指談の新しい本、かっこちゃん&順子さんの「指談で開く言葉の扉」が出ました | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

指談の新しい本、かっこちゃん&順子さんの「指談で開く言葉の扉」が出ました

筆者: 松中みどり 更新日: 2015年11月12日

 

アイデアニュースではおなじみになった“かっこちゃん”こと山元加津子さんと、白雪姫プロジェクトを広める活動を続けている“じゅんこさん”こと牧野順子さんが、新しい本を出しました。「指談で開く言葉の扉」です。心身障がいがある人、意識傷がいなどのため言葉が出せない人、どんな人にも思いがあるのだということを繰り返し伝えてこられたかっこちゃんとじゅんこさんの本を読んで、その思いを読み取る方法は、「オーダーメード」、人の数だけあるのだということがよく分かりました。レッツチャットやコンピュータを使う、あかさたなスキャン、まばたきなど体の動かせるところを使う、そして指筆談。この本では、そこからまた新しい扉が開かれて、文字を知らなかった人の思いをも感じ取れるということが書かれています。

 

新しい本「指談で開く言葉の扉」

新しい本「指談で開く言葉の扉」

 

その人に意思があり、言葉があると思っていなければ、例えば「寒いですか?」「暖房つけましょうか?」というような簡単なことも問いかけませんよね。本人が〇と言っていることが分かるだけで、世界は大きく変わります。今ではたくさんの当事者の方が、ご家族や友人や仲間と指談で話をされ、幸せな笑顔が生まれています。

 

かっこちゃんはこの本の中で、「私の考える指談のしくみ」という章を担当。これまで出会ってきた特別支援学校で出逢った自閉症の子どもたちを「脳幹を活発にすることが上手=宇宙とつながることが上手」と表現しています。花は教えられなくてもいつ咲くかを知っているように、毛虫は教えられなくてもいつ蝶になるかを知っているように、人もまた、教えられなくてもすべてのことを生まれた時から知っている。それは脳幹を活発にすることで働きだす仕組みだとかっこちゃんは考えています。体をゆらす、飛ぶ、回る、そうした自閉症の子どもさんがよくやることや、断食する、瞑想する、祈る、そうした行為を通して、私たちは自分という個人の中にある、より大きな何かにつながりやすくなる。指先に気持ちを集中させて、相手の言葉を読み取ろうとする行為も、脳幹を活発にするのだと、かっこちゃんは言います。だから、一文字一文字を読みとっていた指談から、文字を知らないはずの小さな子どもたちの思いが伝わってくるような、一見不思議なことも起き始めています。これは指談から生まれてきた、素敵な新しいコミュニケーションの方法なのかもしれません。

 

言葉を話さない犬や猫だって、大切な家族の一員として一緒に時間を過ごせば、こちらの思いをくみ取っているとしか思えない行動をとりますよね。我が家の飼い猫が何を言っているのか、私には分かります。だとすれば、人の思いがくみ取れることはそれほど不思議なことではないでしょう。まだまだ、常識とはかけ離れたコミュニケーションの方法なので、誤解や混乱が生じることもあるでしょうが、ぜひ講演会やワークショップなどで、実際に練習したり、指談の本を手に取ってじっくり読んでみたりして指談に触れていただきたいです。ひとりでも多くの人に正しい情報が伝わることを期待して、この新しい本を紹介いたします。大切なのは、誰もが思いを持っているということを、みんなが理解することであり、「あなたの思いが知りたいのです」と寄り添う心だと感じました。

 

新しい本「指談で開く言葉の扉」より

新しい本「指談で開く言葉の扉」より

 

じゅんこさんは「指談の実際」という後半ページを担当。長年お稽古をされてきた合氣道を通して見えない氣を感じることが、指先に伝わる小さな動きを感じるセンサーを開くことに役立つのではと考えています。それで、指談の練習をする前に、合氣道のエッセンスを取り入れたワークを取り入れていますが、そのやり方も本の中で解説されています。合氣道を知らなくても、心と体をリラックスさせ、相手のことも自分のことも大切な存在だと思ってやれば誰もが出来る、楽しい指談お稽古の準備方法です。

 

  • 「指談で開く言葉の扉」
    わたしの考える指談のしくみ…山元加津子 / 指談の実際 まきのじゅんこ
    1冊500円(10冊以上だと一冊400円)
    お申し込みは下記の事務所まで
    山元加津子事務局 小林正樹
    〒437-0013 静岡県袋井市新屋2-3-30 (株)ケイシーシー経営研究所内
    TEL:0538-42-9051 FAX:0538-42-9968 e-mail symphony☆mbe.nifty.com (☆を@に変えて下さい)

 

<関連リンク>

白雪姫プロジェクトのページ →http://shirayukihime-project.net/

指談でお話しましょう! → http://snow.citylife-new.com/

情報ブログーあなたと話せる日のために → http://blog.livedoor.jp/ryouhei0969-kakkochanto/

 

<アイデアニュース内の関連記事>

指談の新しい本、かっこちゃん&順子さんの「指談で開く言葉の扉」が出ました → https://ideanews.jp/archives/11961

自分の思いが伝わると人はどんどん変わってゆく、「指談・筆談」の現場から →https://ideanews.jp/archives/8508

書評:「体当たり白雪姫と指筆談のこと」 優さんと良平君の思い →https://ideanews.jp/archives/4201

「意識がない」と思われてきた人の意思を伝える白雪姫プロジェクト、指談実演 →https://ideanews.jp/archives/1900

「大切な花を心にひとつ」 かっこちゃんの「星の王子さま」のひみつ →https://ideanews.jp/archives/1837

 

———————————

 

<アイデアニュース有料会員向けコンテンツ>

 

全ては柴田保之先生から始まりました

 

関西の白雪隊での一コマ

 

絵を担当したのは加賀谷和之さん 

 

指談をしていく上で気をつけてほしいこと(山元加津子さんより)

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>松中みどり(まつなか・みどり) フィリピン支援ボランティア/英語講師/ライター 初めて行った外国がフィリピンで、以来かの国の人々の明るさ温かさに魅せられ、様々なNGOや支援活動に関わる。1994年からは山岳先住民アエタの教育支援主宰。コミュニケーションツールとしての英語を各地で教えている。動物好きの自称「ケモノバカ」。飼い猫は黒猫で親バカ度も加速中。 ⇒松中みどりさんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の記事

■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.