彩凪翔ら出演の『アプローズ』~夢十夜~、9月23日から兵庫公演&9月25日に配信 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

彩凪翔ら出演の『アプローズ』~夢十夜~、9月23日から兵庫公演&9月25日に配信

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2021年9月20日

阪急阪神ホールディングスグループの1つとして2020年4月に設立された「株式会社タカラヅカ・ライブ・ネクスト」の旗揚げ公演で、2021年4月に宝塚歌劇団を退団した彩凪翔さんの退団後初の主演舞台作品、The Beginning of TAKARAZUKA LIVE NEXT!!『アプローズ』~夢十夜~が、2021年9月8日から9月9日まで東京の日本青年館ホールで上演され(スペシャルゲスト:彩輝なおさん)、9月23日(木・祝)からは兵庫の宝塚バウホールで9月26日(日)まで上演されます(スペシャルゲスト:水夏希さん)。9月25日(土)16:00公演はライブ配信されます。アイデアニュースでは、8月16日と17日に彩凪翔さんのインタビュー上下を掲載し、9月9日に公開舞台稽古の動画を掲載しましたが、さらにテキストと画像によるレポートで、『アプローズ』~夢十夜~を紹介します。

「The Beginning of TAKARAZUKA LIVE NEXT!!『アプローズ』~夢十夜~」公開舞台稽古より=撮影・伊藤華織
「The Beginning of TAKARAZUKA LIVE NEXT!!『アプローズ』~夢十夜~」公開舞台稽古より=撮影・伊藤華織

このステージの主人公は、舞台に夢見る若者「翔」。19世紀初頭に開場した古いオペラハウス「アプローズ座」を訪れた翔は、劇場の眠っていた時間を目覚めさせ、夢追い人たちの魂に出会うのでした。夢見る者たちが出会うとき、そこには情熱が生まれます。そして、新たな夢を呼び覚まします。

時には、心にそっとしまい込んでいた夢を再び蘇らせることでしょう。もしかすると夢とは、たとえ個人的なものに思えて孤独なような気がしていても、その気持ちを抱くだけで、多くの人と繋がれるものなのかもしれません。「私の夢」という思いは、これまでに出会った多くの人の夢によって支えられているような気がします。

あるいは、叶えられなかった人の夢をも含んでいるのではないでしょうか。翔と夢追い人たちの「夢十夜」に、そして、多くのファンの夢が乗せられた彩凪翔さんの新たなステージの始まりにアプローズ=喝采を送りながら、自分の中にも新たな夢が生まれ、眠ってしまっていた夢が目覚めたかのような幸福感を覚えました。

※こちらは東京公演開幕時の彩凪翔さんと、作・演出の三木章雄さんのコメントです。

<彩凪翔コメント>
宝塚歌劇団を卒業して5ヶ月ほど経ちました。私自身にとっては新たな冒険であり、タカラヅカ・ライブ・ネクストの旗揚げ公演でもあり、主演させていただくことを大変光栄に思うと共に責任を感じています。新しいことを始める時、新しい作品に挑む時は、いつも必ず試行錯誤します。今回の作品は、これまでとは違った環境で、お衣裳や魅せ方、色々なことを出演者全員で相談して作り上げた大切な作品となりました。出演者一人一人の素晴らしいパフォーマンスをご覧いただいて、明日への希望を感じ、明るい気持ちになっていただけたら嬉しいです。最高のメンバー、最高のスペシャルゲスト、そして最高の生演奏でお届けいたします。楽しみにしていただいているお客様に、素敵な時間をお届け出来るよう、心を込めて演じさせていただきます。

<作・演出 三木章雄コメント>
「アプローズ」は、タカラヅカ・ライブ・ネクストの旗揚げ公演として、彩凪翔を中心にした8人の卒業生と、ゲストの元トップスター彩輝なおを日本青年館ホールに、水夏希を宝塚バウホールに迎えて贈る小さなミュージカルショーです。卒業生たちに新たな一歩を踏み出す場所と機会を提供するという理念のタカラヅカ・ライブ・ネクストの誕生ということを踏まえた物語はやはり、夢を追う!がテーマです。19世紀初頭から続く古いオペラハウスを舞台に、長い旅の末、そこにたどり着いたスターになる夢を抱く若者 翔と、彼を迎える200年間愛する舞台に棲みつき見果てぬ夢を見続ける「夢見るものたち」が出会い、互いに競演し稽古し切磋琢磨し、信頼関係を築くまでの、十夜のエピソードをショーアップしてお目にかけるものです。夢と野心に燃えて劇場に現れる若者 翔は彩凪翔。夢に生きるナイーブでエネルギッシュな姿は正に彼女がタカラヅカで生きて来た軌跡に重なります。バークレーに学んだジャズピアニスト栗山梢の音楽、ドイツで研鑽を重ねたコンテンポラリーの森優貴の振付。宝塚歌劇出身者に新たな光を与えるスタッフを得て、彼女たちの新生面を御目にかけるステージになればと。タカラヅカも、ライブも、ネクストも、皆様には見えたのでしょうか? アプローズを!よろしくお願いいたします。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、彩凪翔さんが「幸福の王子」のツバメ役を演じたシーンについて、スペシャルゲストの彩輝なおさんとの共演シーンについて、また共演キャストの皆さんとのシーンの様子などについて紹介したルポの全文と写真を掲載しています。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■「幸福の王子」でのツバメ役。夢追い人たちが応援し「ツバメのように青空へ!」と

