「ターニングポイントになる作品」、『いとしの儚』鳥越裕貴インタビュー(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ターニングポイントになる作品」、『いとしの儚』鳥越裕貴インタビュー(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年10月5日

舞台『いとしの儚』が、2021年10月6日(水)から10月17日(日)まで六本木トリコロールシアターで上演されます。ロクデナシの男・鈴次郎と、鬼がこしらえた女・儚(ハカナ)の、美しく儚い100日間の愛の物語。扉座の横内謙介さんによって生み出され、20年以上愛され続けて来た作品で、石丸さち子さんの演出で新たに上演されます。アイデアニュースでは、鈴次郎役の鳥越裕貴さんにインタビューしました。上、下に分けてお届けします。インタビュー「上」では、出演の依頼を受けて感じたことや、脚本を読んで感じたこと、石丸さんは「愛の擬人化」だと思っていることなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月6日(水)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、この作品で演じる鈴次郎役について、共演する原田優一さんについて、ご自身のこれまでの出演作品を振り返って、これから目指すものなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

鳥越裕貴さん=撮影・岩村美佳
鳥越裕貴さん=撮影・岩村美佳

<あらすじ>
三途の川で、青鬼(久ヶ沢徹)が、あるロクデナシの男の話を語る。その男の名は件(くだん)鈴次郎(鳥越裕貴)。女にも金にもだらしない博打打ちで人間のクズ。人間としては最低だが、博打の神さまに気にいられ、博打では負け知らず。ある時 鈴次郎は、人間に化けて賭場に来ていた鬼シゲ(辻本祐樹)と勝負になり、「絶世の美女」を貰えることになった。その美女は、鬼シゲの知り合いの鬼婆(原田優一)が、墓場の死体を集めて、ついさっき生まれて死んだばかりの赤子の魂を入れて作った女。ただし、この女は100日間抱いてはならない。魂と体がくっつくのにきっかり100日かかる。抱かなければ人間になれる。抱いてしまうと水になって流れてしまう。女は「儚」と名付けられた。人の夢、儚し、のハカナ。そうして始まった鈴次郎と儚(鎌滝恵利)の、歪な100日間の物語。鈴次郎のライバル、ゾロ政(中村龍介)との戦いが、2人の運命を更に狂わせていく…。

――出演が決まった時に、どんなことを感じましたか?

る・ひまわりさんとご一緒させていただくのが久し振りでしたので、話を振ってくださるのが嬉しかったです。る・ひまわりさんの年末公演では、いろんな小劇場の役者さんからミュージカルの方まで、なかなか共演できない方と共演させていただくことがあり、すごくお世話になりました。その分、何か返したいですし、またここで成長させていただきたいと思っていたので、声をかけてもらったことが嬉しかったです。

また、この作品の台本を見た時に、本当に心が温まりましたし、ほろっと泣けて、マネージャーと「いいですよね」と話していました。以前、荒井敦史君が演じていた時にどうしても行けなくて残念に思っていたんですが、この話をいただいたので、何かちょっと運命的なものを勝手に感じました。

そして、これまでに、『熱海殺人事件』『改竄・熱海殺人事件 モンテカルロ・イリュージョン』で山崎銀之丞さんがされていた大山金太郎役を演じたのですが、自分の中で銀之丞さんを超えたい意思もありました。『いとしの儚』のお話が来た時に「あれ? これも銀之丞さんがやってる」と、勝手に縁を感じてしまい、「これは絶対やりましょう」と言いました。すごくウキウキしながら「お願いします」と言った覚えがあります。

――横内さんの物語のどこに魅力を感じましたか?

ファンタジーがあるからこそ、より人間味を感じられるというか。僕は今年30歳になりましたが、“儚い”という言葉を、30歳の大人になってから、改めてその意味を見つめ直した時に、「すごいタイトルを付けたなぁ」と感じました。令和に入って、いろんな現実が進んでいる中で、「忘れてはいけないことなんじゃないかな」と、この戯曲を見て思いました。それはもっと広まらなければと思いますし、何か置いてきてはいけないものを置いてきていると、気付けるような気がしています。

――私も台本を読ませていただいて、どんどん引き込まれました。

徐々に世界観にすごく引き込まれて、気付いたら感情移入していました。また、儚を演じる鎌滝(恵利)さんと話していて、女性目線で見ると、印象も変わってくるんだろうなと思いました。今は、稽古をやってみたからこそ分かる難しさ、作品の中に入った時の難しさに面食らっている感じですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、鳥越さんが『いとしの儚』にどのように取り組んでいるかや、石丸さんは「愛の擬人化」だと思っていることなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。10月6日(水)午前11時0分掲載予定のインタビュー「下」では、この作品で演じる鈴次郎役について、共演する原田優一さんについて、ご自身のこれまでの出演作品を振り返って、これから目指すものなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■ちゃんと作品の枠組みを全部知ってから台詞を入れて行かないと、深くに行けない

■「こうだからこうしてみよう」「今違ったよね」と詰めをされたい自分がいる

■石丸さんは愛の擬人化。人間の感情をちゃんと出して、抑えたりしない

■始まる前から、役者としてのターニングポイントになるであろう作品だと分かっている

<舞台『いとしの儚』>
【東京公演】2021年10月6日(水)~10月17日(日) 六本木トリコロールシアター
公式サイト:
https://le-himawari.co.jp/releases/view/00956

<スタッフ・キャストなど>
作:横内謙介
演出:石丸さち子
出演:鳥越裕貴、鎌滝恵利、辻本祐樹、中村龍介、原田優一、久ヶ沢徹

<チケット>
全席指定8,800円(税込)
イープラス: 
https://eplus.jp/sf/detail/3473520001
ぴあ:
https://w.pia.jp/t/hakana2021/
問い合わせ:
info@le-himawari.co.jp
主催:る・ひまわり
https://le-himawari.co.jp/

<関連リンク>
鳥越裕貴 公式サイト:
https://torigoeyuki.com/
鳥越裕貴 Twitter:
https://twitter.com/torippiyo2
六本木トリコロールシアター 公式サイト:
http://tricolore-theater.com/

『いとしの儚』 関連記事:

⇒すべて見る

鳥越裕貴 関連記事:

⇒すべて見る

辻本祐樹 関連記事:

⇒すべて見る

原田優一 関連記事:

⇒すべて見る

※鳥越裕貴さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月5日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

鳥越裕貴さん=撮影・岩村美佳
鳥越裕貴さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.