「素朴なほろっとするところに感動」、『メリー・ポピンズ』大貫勇輔(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「素朴なほろっとするところに感動」、『メリー・ポピンズ』大貫勇輔(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年3月16日

ミュージカル『メリー・ポピンズ』が、2022年3月31日(木)から5月8日(日)まで東急シアターオーブで(プレビュー公演あり)、5月20日(金)から6月6日(月)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されます。2018年に日本人キャストで初演された作品の再演です。

原作は、アカデミー賞5部門を受賞したウォルト・ディズニーによる映画『メリー・ポピンズ』のもとにもなった、パメラ・トラバースの小説です。ディズニーとサー・キャメロン・マッキントッシュによって、ミュージカル化されました。たくさんの魔法が仕掛けられた舞台セット、つい口ずさみたくなる「チム・チム・チェリー」「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」などの名曲、そして圧巻のダンスシーンなど、見どころが盛り沢山です。

アイデアニュースでは、キャストの方々にインタビューしました。初演に続いて、バート役を演じる大貫勇輔さんのインタビューを、上、下に分けてお届けします。「上」では、『メリー・ポピンズ』という作品やバート役への思い、ダンサーとしての身体性を活かした表現、大貫さんならではの役作り、歌の難しさについて思うことなどについて話してくださった内容を紹介します。

「下」では、『メリー・ポピンズ』のカンパニーのこと、メリーとバートとの関係性、Wキャストでバートを演じる小野田龍之介さんとの役作りやディスカッションのこと、昨年末から出演されていた『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』のこと、ミュージカルだからこそ起こせる「奇跡」、ご自身がその「奇跡」のようなものを感じたときのことについて話してくださった内容と、お客様へのメッセージを紹介します。

大貫勇輔さん=撮影・岩村美佳
大貫勇輔さん=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは、2月中旬に実施しました)

――初演に続いての『メリー・ポピンズ』ご出演ですね。作品の魅力については、どのように考えていらっしゃいますか?

完璧と言っていいほどの総合エンターテインメントだと思います。素晴らしい振り付け、音楽、脚本、そして舞台セット。でも4年を経た今は、このようなキラキラとした部分ではなくて、素朴なほろっとしたところに感動して、本当に素晴らしい演目なのだなと感じています。

例えば、お父さんのジョージが、お金に困っていると、子どもたちが自分たちのお金を渡すシーンなどです。最初はわがままだった子どもたちが、自分たちの何かを犠牲にして誰かを助けようとするんです。他にも、「星まで手を伸ばすよりも あなたが空へ飛びこめば そこは星空の中」という台詞があって。最初は抽象的なことを言っているのかなと思いましたが、要は考え方ひとつでどんなこともできますし、どんなことも変えることができる、自分次第で何でもできるということなのだなと。このテーマが、作品に一貫して流れているんです。

そういうものが作品に散りばめられていて、音型というか、シーンが移り変わる時のBGM的な音のコードなどがぐっと胸に突き刺さったりします。

――それはある程度土台のある再演だからこそ気付かれたことでしょうか。それとも、今の大貫さんだからこそ思われたことですか?

両方な気がします。4年は短いようで長いですし、いろいろな経験をしました。初演のときは、本当にいっぱいいっぱいでしたから、自分がやることに必死でした。当時は、6ヶ月間を『メリー・ポピンズ』という作品の中で、ひたすらバートとして生きていました。

今、新たに稽古していると、どんどん細胞が思い出してきて、「そうだった。こんな景色だった」ということもあります。でも逆に、知っているからこそ、また違う景色が見えるところもあります。

――今回の再演にあたって、特に大切に考えていらっしゃることは何でしょうか?

今回に限らずなのですが、再演の演目に出させていただく時に、いつも気をつけていることがあります。なるべく思い出さずに、白紙の状態で稽古場に臨むということです。「前はこうやっていたよね」ではなく、僕も、小野田バートや笹本メリーと同じように、初演のつもりで、まっさらな気持ちで。でも、稽古の中でどんどん思い出して気づくことは、大切にしています。

『メリー・ポピンズ』の台詞には、ふとしたものでもすごく含みがあるものが多いので、その一つ一つに実感を持ちたいです。「なぜ、ここでそれを言うのか」という理由を、説得力を持った形で、お客さまにきちんと提示したいと思っています。

あとはメリーを信じて。メリーという大きな木の下で、バートは自由に楽しく動き回る役ですから、お客様との架け橋でもあり、狂言回し的な役割もあります。誰よりも楽しみながら、その責任を担っていきたいと思っています。

――初演を拝見した時に、大貫さんのバートがすごく魅力的で、生き生きしているなと感じました。それまでの大貫さんのイメージとも、また違う印象でしたが、大貫さんご自身は、バートという役を演じるにあたり、どのようなことを考えていらっしゃいますか?

