私の片づけ方法(2) 汚れやすい水回り、すぐ拭けるように物を置かない | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

私の片づけ方法(2) 汚れやすい水回り、すぐ拭けるように物を置かない

筆者: きた あつこ 更新日: 2015年11月30日

 

「私の片づけ」2回目は、キッチン、お風呂、洗面所などの水回りです。1番家の中で汚れやすい水回り。毎日使うところだから、なかなか片づきませんよね。でも、お役立ちの掃除道具とちょっとした工夫で、なるべく簡単にお掃除お片づけしましょう!

 

キッチンの見える場所には、物を置かない

 

キッチンは油が飛んだり水がはねたり、汚れやすく掃除も大変な場所なので、物は見えるところに出さず、全てしまえるようにします。そうすることで、すぐに拭けるので、汚れた時にすぐに掃除でき、キレイに保てます。

 

物を置かないように心がけているキッチン

物を置かないように心がけているキッチン

 

水回りにある小物もやはり「定位置」を決めます。ラップ、しゃもじ、おたま、菜箸など、キッチンには色んな道具があると思います。引き出しの底には不要なカレンダーや包装紙などで汚れたら取り換えられるように紙を敷きます。引き出しの底に合わせて折ったり切ったりして敷くだけで、意外と汚れるキッチンの引き出しの中のお掃除が楽になります。汚れたら捨て、新しいものに交換します。キッチン小物は厚紙のお菓子の箱などで仕切りを作ります。自分で作るのが1番ピッタリ、引き出しを有効活用できます。引き出しの中や見えない所は、手づくりの仕切りで良いと思います。

 

定位置を決め仕切りをつけた、キッチン引き出し

定位置を決め仕切りをつけた、キッチン引き出し

 

掃除道具は必要な各場所に備え付ける

 

水まわりのお掃除に便利なもの、下記の写真に入れ忘れてしまいましたが、キッチンペーパー、そして写真のアルコール除菌スプレー、電解水、キッチン泡ハイター、メラミンスポンジ、そして、お役立ちの使用済み歯ブラシ。歯ブラシを新しいものに交換する時、古いものは捨てずに置いておきます。私はキッチンに1本、お風呂場に1本は必ず置くようにしています。その歯ブラシで、キッチンの蛇口近くなどの細かいところを掃除します。蛇口の付け根などのお掃除は歯ブラシが便利で、汚くなっても惜しくなくすぐに捨てられます。食器洗いスポンジも台ふきんも、捨てる前に大活用して捨てましょう。食器洗いスポンジを捨てる前に、排水溝の掃除に使ったり、台ふきんも窓を拭いたり、玄関先を拭いたり、サンを掃除したりして捨てます。基本、掃除用品は特別なものは使わないようにしています。汚れてしまう掃除道具を増やすと、その汚れた道具の置き場所に困るからです。そして、掃除道具は1か所にまとめず、必要な各場所に備え付けて、気になった時にすぐに掃除できるようにしましょう。それだけで、気になった「その時」に行動に移せます。

 

お役立ち掃除グッズたち

お役立ち掃除グッズたち

 

「電解水」は水を電気分解してアルカリ水と酸性水に分けたアルカリ水のことで、界面活性剤を使用していないので、キッチン周りで使っても安心。ホコリがベトッとしていても、手垢が気になるスイッチ、リモコン、受話器などのプラスチック製品を軽くきれいにすることができます。子供の筆箱などもきれいになりますよ。「アルコール除菌スプレー」は、トイレとキッチンに常備していて、トイレ掃除は基本アルコール除菌スプレーでトイレットペーパーやキッチンペーパーを使って床や壁、便座などを掃除しています。

 

水垢落とし「茂木和也(もてぎかずや)200ml 2036円

水垢落とし「茂木和也(もてぎかずや)200ml 2036円

 

どうしてもお風呂場の鏡が気になって、ネットで購入したのはお風呂の水垢落としでちょっと有名になっている「茂木和哉」。すごくインパクトがある名前ですね。確かに、お風呂場の鏡がきれいになりました。爽やかな湿布のような匂いで使いやすいです。少し高いので、お風呂場の鏡だけに使っていますが、フライパンの裏やステンレス鍋もキレイに磨けました。

 

————————————-

 

ここから先は、アイデアニュースの有料会員(月額300円)だけが読める部分となります。有料会員になると、「有料会員向け記事」を含む全文が過去記事も含めてお読みいただけるようになります。

 

<有料会員向け部分の内容紹介>
■この先には、お風呂のお掃除、パントリー的に使っているキッチン収納、洗面台収納の実例と、私がお取り寄せしている「甘めで濃い神戸のお醤油」もご紹介しています。

 

有料会員(月額300円)登録は  ⇒こちら

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> きた あつこ/アイデアニュース編集部で1番フツーな人。2人の女のコのママ。サザエさんのタマに似ていると言われる。いろんなことに興味津々で、ちょっと楽しい、ちょっと知りたい情報をHAPPYと共にお届けできるよう、常にウロウロ、常にキョロキョロすることが元気の源。⇒きた あつこさんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.