「意識がない」と思われてきた人の意思を伝える白雪姫プロジェクト、指談実演 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 Q&A

会員登録バナー

「意識がない」と思われてきた人の意思を伝える白雪姫プロジェクト、指談実演

筆者: 橋本正人 更新日: 2015年4月11日

 

 

病気や事故のために意識が無い「植物状態」と言われてきた人たちが意思を伝えられるようになるための支援活動をしている「白雪姫プロジェクト」。この活動の中心になっている元特別支援学校教諭の山元加津子さんの講演会が、2015年4月11日、大阪市北区の大淀コミュニティーセンターで開かれました。講演の後半には、指のかすかな動きを使って意思を伝える「指談」の実演も行われました。(取材・撮影、橋本正人)

 

この催しは、ボクシングを通して「白雪姫プロジェクト」を応援している田中雅晴さんが主催して開いたもので、講演会の冒頭では、田中さんが山元さんと知り合うきっかけになった「般若心経」についてのエピソードも披露されました。

 

般若心経について説明する山元加津子さん

般若心経について説明する山元加津子さん

 

山元さんは、般若心経のなかの「色即是空」について「すべてのものは空(くう)でできているという考えですが、わたしはすべてのものというのは遺伝子=DNAからできていて、そのDNA情報には重さがないということが空ということなのだと思います。宇宙にとっては自分は1つの細胞。だから自分はどんな役割をすべきか、心の耳を澄ませば、自分の役割はわかるはずなんです」と説明。「世の中には悲しいこともいっぱいあるけれど、それはいつも、いいことのためになるから、全部大丈夫」ということが般若心経には書かれていると解説しました。

 

 

山元さんは、特別支援学校での長年の教諭の経験から「脳幹を活発にすれば脳は回復する」と考えており、同僚の宮田俊也さんが脳幹出血で倒れた時は「一生『植物状態』で、意識も戻りません」と言われたけれども、回復を信じて支え続け、宮田さんが目を開き、意思を伝え、支えられて立つまでに回復した経験を説明しました。

 

宮田俊也さんの脳幹出血の状況について説明する山元加津子さん

宮田俊也さんの脳幹出血の状況について説明する山元加津子さん

 

後半の「指談実演」では、神戸市内に住む、小学校3年生の木津陽葵(ひなた)さんが、母親の美沙さんと一緒に登壇。陽葵さんは脳性麻痺などで、はっきりと話すことはできない状態ですが、大阪・茨木市内の牧野順子さんが、かすかな指の動き読み取って会話する「指談」で陽葵さんの思いを読み上げました。

 

左から木津美沙さん、木津陽葵さん、牧野順子さん

左から木津美沙さん、木津陽葵さん、牧野順子さん

 

「陽葵ちゃんは最近、ずいぶん上手に歩けるようになったけれど、なにか教えてもらったこととかあるんですか?」と牧野さんが聞くと、陽葵さんは指を動かして会話。「みんなと同じように歩けるなら、やりたいと思っています。言葉が出せるくらいなら、歩く方が簡単と、ふっと気が付いたことがありました。それで、お母さんに気持ちを言うと支えてくれるし、練習時間も増えたよ。そしたらいっぱい歩けるようになったよ。秘密は、ない」と答えました。この後、母親の美沙さんも指談で陽葵さんとの会話を披露しました。

 

————————–

 

<関連リンク>

 

白雪姫プロジェクトのページ →http://shirayukihime-project.net/

 

指談の練習の仕方 →http://shirayukihime-project.net/yubi-dan.html

 

<アイデアニュース内の関連記事>

指談の新しい本、かっこちゃん&順子さんの「指談で開く言葉の扉」が出ました → https://ideanews.jp/archives/11961

自分の思いが伝わると人はどんどん変わってゆく、「指談・筆談」の現場から →https://ideanews.jp/archives/8508

書評:「体当たり白雪姫と指筆談のこと」 優さんと良平君の思い →https://ideanews.jp/archives/4201

「意識がない」と思われてきた人の意思を伝える白雪姫プロジェクト、指談実演 →https://ideanews.jp/archives/1900

「大切な花を心にひとつ」 かっこちゃんの「星の王子さま」のひみつ →https://ideanews.jp/archives/1837

 
————————–

 

<アイデアニュース有料会員向け記事部分>

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>橋本正人(はしもと・まさと) 1986年、産経新聞社入社。写真部員をへて記者となり、兵庫県警捜査一課などを取材。1990年、朝日新聞社に移り、宝塚歌劇を扱う「朝日新聞デジタル・スターファイル」などを担当。2015年、アイデアニュース株式会社を設立し、編集長に。趣味は声楽(テノール)。 ⇒橋本正人さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年12月掲載分
■ 2018年11月掲載分
■ 2018年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.