「笑うと、心が元気になるよ!」、『モダン・ミリー』、実咲凜音(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「笑うと、心が元気になるよ!」、『モダン・ミリー』、実咲凜音(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年7月1日

ミュージカル『モダン・ミリー』が、2022年9月7日(水)から9月26日(月)まで東京・シアタークリエで、10月1日(土)から10月2日(日)まで大阪・新歌舞伎座で上演されます。1967年公開の同名ミュージカル映画が、約30年を経て楽曲をほぼ一新して舞台化された本作は、2002年にトニー賞作品賞や主演女優賞などを受賞しました。1920年代のニューヨークを舞台に、仕事に恋にと頑張る主人公ミリーを、朝夏まなとさんが演じます。

アイデアニュースでは、ミリーの親友であるミス・ドロシー・ブラウンを演じる、実咲凜音さんにインタビューしました。上、下に分けてお届けします。「上」では、2020年に公演が中止となってしまった時のこと、カンパニーの雰囲気、作品のこと、実咲さんが演じるミス・ドロシー役のことなどについて話してくださった内容を紹介します。「下」では、朝夏まなとさんのこと、ドロシーが歌う曲の音域のこと、退団後に音域を広げるためにトレーニングしていたこと、タップダンスのことなどについて話してくださった内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

実咲凜音さん=撮影・岩村美佳
実咲凜音さん=撮影・岩村美佳

――本作は、2020年には残念ながら開幕直前で上演中止になってしまいましたが、当時の率直な思いをお聞かせください。

2020年の4月は、ちょうど初めての緊急事態宣言の時でした。「悲しい、悔しい、なんでできないの?」というよりは、「仕方ないな」という感覚の方が結構強かったんです。状況が状況でしたから。でも、舞台が無くなる経験は初めてでしたので、「本当に無くなるんだ」って、現実を突きつけられた感情がどっときました。演出の小林香さんが、みんなに送ってくださった手紙の文章も覚えています。「長い延期ということで、またそれぞれ成長して会いましょうね」と書いてくださっていたことが、今回実現して、良かったなと思います。「キャストは、皆さん揃ったのかしら」と最初に気になりました。前回、一緒にお稽古をして開幕直前まで作り上げていましたから……。製作発表の場所で、変わらないメンバーの皆様に会えたのは、本当にホッとしています。

――あの止まった時以来、みなさんが揃ったのは、製作発表ですか?

朝夏さんとは、プライベートでも一緒に観劇にも行かせていただいていますし、お仕事でもお会いしていましたが、他の皆さんとは、それぞれご一緒のお仕事があればという感じでした。「お久しぶりです!」という方が多かったです。

――2020年に作り上げた『モダン・ミリー』のカンパニーはどういう雰囲気でしたか?

小林香さんは、比較的自由にさせてくださった覚えがあります。コメディとして、台本を真剣にやればやる程面白くなる作品なんですよ。だからまずは「台本の通りに、役をどう飲み込むか」と、毎回自分で考えてきたものを、それぞれが披露するという自由な現場でした。ミス・ドロシーはお嬢様育ちでいわゆる「天然」なキャラクターなのですが、この間、久しぶりに台本を読んだり、残っていた映像を見たら、「今の私にできる? こんな、お嬢様を!?」となりました(笑)。やはり2年間というこの時間に、少なからず何かを経験して、歳を重ねて積み重なっている部分もあって、「今、できるかな」とちょっと不安な気持ちに陥った自分もいました。

――ミス・ドロシーの「天然の可愛らしさ」みたいなところでしょうか?

そうです。本当に裕福なお家に育った令嬢の役なので、嫌味のない感じで、純粋さといいますか。

――悪気なく言ってしまうし、行動してしまうというような……。

はい。だから、計算でもないですし、ドロシーとして本当にそう思ってやっているのに、そこがわざとらしく見えてしまうといけないなと。今改めて考えてみると、もう少しこうしたほうがいいかなと思うところなど、自分で客観的に捉えられる部分があります。そういう意味では、今演じさせて頂くことになって良かったのかもしれないと、ポジティブに思えたりもしています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、カンパニーの雰囲気、作品のこと、実咲さんが演じるミス・ドロシー役のことについて話してくださった内容などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。2日掲載予定のインタビュー「下」では、朝夏まなとさんのこと、ドロシーが歌う曲の音域のこと、退団後に音域を広げるためにトレーニングしていたこと、タップダンスのことなどについて話してくださった内容と、お客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■濃いキャラクターばかりの登場人物。「面白みのある役者」だからこその面白さ

■「天然キャラ」なだけではなく、思い切ってもうちょっと濃いめなドロシーを

■初めてご一緒する一路さん。他愛もない会話からの親近感に嬉しいギャップが

予備知識がなくてもゲラゲラ笑って、ハッピーエンド。そこがこの作品の魅力

<ミュージカル『モダン・ミリー』>
【東京公演】2022年9月7日(水)~9月26日(月) シアター・クリエ
【大阪公演】2022年10月1日(土)~10月2日(日) 新歌舞伎座
公式サイト
https://www.tohostage.com/modern_millie/

『モダン・ミリー』 関連記事:

⇒すべて見る

実咲凜音 関連記事:

⇒すべて見る

※実咲凜音さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月1日(月)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

実咲凜音さん=撮影・岩村美佳
実咲凜音さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.