私の片づけ方法(9) 洗濯機の排水溝 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

私の片づけ方法(9) 洗濯機の排水溝

筆者: きた あつこ 更新日: 2016年3月16日

 

6年前にドラム式の洗濯機になって、上の乾燥フィルターと下の排水フィルタのゴミ取りはこまめにお掃除してたのですが、ある時、洗濯機パン(洗濯機下の置き場)が濡れていることがあり、よくよく注意していると洗濯時に排水溝から水があふれていることがわかりました。それから気になった時1~2か月に1回は、排水溝のお掃除をしています。マンションなどにお住まいの方は、1年に1度業者が掃除してくれるところもあるようですが、自分でお掃除の方法がわかっていれば、万が一排水溝があふれた時も、匂いが気になる時も大丈夫!今回は、洗濯機の排水溝のお掃除方法をご紹介します。

 

1、毎日~1週間に1度のお掃除、排気フィルターのゴミ取り

 

600_DSCF4225

我が家のドラム式洗濯機、右上に乾燥フィルター=撮影・きたあつこ

 

このようなホコリが付きますので、私はブラシ付きの掃除機で吸い取ります。

 

600_DSCF4226

乾燥フィルター内部=撮影・きたあつこ

 

2、毎日~1週間に1度のお掃除、排水フィルターのゴミ取り

 

600_DSCF4227

右下に排水フィルター=撮影・きたあつこ

 

使い古しの歯ブラシなどでゴミを取ります。

 

600_DSCF4228

右下の排水フィルターを引き出したところ=撮影・きたあつこ

 

忘れてはいけないのが、本体部分。これも使い古しの歯ブラシでしっかりお掃除します。

 

600_DSCF4229

排水フィルター内部(汚れは2か月分くらい)=撮影・きたあつこ

 

3、さぁ、ここから本題の排水溝のお掃除のスタート!まずは排水溝がしっかり見えるように、洗濯機を移動させる。ココが1番の面倒な点だと思います。私は、毎回移動させるのがイヤなので、常に排水溝が見えるように洗濯機を設置しています。排水ホースをゆっくりはずします。排水が残っていることもありますので注意してください。水が出てきたら、排水溝に流したら良いですので慌てないでください。

 

600_DSCF4230

排水ホースを外したところ=撮影・きたあつこ

 

最初の網のふたは、持ち上げるだけで外れます。

 

600_DSCF4232

網を持ち上げて外したところ=撮影・きたあつこ

 

中央にパイプ、その回りに90度ごとにチョボ(突起)がありますが、このチョボ(突起)を左回りに回します。すると、中央のホースごと持ちあがります。

 

600_DSCF4239

網を持ち上げて外したところ、次はホース周りにあるチョボ(突起)を反時計回りに=撮影・きたあつこ

 

2か月ほど置いておいてこの状態です。ぬるっとしてます。

 

600_DSCF4233

網と、2つセットの部品を外したところ=撮影・きたあつこ

 

この最後の小さなバケツのようなものは持ち上げると外れます。

 

600_DSCF4237

最後バケツのようなもの=撮影・きたあつこ

 

これを綺麗に磨きます。汚れがひどい場合はハイターなども使ってみてください。

 

600_DSCF4234

パーツを全て外しました=撮影・きたあつこ

 

今回は、使用済み歯ブラシだけで磨いてみました。

 

600_DSCF4235

パーツを洗いました=撮影・きたあつこ

 

排水管には洗浄剤を1つ入れておきました

 

600_DSCF4236

家にあった排水管用の洗浄剤=撮影・きたあつこ

 

ここまでできたら、あとは逆にはめていくだけ。

 

  • 1、小さなバケツのようなものをはめる
    2、90度ごとにチョボ(突起)のあるものとパイプをセットし、2つまとめてはめたら、右回り(時計周り)に回して固定
    3、網を上から置く
    4、ホースを差し込む

 

そして最後に大事なこと。「排水溝にコップ1杯分の水を流す」この水で、排水溝から上がってくる排水の匂いを防いでくれるそうなので、忘れずに水を注いでください。

 

600_DSCF4240

最後にコップ1杯の水=撮影・きたあつこ

 

ちょっとスッキリしましたでしょうか?洗濯槽の掃除も合わせてやってみてくださいね。

 

————————————-

 

ここから先は、アイデアニュースの有料会員(月額300円)だけが読める部分となります。有料会員になると、「有料会員向け記事」を含む全文が過去記事も含めてお読みいただけるようになります。

 

<有料会員向け部分の内容紹介>
■洗濯機の振動音が108円で軽減
■電磁調理器の焦げ付きを簡単に取る方法

 

有料会員(月額300円)登録は  ⇒こちら

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> きた あつこ/アイデアニュース編集部で1番フツーな人。2人の女のコのママ。サザエさんのタマに似ていると言われる。いろんなことに興味津々で、ちょっと楽しい、ちょっと知りたい情報をHAPPYと共にお届けできるよう、常にウロウロ、常にキョロキョロすることが元気の源。⇒きた あつこさんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2018年2月掲載分
■ 2018年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.