バートは、メリーのサポート役だと思います。バンクス家を変えていくため、メリーが関わった人を変えていくために、メリーがまいた種に、バートが水をあげるというようなイメージです。

「ジョリー・ホリデー」でぱっときらびやかな世界になるのも、この舞台セットの魅力ですが、一方で、いつも曇ったグレーのロンドンの街も忠実に作られていると思うんです。そのグレーの世界に、バートが出てくると、ワントーン明るくなる。そんな存在でいたいなと初演のときから思っています。

――お話を今伺って、初演の時の大貫さんのバートの魅力を、そこに感じたのだなと思いました。

バートは、煙突掃除や絵描き、大道芸人など、いろいろなことをやっており、労働者階級に属する人間なんです。大貫勇輔ができるバートって何だろうと考えたときに、ダンサーとしては、そんな彼が持っている身体のニュアンスを大切にしたいと思いました。

エンターテイナー的なバートも大切にしつつ、優しさや人間味があって、労働者階級の痛みや苦労も感じられるバートでもありたいです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、ダンサーとしての身体性を活かした表現、大貫さんならではの役作り、歌の難しさについて思うことなどについて話してくださった内容など、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。17日掲載予定のインタビュー「下」では、『メリー・ポピンズ』のカンパニーのこと、メリーとバートとの関係性、Wキャストでバートを演じる小野田龍之介さんとの役作りやディスカッションのこと、昨年末から出演されていた『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』のこと、ミュージカルだからこそ起こせる「奇跡」、ご自身がその「奇跡」のようなものを感じたときのことについて話してくださった内容やお客様へのメッセージなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■ダンサーということもあって、台詞を言う時に「役の身体のポジション」を見つける

■何回も台詞を言いながら、しっくり来る「ケンシロウとしての在り方」を探した

■俳優業だけに絞っていた時期もあったが、やはり僕の根っこはダンサーだと思う

■身体は「オートで」バートに。声がブレずに芝居できるよう、歌に向き合っている

<ミュージカル『メリー・ポピンズ』>
【東京公演】プレビュー公演:2022年3月24日(木)~3月30日(水)
本公演:2022年3月31日(木)~5月8日(日) 東急シアターオーブ
【大阪公演】2022年5月20(金)~6月6日(月) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/marypoppins2022/
https://marypoppins2022.jp/

『メリー・ポピンズ』 関連記事:

⇒すべて見る

大貫勇輔 関連記事:

⇒すべて見る

※大貫勇輔さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。この下の応募フォームからご応募ください。応募締め切りは4月16日(土)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、よろしくお願いいたします(このプレゼント募集は終了しました)。また、これとは別に、濱田めぐみさんの写真とサイン色紙に応募された方、ならびに、大貫勇輔さんの写真とサイン色紙に応募された方の中から計3名さまに、「濱田めぐみさん&大貫勇輔さん」のサイン色紙をプレゼントします (このプレゼント募集は終了しました) 。

大貫勇輔さん=撮影・岩村美佳
大貫勇輔さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ぶー より:

    初演の際にちょっとした振り付けだけで何が言いたいのかどういう気持ちなのかがすごく伝わってきました。いつも観てるミュージカルと比べるとこの体験は貴重なんだろうなとダンサーにしかできない身体的な表現に心を奪われました。今回の再演も大貫バートに楽しませてもらってます。有料ページでその謎を語っていただけて嬉しかったです!

  2. みーぽん より:

    メリーポピンズ観劇前に、大貫さんの作品への想いやバート役への向き合い方を知ることができました。4年前の日本初演の際も大貫バートの回を拝見しましたが、今の大貫バートを楽しみにしています!

最近の記事

■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.