「深め、新しいものが足される」『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』、竹内將人(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「深め、新しいものが足される」『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』、竹内將人(上)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2022年11月21日

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』が、2022年11月23日(水・祝)から12月11日(日)まで東京芸術劇場 プレイハウスで、12月15日(木)に宮城・えずこホールで、2023年1月6日(金)から1月9日(月・祝)まで大阪・森ノ宮ピロティホールで、1月14日(土)に高知県立県民文化ホールで上演されます。ルーマニアを代表する舞台演出家シルヴィウ・プルカレーテさんと佐々木蔵之介さんのタッグが、5年ぶりにモリエールの大傑作である『守銭奴』で実現します。佐々木さんは、主人公のアルパゴンを演じます。アイデアニュースでは、本作にアルパゴンの息子・クレアント役で出演する竹内將人さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。

「上」の無料部分では、本作のオーディションを受けた時のこと、ストレートプレイに向き合いたいと思われたきっかけや稽古場の雰囲気などについて伺った合同インタビューの内容を、有料部分では、本作のセリフを覚えている時のこと、『ピアフ』に出演されたときに大竹しのぶさんにいただいたアドバイスのことなどについて伺った独自インタビューの内容を紹介します。

「下」の無料部分では、本作の見どころやお客さまへのメッセージ、古典作品ならではの面白さや難しさ、本作の稽古でアドバイスをいただいた時のことなどについて伺った合同インタビューの内容を紹介します。有料部分では、『ピアフ』で経験したストレートプレイの経験を踏まえて、ミュージカル『ガイズ&ドールズ』に出演されたときに感じた変化のこと、今回の稽古場で吸収していること、2022年がどのような1年だったかということなどについて伺った独自インタビューの内容を紹介します。

竹内將人さん=撮影・NORI
竹内將人さん=撮影・NORI

ーーまず、この作品に出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください。

オーディションを受けた時は、あまり手応えがなかったんです。フランスとリモートで繋いでのオーディションで、演出のプルカレーテさんと音楽監督のヴァシルさんが画面に映っていらっしゃって。リモートだから、僕からどのような印象を得たのかが掴みにくいということもありますし、プルカレーテさんも喜怒哀楽が激しい方ではないので、「え、これでいいのかなあ?」という思いで、オーディション会場を後にしました。マネージャーにもすぐ連絡して、「手応えがあまりなくて、正直、わかんないです」と伝えていました。後日マネージャーさんと一緒にいたときに、「おめでとう!」と急に言われて、「なんですか?」って聞いたら、「守銭奴、受かったよ」って。「うわー!マジっすか!?」ってすっごい喜び合ったことを覚えています。

今年は特に、お芝居の仕事をしたいなと思っていたんです。いろいろな仕事を通して、さまざまな先輩方に出会って、「お芝居を、もっとやりたい」と思っていた時期のオーディションだったので、「これで、ストレートプレイにもう一度向き合えるし、俳優としてもしっかりと成長するチャンスをいただけたな」という思いでした。

ーーストレートプレイに向き合いたいと思われたきっかけを教えてください。

年初に出演した、大竹しのぶさん主演の『ピアフ』がきっかけになりました。ミュージカルではなく、ストレートプレイで話を繋いでいく中に、歌があるという構造の作品で。僕は、1幕と2幕にひと役ずつあって、2幕では3曲歌いますが、芝居はほぼないという感じでした。1幕目で演じたのは、戦争中にピアフと恋におちたフランスのレジスタンスの役で、たぶん5分くらいの本当に短いシーンだったのですが、しのぶさんはじめ、梅沢昌代さん、彩輝なおさんに、もう本当にいろいろなことを教えていただいて。愛のあるムチをたくさんいただき、お芝居に対する考えや向き合い方を、しっかりと変えていかないと今後ダメだなと感じたんです。次に出演したのは『ガイズ&ドールズ』で、またミュージカルに戻ったのですが、『ピアフ』の時に感じた芝居の楽しさというものを、またしっかりと経験できたらいいなという思いがありました。

ーー『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』のお稽古は始まっていると伺いましたが、お稽古をされている中で、楽しさや難しさなど、いかがですか?

めちゃめちゃ楽しいです! 本当に、毎日ワクワクしていて、みんなでこの舞台といいますか『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』を研ぎ澄ましていく感じです。プルカレーテさんの演出はとても独創的で、すごく不思議で壮大かつ繊細な世界が広がっています。演出は、今回とても細かくて、セリフのひとことひとことで動きが決められているところがかなりあります。

そして、プルカレーテさんは、稽古のたびにどんどん演出を変えていく方なんですよ。今回、プルさんとご一緒するのが2回目という方々も、「初日が開くまで、どうなるか本当にわかんないから」とおっしゃっています。本番が始まってからやっと、「ああー!こういう世界観で、こういうことをやるのか」となるんですね。それくらいなので、舞台稽古でも、どんどん変わっていくみたいです。

1回目にもらった演出を踏まえて、「こういう動きをするということは、こうなんだな」「プルさんは、こういうことをして欲しいのかな」と、自分なりに家で考えるんです。それが次の稽古場でまた変わるので、自分が深めていったものにまた、新しいものが足されて、新たなものが生まれていくという作業がすごく楽しいです。

稽古場の雰囲気もとても良くて、先輩方もすごく優しいんです。若手が行き詰まっていたら、大先輩のみなさんも、すぐにアドバイスしようと駆け寄ってくださいます。お芝居とも向き合えますし、一緒にお芝居をする方々とも向き合える、素晴らしい現場だなと思っています。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、本作のセリフを覚えている時のこと、『ピアフ』に出演されたときに大竹しのぶさんにいただいたアドバイスのことなどについて伺った独自インタビューの内容と写真を掲載しています。22日掲載予定のインタビュー「下」では、本作の見どころやお客さまへのメッセージ、古典作品ならではの面白さや難しさ、本作の稽古でアドバイスをいただいた時のこと、『ピアフ』で経験したストレートプレイの経験を踏まえて、ミュージカル『ガイズ&ドールズ』に出演されたときに感じた変化のこと、今回の稽古場で吸収していること、2022年がどのような1年だったかということなどについて伺った内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

毎日、受験勉強並みにセリフを覚えた。台本を紙で隠して「あ!間違えた!」とか

稽古は基本はフランス語で。休憩中には、プルカレーテさんと少し英語で話すことも

「セリフを歌ってしまっている」と、『ピアフ』の時、大竹しのぶさんに言われ

しのぶさんに「セリフは、真っ直ぐに言わなくちゃ」と。『守銭奴』の稽古でも意識

<『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』>
【東京公演】2022年11月23日(水・祝)~12月11日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
【宮城公演】2022年12月15日(木) えずこホール(仙南芸術文化センター)大ホール
【大阪公演】2023年1月6日(金)~1月9日(月・祝) 森ノ宮ピロティホール
【高知公演】2023年1月14日(土) 高知県立県民文化ホール オレンジホール
公式サイト
https://www.purcarete-fes.jp/shusendo

『守銭奴 ザ・マネー・クレイジー』 関連記事:

⇒すべて見る

竹内將人 関連記事:

⇒すべて見る

※竹内將人さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは12月21日(水)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

竹内將人さん=撮影・NORI
竹内將人さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近の記事

■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
■ 2022年8月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.