■夢見ることの大切さ、夢に向き合う尊さを教えてくれた、彩輝なおとの共演シーン

■音花ゆり、貴千碧、透水さらさ、風馬翔、星乃あんり、笙乃茅桜、星吹彩翔、見どころ山盛り

■タカラヅカに、ライブに、ネクストに。彩凪翔の夢十夜のその先に。心からのアプローズを

<The Beginning of TAKARAZUKA LIVE NEXT!!『アプローズ』~夢十夜~>
【東京公演】2021年9月8日(水)~9月9日(木)(スペシャルゲスト:彩輝なお) 日本青年館ホール(この公演は終了しています)
【兵庫公演】2021年9月23日(木・祝)~9月26日(日)(スペシャルゲスト:水夏希) 宝塚バウホール
公式サイト:
https://www.takarazuka-live-next.co.jp/stage/2021/applause/

<ライブ配信>
【日時】2021年9月25日(土)16:00公演(スペシャルゲスト:水夏希)
https://www.takarazuka-live-next.co.jp/system/information/11
※アフタートークショー(彩凪翔、音花ゆり、透水さらさ MC:星乃あんり)あり。アーカイブ配信なし
配信チケット:
ライブ配信視聴券:4,000円(税込)⇒[Go Toイベント]適用で3,200円
公演パンフレット郵送サービス付きライブ配信視聴券:5,500円(税込)⇒[Go Toイベント]適用で4,400円
視聴チケット購入ページ:PIA LIVE STREAM(ぴあ)https://t.pia.jp/pia/events/pialivestream-userguide

<キャスト>
彩凪翔
音花ゆり、貴千碧、透水さらさ、風馬翔、星乃あんり
Guest:笙乃茅桜、星吹彩翔
Special Guest:彩輝なお(日本青年館ホール公演)、水夏希(宝塚バウホール公演)

<スタッフ>
作・演出:三木章雄
音楽:栗山梢
振付:森優貴、風馬翔
美術:大橋泰弘
衣装:大津美希
照明:氷谷信雄
音響:遠藤充
歌唱指導:彩華千鶴
舞台監督:中倉康次
協力:宝塚歌劇団
主催:タカラヅカ・ライブ・ネクスト/梅田芸術劇場

彩凪翔 関連記事:

⇒すべて見る

水夏希 関連記事:

⇒すべて見る

「The Beginning of TAKARAZUKA LIVE NEXT!!『アプローズ』~夢十夜~」公開舞台稽古より=撮影・伊藤華織
「The Beginning of TAKARAZUKA LIVE NEXT!!『アプローズ』~夢十夜~」公開舞台稽古より=撮影・伊藤華織

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) ライター 広告制作会社に入社し、コピーライターとしてキャリアをスタート。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成。現在は、ベンチャー企業で広報を担当している。さまざまなフィールドに立ってきたが、共通するのは「誰かや何かの魅力を伝える」こと。趣味は、舞台鑑賞や美術館巡り。作品はもちろん、そこに携わる方々の魅力を伝えたいという思いで、ライターに。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. はるな より:

    バウ公演を2回観劇することができました。
    タカラヅカ・ライブ・ネクスト様の旗揚げ公演で主演という大役を、彩凪翔さんが「翔」という役を通して務めていらっしゃる姿にグッときました。歌・ダンス・お芝居を通して「夢を創る者」としての姿を感じることができました。
    キャストの皆様も実力派揃いで、歌にダンスに見所がたくさんでした。
    翔くんのこれからの活躍と、タカラヅカ・ライブ・ネクスト様による公演が楽しみです!

  2. さささ より:

    バウホールの6公演を劇場で、1公演を配信で観ました。
    4月以来のキラキラした翔くんの男役にときめきました。懐かしさと同時に芝居もダンスも歌も毎日更新してくる姿に感動しました。そして新しい男役とも違う柔らかい表情もかいま見ることができました。水さんの後輩への愛情を感じました。
    そして、出演者のパフォーマンスの高さとチームワークの素晴らしさに、魅せられました。感謝をお伝えしたいです。翔くん始めみなさんの未来に幸あれです。

最近の記事

■ 2021年10月掲載分
■ 2021年9月掲載分
■ 2021年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.