「二人芝居は、人生に似ているかも」『ダブル・トラブル』、太田基裕(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「二人芝居は、人生に似ているかも」『ダブル・トラブル』、太田基裕(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2022年8月20日

2人のキャストで10人あまりの登場人物を演じるミュージカルコメディ『ダブル・トラブル』~2022 夏 Season C~が、9月5日(月)から9月13日(火)まで東京・自由劇場で、Season Bは、8月16日(火)から8月30日(火)まで東京・有楽町よみうりホールで上演されます。Season Bには、林翔太さんと寺西拓人さんが、Season Cに出演するのは、Season Bの林さんと寺西さんペアと、2021年の公演にも出演した原田優一さんと太田基裕さんペアが出演します。

アイデアニュースでは、ボビー・マーティン役などでSeason Cに出演する太田基裕さんにインタビューしました。インタビューは、上、下に分けてお届けします。「上」では、再演が決まった時の気持ち、初演を振り返っての想い、再演だからこその難しさ、『ダブル・トラブル』を経験してから出演された二人ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』のことなどについて伺った内容を紹介します。「下」では、『ダブル・トラブル』の大変さや魅力、楽しみ方のこと、お客さまへのメッセージ、舞台の本番中に考えていること、役づくりのことなどについて伺った内容と、舞台上だからこその感覚を大切にされているというお話などを紹介します。

太田基裕さん=撮影・NORI
太田基裕さん=撮影・NORI

ーー今回、再演が決まった時のお気持ちはいかがでしたか?

「もう再演できるんだ!」って、すごく嬉しかったです。またあの、いい意味でくだらない二人の世界を楽しめるのだなと思って…。

ーーとても楽しい作品だなと昨年拝見して思いました。昨年は、ちょうどお稽古中にインタビューさせていただきましたが、実際、公演されていかがでしたか?

幕が開くまで、本当に不安でしょうがなかったです。僕自身、初めての二人ミュージカルでしたので、セリフが飛んで舞台が止まったらどうしようとか、不安要素がいっぱいでした。でも、いざ幕が開いてみると、緊張感も含まれた疾走感があって、最後には達成感もありました。

「最後までこの作品を、二人で紡いできたんだ」みたいな。これまでには、味わったことのなかった感覚を得ました。非常に勉強にもなりましたし、心が豊かになる時間を過ごせて、本当に、やらせていただけてよかったと思っています。自己満足になってはいけないと思ってはいるのですが、「二人で作り上げたんだ」という、満足感、多幸感みたいなものも感じました。

ーーいろいろな役を演じられていましたが、特に難しかった役や、チャレンジだけれども楽しかったという役などは、具体的にありましたか?

演じていると、全ての役に愛着が湧いてくるんですよね。ですから、なかなか選びづらいのですが、シーモアというちょっと変わった青年の役があって。彼を演じるときは、結構楽しみながら、自由にできたんじゃないかなという気はします。今回も楽しみながら、どう自由に演じていこうかなと想像しています。

でもやはり、原田さんとも共有できていることなのですが、それぞれのキャラクターが、お客さまに愛されてこそだと思っているんです。お互いが演じるキャラクターひとりひとりに、ちゃんと愛情と愛着を持って役作りをして、お客さまに愛してもらえたらなと思っています。

ーー再演だからこその難しさは、ありそうですか?

あると思います。前回、一つのレールを引けた感じがしているので、そこに沿ってやろうとすると、「辿る」みたいな感じになってしまいそうで。知ってるという感覚でやってしまうと、面白さが半減してしまいそうな気がしています。その辺りを、いかに自分の中で、新鮮に演じていけるか、新たな発見を見出しながら向き合っていけるかが、肝になると思っています。

ーーそうして臨まれる今回、新たなチャレンジなど、楽しみなことはありますか?

今回、劇場が変わるので、また雰囲気も変わるだろうなと思っています。前回は、緊急事態宣言で、公演が中止になったりもしたので、観に来られなかったお客さまも多かったのではと思うので、今回はぜひ、そういう方にも観ていただきたいです。初演を、楽しかったと思ってくださった方は、またワクワクしながら劇場に来ていただけたら、満面の笑みでお出迎えしたいと思っています。

ーー前説があるので、本当にお出迎えしていただく感覚のある公演ですよね。

アットホームな感じで、あったかい時間を過ごせたらいいなと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『ダブル・トラブル』を経験してから出演された二人ミュージカル『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』のことなどについて伺った内容など、インタビュー前半の全文と写真を掲載しています。21日掲載予定のインタビュー「下」では、『ダブル・トラブル』の大変さや魅力、楽しみ方のこと、お客さまへのメッセージ、舞台の本番中に考えていること、役づくりのことなどについて伺った内容と、舞台上だからこその感覚を大切にされているというお話など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■『ダブル・トラブル』を経験したからこその『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』

■『ダブル・トラブル』をなんとか一生懸命やって、公演を終えられたことが自信に

■『ダブル・トラブル』も『ストーリー・オブ・マイ・ライフ』もとても大切な作品

■「ダメさ」も人間らしさ。二人で包み込み合いながら前へ進む作業は、人生のよう

<ミュージカル『ダブル・トラブル』2022夏 SeasonC>
【東京公演】2022年9月5日(月)〜9月13日(火) 自由劇場
公式サイト
https://www.musical-wtrouble.jp

『ダブル・トラブル』 関連記事:

⇒すべて見る

太田基裕 関連記事:

⇒すべて見る

※太田基裕さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月20日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

太田基裕さん=撮影・NORI
太田基裕さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. もも より:

    最近ファンになったばかりの者です♪

    ダブトラ、チケットが手元に届いています♪
    特定の役者さんをお目当てに観劇することは初めてで、とても楽しみです。
    ファンになったばかりのタイミングで、太田さんが演じるいろんな人生のキャラクターをいっぺんに観られるなんて幸せです。

    「人間のあたたかみ」のある作品なんですね♪この脚本だから触れられる太田さんの雰囲気をしっかり堪能したいです、楽しみです!

  2. クラレンス より:

    キャスティングの組合せによって俳優さんの個性が強くでる2人芝居が大好きです。

    初演での原田さん太田さんの掛け合いが大変面白かったので、再演も楽しみにしております。

  3. 良い記事でした より:

    前回は、配信でしか観られませんでしたので、今回こそ劇場で体感したいと思います。無事に幕が上がることをお祈りしています。

  4. ダブトラ早く観たい より:

    ダブルトラブルは初演を観ました。
    【舞台を観た】という感覚になる作品でした。観ている側なのに、一緒に笑い、ハラハラし、ドキドキしながら目でも耳でも楽しめる舞台。この舞台を生で観劇しないのは絶対に後悔すると今も思っています!

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.