「本読みから、熱量がバシバシと」、『クラウディア』、小栗基裕・平間壮一(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「本読みから、熱量がバシバシと」、『クラウディア』、小栗基裕・平間壮一(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2022年7月2日

岸谷五朗さん・寺脇康文さんが主宰する演劇ユニット「地球ゴージャス」のプロデュースによる音楽劇『クラウディア』が、2022年7月4日(月)から7月24日(日)まで東京建物 Brillia HALLで、2022年7月29日(金)から7月31日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演されます。アイデアニュースでは、毘子蔵(ヒコゾウ)を演じる小栗基裕さんと(廣瀬友祐さんとダブルキャスト)、龍の子を演じる平間壮一さんにインタビューをしました(新原泰佑さんとダブルキャスト)。上、下に分けてお届けします。

上では、お稽古で感じるカンパニーの熱量、本読みの緊張感、岸谷さんの演出のことなどについて話してくださった内容を紹介します。下では、作品の魅力だと感じるところ、作品のテーマについて思うこと、時勢を踏まえながら今それぞれに感じていることなどについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

小栗基裕さん(右)と平間壮一さん(左)=撮影・岩村美佳
小栗基裕さん(右)と平間壮一さん(左)=撮影・岩村美佳

(※このインタビューは5月に実施したものです)

ーーお稽古はどのような状況ですか?

小栗:まだはじまったばかりなのですが、殺陣など、体を動かすことがたくさんあります。ウォーミングアップで、みんなと体操をしたり、マット運動をしたり。もともと体を動かす方が気持ちは楽なので、そこはとても楽しく取り組めていますが、本読みや歌稽古になると、緊張しています。

平間:小栗さんを見ていて、すごく勉強になるなと思うのが、僕は地球ゴージャスの空気が分かっているから合わせにいくお芝居をやってしまうんです。

ーー「ゴージャスっぽくしてしまう」ということですか?

平間:そうです。でも、本を読んだままの小栗さんのピュアで、自分から出てくるものを演じているところを見ると、「これでいいんだ」と勉強になりました。

小栗:へぇ〜。そうなの。

平間:小栗さんの良さがめちゃくちゃ詰まっていました。嫌味がないというか。声の柔らかさや雰囲気など、小栗さんが持っているものがあるので、どんな状況でも、例えばツッコミで強めな言葉を言ったとしても、愛されるキャラクターになります。そこがいいなと思いました。

小栗:「舞台ならではの居方」がきっとあるじゃないですか。そうでないとパワーも後ろの席まで伝わらないですし、そういう熱量をみんな本読みのときからバシバシ持っているんです。「ただお芝居するだけではない」と、圧倒されたところもありました。きちんとお芝居しているなと思ったので、焦りもありましたし、すごく頑張らないとという思いもありました。でも、壮ちゃんにそう言ってもらえると、より頑張ろうと思えて嬉しいです。

平間:一緒にならなくて大丈夫です。絶対に(笑)。

ーー豪華な俳優陣が勢揃いで、地球ゴージャスという色もあるカンパニー。そんな中でこの作品に向き合うにあたり、どのようなことを感じていますか?

平間:とにかく「超熱い現場だな」と思っています。勢いといいますか、中河内(雅貴)さんも「本読みから150%で」と仰っていて、カンパニー全体もそんな熱量があります。五朗さんも、そういうタイプが好きだから巻き込まれるんですが、僕はどちらかというと、内側に熱量を持っているタイプなんです。

