「大変さよ、どんと来いという感じ」『ダブル・トラブル』、太田基裕(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 ペット

「大変さよ、どんと来いという感じ」『ダブル・トラブル』、太田基裕(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2022年8月21日

2人のキャストで10人あまりの登場人物を演じるミュージカルコメディ『ダブル・トラブル』~2022 夏 Season C~に、ボビー・マーティンなどの役で出演する、太田基裕さんのインタビュー後編です。「下」では、『ダブル・トラブル』の大変さや魅力、楽しみ方のこと、お客さまへのメッセージ、舞台の本番中に考えていること、役づくりのことなどについて伺った内容と、舞台上だからこその感覚を大切にされているというお話などを紹介します。

太田基裕さん=撮影・NORI
太田基裕さん=撮影・NORI

ーー『ダブル・トラブル』再演にあたって、原田さんとお話はされましたか?

原田さんには絶対的な信頼をおいていますので、今回も存分に甘えさせていただこうと(笑)。前回も、いろいろなことで「弟」として助けていただきながらやらせてもらいました。めちゃくちゃ面白いですし、本当に頼りになるお兄ちゃんという感じで、安心感をくれるので、自分が不安になっていても、「原田さんがいれば大丈夫」って思わせてくれて、非常にありがたかったです。今回も、楽しみながらやれたらいいなと思います。

ーー太田さんと原田さんという、前回に続いての同じ二人であることが、Season Cをご覧になるお客さまも嬉しいのではと思います。

また「あの二人が観られる!」って思ってくださったら嬉しいです。

ーー『ダブル・トラブル』の「大変さ」については、どのように捉えていらっしゃいますか?

結局はその「大変さ」が面白い、みたいなところがある舞台だと思います。前回は、大変であればあるほど面白いのかもしれないなという状態に、最後はなっていました(笑)。早替えひとつとっても、最初はもう「ありえないだろう」って思っていたんです。「こんな早替え、無理だよ」って。でもその、「無理だよ」というボロを出しながらやることの面白さが、作品の面白さや愛らしさに繋がっている気がしたんです。「大変さ」が吉と出る作品だと思います。

ーー確かにそうですね。

なので、「大変さよ、どんと来い」という感じにはなりました。初演の時にはもちろん、いろいろな段取りだったり、流れを覚えたりする作業が、物理的な意味で大変ではありました。でも、一度入れてしまったら、あとは一生懸命、楽しんでやるだけという感じでした。

ーードタバタ感を楽しみながら、観る側も「あ、今、裏でこうなっているのかな?」と想像しても面白そうですね。

足音が聞こえる!みたいな(笑)。「今、走ってるな!」とかですよね。その足音を聞いていただいていいですし、「今、一生懸命着替えているんだ」ということを感じ、想像していただいた方がむしろ楽しめる作品かもしれないなと思っています。実際に、裏で着替えながら、歌ったりもしていましたから。裏を想像しながらという楽しみ方ができる舞台もなかなかないと思います。

ーーキャラクターが、瞬時に変わっていくシーンもありましたよね。

本当に、10秒とかで変わることもありますから。裏のスタッフさんも大変だったんです。ひとつの手を間違えたら、流れが変わってしまう訳ですから。ウィッグを持っておいてくれたり、衣装を脱がしてくれたり、チームプレイなんです。慣れるまでは、裏でもすごい緊張感でしたし、そういう意味では、すごくシビアな作品でもあるんです。でも、楽しめるようになると、本当に楽しい作品でした。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、舞台の本番中に考えていること、役づくりのことなどについて伺った内容と、舞台上だからこその感覚を大切にされているというお話など、インタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■1公演ずつ、みんなと一緒に試行錯誤しながらの『呪術廻戦』。日に日に進化したい

■本番中は、自問自答しながら「こういうものを付け加えたらどうかな」と考えている

■舞台では、毎公演発見が。その瞬間に感じたインスピレーションみたいなものを大切に

■小心者で、すごくビビり。でも、舞台上では「試したい」という衝動が生まれてくる

<ミュージカル『ダブル・トラブル』2022夏 SeasonC>
【東京公演】2022年9月5日(月)〜9月13日(火) 自由劇場
公式サイト
https://www.musical-wtrouble.jp

『ダブル・トラブル』 関連記事:

⇒すべて見る

太田基裕 関連記事:

⇒すべて見る

※太田基裕さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月20日(火)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

太田基裕さん=撮影・NORI
太田基裕さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ゆうか より:

    初演のダブル・トラブルを拝見致しました。
    太田さんと原田さんのパワーが合わさって、ひたすら楽しく笑っていた記憶があります。
    太田さんが必死にセット裏から走って登場されるシーンではいつも拍手喝采でした。
    一部公演中止がありましたが、まさにエンタメの楽という強さ・楽しさを感じた作品でした。
    よりパワーアップして、お二人がまたどんなトラブルを乗り越える姿をとても楽しみにしています。

  2. もも より:

    舞台呪術廻戦では、太田さんのキャラクターの理解度と進化(いや最初から最後までどれも最高の違った味わいで最高)に、観た毎公演ごとに感激しました…有難うございました。

    他の方のコメントを見て、ダブトラで上品な雰囲気の太田さんを観られることますます楽しみになりました♪
    絶対的な信頼を置いている原田さんと共にとんでもない脚本を乗り切る…どころか脚本にのって魅せまくる太田さんを観られるのが待ちきれませんー!

  3. ひろたこ より:

    初演から最近の作品までの感想を聞かせていただき、ありがとうございます。あらたなダブルトラブルが今から楽しみです。

  4. バーバラ より:

    昨年のダブルトラブルを見て、太田さんの舞台の空気の作り方に心の底から感動しました。それ以来、どの作品を見ても、太田さんの作り出す上品な雰囲気がとっても素敵で、ファンになってよかった、といつも劇場をあとにします。今年の再演も、とっても楽しみです。
    そして、アイデアニュースと出会った作品でもありますので、記事も楽しみにしています。

  5. ダブトラ楽しみです より:

    呪術廻戦の舞台のほうも、もっくんに限らずですが、日々変化というか進化していた気がします。ダブトラは失敗もステキなエッセンスになる作品だと思いますので、観る側も変な緊張などなく楽しめると思います。楽しみにしています!

最近の記事

■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
■ 2022年7月掲載分
■ 2022年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.