「ライブではミュージカルナンバーを歌う時間も」、藤岡正明インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「ライブではミュージカルナンバーを歌う時間も」、藤岡正明インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2021年11月20日

今年でデビュー20周年となる、藤岡正明さんの記念ライブツアー『藤岡正明 20th Anniversary  LIVE TOUR 「TERMINAL」』が、2021年11月21日(日)から、博多、東京、大阪、名古屋で開催されます。藤岡正明さんのインタビュー後半です。俳優としての活動、動画配信にまつわる想いなどをお話しいただきました。

藤岡正明さん=撮影・NORI
藤岡正明さん=撮影・NORI

――藤岡マリウスの「Cafe song」。先日の鎌倉芸術館で開催された『ミュージカル・ガラ・コンサート』での染み入る歌声に魅了されました。

あれは、オリジナルのキーより全音上げていて、つまり♯2つ上げているんです。オリジナルのキーはAm(Aマイナー)という、ラの短調なんですけれど、僕はシの短調Bm(Bマイナー)っていうキーで歌っていて。「Cafe song」って当時から低くて、だから開放し切れない感じがあって、その開放しきれないところがいいと思っていたんですけれど、コンサートでやる場合、物語的な前後関係が何もないじゃないですか。ないってことはその1曲だけで魅力的に聞いてもらわないと、お客さまが何を見せられてるのかわからなくなる。そういう意味で「少し上げさせてくれ」と言って。だから舞台で聞くときよりも高いキーなので、僕自身もちょうど歌いやすいキーではあるんですよ。

――「言葉にならない」の一音目からスルリと心に忍び込んでくる感じを毎回受けていたんですが、キーの高さという要素が。

あるかもしれないです。あとは舞台でやっていると、どうしても気持ちの方が強くなっていく傾向はあるような気がします。1曲の中で起承転結をつけるときに、よりピアニッシモなところから、言葉を話すようなところから歌い始められるというのは、コンサートの良さかもしれないですね。

――『レ・ミゼラブル』は、その後の再演でも続投されましたね。

再演ものなので、やるからには評価を得たいと思いました。舞台にしても音楽にしても、エンターテインメントを皆さんにお届けしているので、楽しんでもらって「よかった」と思って帰ってもらえないと、悔しいので。そういう意味では、再演に残るということは、それだけの一定の評価をいただいたということなんだろうというのはありました。それを重ねていくうちに、いろんないくつかの作品をやっていく中で、芝居の面白さを知っていったところもありました。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、役者を始めて数年ぐらい経った頃から自分を「俳優です」と言うようになって感じたことや、動画配信にまつわる想いなどについて話してくださったインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■誰かを演じるのが不思議なときがあった。「俳優です」と言うようになって腑に落ちた

■コロナ禍でいろいろ変わりました。カメラや、切り替え用のスイッチャーを買ったり

■撮影機材があれば、コロナ禍でバイトできないに子にバイトしてもらえるかなと

■ライブでは、ミュージカルナンバーをきちんと歌う時間も作ろうと思っています

<藤岡正明 20th Anniversary LIVE TOUR 「TERMINAL」>
【福岡公演】2021年11月21日(日) ROOMS
【東京公演】2021年11月23日(火・祝) 新宿FACE
【大阪公演】2021年12月4日(土) Soap opera classics -Umeda
【愛知公演】2021年12月5日(日) 伏見JAMMIN
チケット:
https://masaaki-fujioka.com/contents/465319
ROOMSアクセス:
https://goo.gl/maps/HFiLuXuaf4znrjPc6
新宿FACEアクセス:
https://shinjuku-face.com/access
Soap opera classics -Umedaアクセス:
http://soarsmusic-soc.jp/access/
伏見JAMMINアクセス:
https://www.nagoya-jammin.com/contact

<関連リンク>
藤岡正明 OFFICIAL SITE:
https://masaaki-fujioka.com/
藤岡正明 Twitter:
https://twitter.com/Tsukune_Toro
藤岡正明 オフィシャルブログ
https://ameblo.jp/fujioka-masaaki/

藤岡正明 関連記事:

⇒すべて見る

※藤岡正明さんの写真とサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2021年12月19日(日)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

藤岡正明さん=撮影・NORI
藤岡正明さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 遠方の友人を誘って観たお芝居との出会いがきっかけで、二次元二次創作界の住人から演劇沼の住人に。ミュージカルからストレートプレイ、狂言ほか、さまざまな作品を観劇するうち、不思議なご縁でライターに。熱っぽく自らの仕事を語る舞台関係者の“熱”に、ワクワクドキドキを感じる日々。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. だいゆ より:

    色々と興味深いお話が聞けて嬉しかったです。何気なく見ていた配信も、試行錯誤があっての事だったんですね。今から聴く新しいアルバムも、明日からのライブツアーも、これからの藤岡くんがとっても楽しみです。

最近の記事

■ 2021年11月掲載分
■ 2021年10月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.