小栗:意外。

平間:気持ちはそうなんですが、「よし100本!」みたいな人ではないので、ついていくことを頑張ろうと。

小栗:俺の壮ちゃんのイメージは「150%をやっています」という空気が出ていなくても、勝手に150%出ているみたいな。

平間:嬉しいです。

小栗:一言一言にすごくエネルギーがあるなと感じます。殺陣のときも、無駄な力が入っていなくて、「絶対にこの人強いだろうな」というオーラが出ています。僕は、自分の中で150%を出そうとすると、気持ちは200%位でやって、やっと外には150%が出ているのかなと思う感覚ですが、壮ちゃんは 150%なら150%で、無駄なくやっている気がしてる。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、本読みの緊張感、岸谷さんの演出のことなどインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。3日掲載予定のインタビュー「下」では、作品の魅力だと感じるところ、作品のテーマについて思うこと、時勢を踏まえながら今それぞれに感じていることなどについて伺った内容やお客さまへのメッセージなど、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■小栗:歌うことは好きだけど、人前で歌うとこんなにドキドキするものなのかと

■小栗:本読みで、自分で準備していたのと全然違うことを聞かれて、やばい!と(笑)

■平間:五朗さんは舞台のイメージが明確で、やっている側の気持ちを分かってくださる

■平間:五朗さんの質問攻めを見て、焦った泰佑が「これで合っていますよね?」と

<Daiwa House Special音楽劇『クラウディア』Produced by 地球ゴージャス>
【東京公演】2022年 7月4日(月)~24日(日)東京建物 Brillia HALL
【大阪公演】2022年 7月29日(金)~31日(日)森ノ宮ピロティホール
公式サイト
https://www.claudia2022.com

クラウディア 関連記事:

⇒すべて見る

小栗基裕 関連記事:

⇒すべて見る

平間壮一 関連記事:

⇒すべて見る

※小栗基裕さんと平間壮一さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは8月2日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

小栗基裕さん(左)と平間壮一さん(右)=撮影・岩村美佳
小栗基裕さん(左)と平間壮一さん(右)=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ロコロコ より:

    お二人の関係性も伺えるステキなインタビューでした!
    クラウディアが発表されてから、すごくすごく楽しみにしていて、いよいよ開幕!というところでおふたりの想いを知ることができて嬉しく、益々楽しみになりました!

  2. sao より:

    素敵な記事をありがとうございます。
    平間壮一さんがダンスの師匠と尊敬されている小栗さん。このお二人の対談に触れることが出来、とても嬉しいです!
    互いにリスペクトし合う関係性や稽古場での様子がすごく真摯で熱く、クラウディアが益々楽しみになりました。

  3. まるみ より:

    「クラウディア」に対するお二人の暑い気持ちが凄く伝わりました。本当に楽しみです。どんな小栗さんが観れるのか、楽しみで仕方ないです。平間さんと共演される回も見させて差いただきます。小栗さんの新しい姿を観れる喜びを噛み締めたいです。

  4. MOMO より:

    素敵なインタビュー、ありがとうございます。
    ここから丸々1ヶ月のお稽古を経て、小栗さん、平間さんがそれぞれの役をどんな風に仕上げてこられたのか、舞台に立つお二人をしっかりと目に焼きつけなくては!と思っています。
    小栗さんはWSS season3で初日を迎えることが叶わなかったので、この『クラウディア』では無事開幕を迎えることができて、大千穐楽まで走り抜けられるよう心からお祈りしております!!!

  5. しーに より:

    素敵な記事をありがとうございます。
    有料会員用の平間さんの写真がカッコよすぎで撃ち抜かれました…

    公演中止が相次ぐなか、クラウディアも走り抜けれますよう祈るばかりです。
    (ガイズは1つも観れませんでした)

    カード更新が上手く出来ずストップしていましたが、改めて更新させて頂きました。これからも楽しみに拝読させていただます。

    あと、浦井健治さんの記事も総力的によろしくお願いします!!

  6. ねこらん より:

    真摯にお稽古に挑んでいるお二人の記事を読んで初日が楽しみになりました。小栗さんはダンサーとして拝見したことはあるので、歌や演技も楽しみです。平間さんは争いの場面に出てくる役らしいので、殺陣が楽しみです。

最近の記事

■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.