「セット・照明・音・空気感…やっぱり舞台が好き」、鳥越裕貴インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「セット・照明・音・空気感…やっぱり舞台が好き」、鳥越裕貴インタビュー(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2021年10月6日

ロクデナシの男・鈴次郎と、鬼がこしらえた女・儚(ハカナ)の、美しく儚い100日間の愛の物語。2021年10月6日(水)から10月17日(日)まで六本木トリコロールシアターで上演される舞台『いとしの儚』に鈴次郎役で出演する鳥越裕貴さんのインタビュー、後半です。鈴次郎役について、共演する原田優一さんについて、コメディからシリアスの幅が大きい演出になっていること、ご自身のこれまでの出演作品を振り返って、これから目指すものなどについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

鳥越裕貴さん=撮影・岩村美佳
鳥越裕貴さん=撮影・岩村美佳

――鳥越さんが演じる鈴次郎役についてお聞かせください。

ギャンブル好きのクズですね。周りに友達もいなければ親もいないんです。親父はどこかに行ってしまい、母親は鈴次郎が殺してしまいました。僕の中での鈴次郎は、母が自分を抱いてくれなかったから殺したというのが、可愛いと言うとおかしいんですが、その純粋さを感じます。どうして目の前にいる母親は自分を抱いてくれず、他のよく分からない男たちには体を売っているのか。鈴次郎を汚れさせたくないから、抱かずにいてくれたのかなと思うんですが、その時は多分、純粋に「何で?」と、自分への愛がないと思ってしまい、殺してしまう鈴次郎の純粋さがあると思うんです。

そういう出来事があって、いろんなもので自分の周りをカバーして、誰も寄せ付けず、ガードを作る鈴次郎に、儚という、生まれて初めて自分のことを好きだと言ってくれて、寄ってきて、抱きついてくれる存在が現れた。でも、そのガードが固すぎで信じられないんです。鈴次郎に過去の苦しみがあるからこそ、儚の純粋な愛でさえも、また鈴次郎のガードを固めてしまう。物語の最後に、儚の言葉や顔を思い返して、覆い被さった黒いガムテープみたいな粘着質なものをすっと溶かして気付く。人が気付く時って、すごいことだなと、この台本を読んで思うようになりました。それに気付けたのは、自分にとっても人として「いいものを知れた」と思っています。

鈴次郎の純粋さと、まっすぐな儚の愛が、こんなにも純粋なものを生むんだよ、それをみんな忘れているよと、その気付きを皆さんに知っていただけたら、この作品をやる意味はあると思います。こういう鬱蒼としている、何かあったら引きずり降ろそうとする見苦しい世の中から、その気付きがひとつ人生の中で増えるだけでハッピーになるかなと思います。お客さんがこの作品を観られてよかったという気付きも得られるように届けることが、僕らの使命だと思います。「気付くこと」が、この作品を読んで思ったことですね。

――儚に出会っていなければ、大事なことに気付かないわけですものね。もしかしたら博打に勝ち続けたら、人生がそのままだったかもしれませんね。

そうですね。それさえ知らなければ、そのままでいけていたものを、途中で揺さぶられている自分に気付き、「お前はもうだめだ」とまた改めて気付く。このうねりと言いますか、すごく波のある人生ですが、やはりその「気付き」がひびきます。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、共演する原田優一さんについて、コメディからシリアスの幅が大きい演出になっていること、ご自身のこれまでの出演作品を振り返って、これから目指すものなどについて話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■楽しみにしているのは、原田優一さんのメドレー。実際に稽古場で見て、面白すぎ

■20代後半ぐらいから、幅を広げて濃くして。そこをちゃんとやっていかないと

■客席に座ってセットを見て、照明、音、空気感だったり…、やっぱり舞台が好き

■本当に儚い『いとしの儚』。来てくださるありがたみを感じ、精一杯の演劇を

<舞台『いとしの儚』>
【東京公演】2021年10月6日(水)~10月17日(日) 六本木トリコロールシアター
公式サイト:
https://le-himawari.co.jp/releases/view/00956

<スタッフ・キャストなど>
作:横内謙介
演出:石丸さち子
出演:鳥越裕貴、鎌滝恵利、辻本祐樹、中村龍介、原田優一、久ヶ沢徹

<チケット>
全席指定8,800円(税込)
イープラス: 
https://eplus.jp/sf/detail/3473520001
ぴあ:
https://w.pia.jp/t/hakana2021/
問い合わせ:
info@le-himawari.co.jp
主催:る・ひまわり
https://le-himawari.co.jp/

<関連リンク>
鳥越裕貴 公式サイト:
https://torigoeyuki.com/
鳥越裕貴 Twitter:
https://twitter.com/torippiyo2
六本木トリコロールシアター 公式サイト:
http://tricolore-theater.com/

『いとしの儚』 関連記事:

⇒すべて見る

鳥越裕貴 関連記事:

⇒すべて見る

辻本祐樹 関連記事:

⇒すべて見る

原田優一 関連記事:

⇒すべて見る

※鳥越裕貴さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは11月5日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

鳥越裕貴さん=撮影・岩村美佳
鳥越裕貴さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. はるみ より:

    前半、後半と読み応えたっぷりな胸が熱くなるインタビューをありがとうございました。聞いてみたかったことや知りたかったことで、何度も読み返しています。演劇愛あふれる魅力的な鳥越くんの想いを知れて嬉しかったです。いとしの儚を劇場へ観に行く予定なのでワクワクが高まりました。なかなか劇場へ足を運べない今だからこそ、改めて感謝をもって精一杯受け取ろうと思いました。またアイデアニュースさんで鳥越くんの記事が読みたいです。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.