式サイト:
http://www.allstaff.co.jp/mouryo/

<キャスト>
小西遼生・吉田雄・北村諒・神澤直也・大川永・加藤将・熊谷彩春・池岡亮介・德岡明・万里紗・横田剛基
宮田佳奈・米谷美穂・金村瞳・神野紗瑛子・堀内俊哉・浅川仁志・森隆二
駒田一
明羽美姫・鈴木彩子・東城由依・矢野叶梨・近藤萌音・日野七乃葉

<スタッフ>
原作:京極夏彦「魍魎の匣」(講談社文庫)
上演台本・作詞・演出:板垣恭一
作曲・音楽監督:小澤時史
主催・企画・制作:
株式会社オールスタッフ
ミュージカルカンパニー イッツフォーリーズ

<関連リンク>
小西遼生 公式HP:
https://konishiryosei.com
小西遼生公式twitter:
https://twitter.com/ryosei_konishi
小西遼生Instagram:
https://www.instagram.com/ryosei_konishi_official/

ミュージカル『魍魎の匣』 関連記事:

⇒すべて見る

小西遼生 関連記事:

⇒すべて見る

加藤将 関連記事:

⇒すべて見る

駒田一 関連記事:

⇒すべて見る

板垣恭一 関連記事:

⇒すべて見る

※小西遼生さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2021年12月8日(水)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小西遼生さん=撮影・NORI
小西遼生さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ENFJ6317 より:

    小西遼生さんの記事(下)も、ありがとうございます。記事(上)もしっかりと読ませていただきました。
    私は、小説を読む時最初の文の出だしが頭にスっと入って来ないと読めないというか、「今は読む時期じゃないんだな」と諦める時もあります。例え売れている本でもそうです。例外はありまして、小西さんが出演される原作は小説でも漫画でも、読んでから観に行きます。笑
    魍魎の匣、観に行きましたがずっとあの空間に中善寺さんというか、京極堂の気配を感じる、そんな視線が気になるような五感や…第六感まで感じるような舞台だなぁと個人的に感じました。
    小西さんはスリルがある謎解きが好きみたいですが、私はソワソワするのでちょっと苦手です。笑 クイズ番組に出てらした小西さんが懐かしいです。
    またどうか、小西さんの事を記事にしていただけたら嬉しいです。お写真もキレイでいつも眼福です。ありがとうございます。

  2. しゃおちゃん より:

    上下とも写真素敵で記事も読みごたえあってコニタンの京極堂さんどんな感じかと楽しみです
    私も本屋でみつけるのはミステリーだと思います。謎解きや脱出ゲーム好きなんですね。

  3. にょん より:

    素敵なお写真と貴重なお話をありがとうございます!
    今では家でも脱出ゲームができるんですね…!謎解き好きな小西さんの中禅寺、とても楽しみです。

  4. roze より:

    リアル脱出ゲームに小西遼生さんがいたら…想像して楽しんでしまいました。
    小西遼生さんと謎解きってすごく合う。
    謎に翻弄されそうに見えても必ず真実を見つける。
    そんなイメージです。
    ミュージカル魍魎の匣は楽しみでしかないです。
    まだ始まってませんが、是非再演を!と思っています、今から。

  5. ぽち蔵 より:

    後編も大変興味深いお話をありがとうございます!
    いよいよ明日初日!
    全公演の無事をお祈り申し上げます!

最近の記事

■ 2021年11月掲載分
■ 2021年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.