三浦宏規が主演、フレンチロックミュージカル 『 赤と黒 』東京・大阪で上演決定 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

三浦宏規が主演、フレンチロックミュージカル 『 赤と黒 』東京・大阪で上演決定

筆者: アイデアニュース編集部 更新日: 2023年7月20日

2023年12月8日(金)から12月27日(水)に東京・東京芸術劇場プレイハウスで、2024年1月3日(水)から1月9日(火)に大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで、フレンチロックミュージカル『赤と黒』が上演されることがこのほど発表されました。演出は、世界中で注目を集める話題作『SIX』共同演出家のジェイミー・アーミテージさんです。満を持しての日本初演出作品として、フレンチロックに挑みます。チケットの一般発売は、2023年10月7日(土)からです。

また、主演である野心家で繊細な美青年・ジュリアン役は、『刀剣乱舞』など2.5次元ミュージカルで大人気を博し、『レ・ミゼラブル』マリウス役、『千と千尋の神隠し』ハク役など次々と話題作に出演中の三浦宏規さんが務めます。ジュリアンが家庭教師を務めたレナール家の妻であり、ジュリアンと禁断の恋に落ちるルイーズ・ド・レナール役を、元宝塚歌劇団トップ娘役の夢咲ねねさん、ジュリアンと情熱的な恋をし結婚を約束する、聡明で高慢な令嬢、マチルド・ド・ラ・モール役を田村芽実さん、ルイーズの夫で町長のムッシュー・ド・レナール役を東山光明さん、マチルドの父親で、ジュリアンを秘書に雇うラ・モール侯爵役を川口竜也さんが演じます。人気歌手・ジェロニモとストーリーテラーの役割を担うのは、東山義久さん、無節操で人心操作に長けた裕福なブルジョワの町長、ムッシュー・ヴァルノ役は、駒田一さんです。そして、遠藤瑠美子、池尻香波、斎藤准一郎、竹内真里、増山航平、髙橋莉瑚、松平和希、加藤さや香、荒川湧太、吉井乃歌のみなさんが出演します。

本作は、フランスの文豪スタンダールの名作『赤と黒』を原作とし、フレンチロックで紡いだミュージカルです。『1789』『ロックオペラ モーツァルト』などを手掛けたフランスのプロデューサー、アルベール・コーエンにより2016年にパリで初演され、大好評を博しました。日本では宝塚歌劇で1957年に菊田一夫脚色、1975年に柴田侑宏脚本により上演され、その後も再演を重ねられています。今春には『Le Rouge et le Noir ~赤と黒~』と題して本作の日本初演が礼真琴さん主演で上演されています。美貌と頭脳を武器に、支配階級に対する嫉妬と憎悪をエネルギーに、愛の狭間で葛藤しながら生きるジュリアン・ソレル の物語です。フレンチロックに乗せた力強い楽曲と美しいダンスを通して愛の葛藤が描かれます。美しく野心に溢れた若き青年が、愛と葛藤で感情を爆発させる楽曲も魅力です。ジェイミー・アーミテージさんと三浦宏規さんのコメントを紹介します。

フレンチロックミュージカル『赤と黒』ビジュアル
フレンチロックミュージカル『赤と黒』ビジュアル


<コメント>
演出家 ジェイミー・アーミテージさん:『赤と黒』の音楽を聴いてすぐにこの作品は壮大なミュージカルにできる作品だと思い、とても興奮したことを覚えています。このジュリアン・ソレルの物語は、窮屈で抑圧的な社会と闘い、変革を起こそうとする彼の欲望がとても本能的で魅力的なのです。そしてその精神は、すべての楽曲に強力なエネルギーを与えています。
このストーリーは19世紀初頭のフランスがベースとなっていますが、ジュリアンが秘めている変革を求める熱い情熱は普遍的なテーマであり、現代を生きるお客様にも通じるものだと思っています。日本の皆様、ぜひこの美しいミュージカルの目撃者となってください。エキサイティングでフレッシュなストーリーが皆様を刺激し、何かしらのインスパイアを与えられるものになる事を願っています。

主演 三浦 宏規(みうら ひろき)さん:まさか自分がこの役のオファーをいただけるとは思ってもいませんでした。ジュリアン・ソレルという人間は非常に魅力的です。野心家であり、内に秘める危険なほどの情熱や爆発力、孤独や葛藤。それに加え多くの女性を魅了する色気や美貌をもつ人物です。このあまりにも魅力的な役を自分がどう表現できるのか、皆様の期待を裏切らないよう丁寧に役を構築していけたらと思っています。まず初めに、今回のビジュアル撮影をするにあたり1週間炭水化物を抜くところから僕の役作りは始まっています。笑 そして演出のジェイミーさんをはじめ素晴らしいクリエイティブスタッフの皆様、キャストの皆様と共にこの作品を皆さまのもとへお届けできる日を心待ちにしています。

<フレンチロックミュージカル『赤と黒』>
【東京公演】2023年12月8日(金)~12月27日(水) 東京芸術劇場プレイハウス
【大阪公演】2024年1月3日(水)~1月9日(火) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト
https://www.umegei.com/rouge-noir2023/
Twitter
@rougenoir2023

演出:ジェイミー・アーミテージ
上演台本・訳詞:福田響志
出演:三浦宏規/夢咲ねね 田村芽実 東山光明 川口竜也/東山義久 駒田一
遠藤瑠美子 池尻香波/斎藤准一郎 竹内真里 増山航平 髙橋莉瑚 松平和希 加藤さや香 荒川湧太 吉井乃歌

<チケット料金>(全席指定・税込)
【東京】S席 13,500円、A席 9,000円
【大阪】13,500円
チケット 一般発売は、2023年10月7日(土)午前10時〜(東京・大阪公演)

企画・制作・主催:梅田芸術劇場

『赤と黒』 関連記事:

⇒すべて見る

三浦宏規 関連記事:

⇒すべて見る

夢咲ねね 関連記事:

⇒すべて見る

田村芽実 関連記事:

⇒すべて見る

東山光明 関連記事:

⇒すべて見る

川口竜也 関連記事:

⇒すべて見る

東山義久 関連記事:

⇒すべて見る

駒田一 関連記事:

⇒すべて見る

<アイデアニュース編集部>アイデアニュース編集部として作成した記事の一覧は ⇒こちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
■ 2023年10月掲載分
■ 2023年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.