「2023年、ミュージカル初め」『チェーザレ 破壊の創造者』、中川晃教・藤岡正明(下) | アイデアニュース ;

新着 予定 プレゼント 動画

「2023年、ミュージカル初め」『チェーザレ 破壊の創造者』、中川晃教・藤岡正明(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年1月7日

2023年1月7日(土)から2月5日(日)に、東京・明治座で上演されるミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』で、チェーザレ・ボルジアを演じる中川晃教さんと、ダンテ・アリギエーリを演じる藤岡正明さんのインタビュー後編です。

「下」では、2022年に様々な作品やコンサートで共演されてきたお二人がそれぞれに思う、『チェーザレ』という作品ならではのお互いの魅力のこと、この作品を演じる中での想いや決意、お客さまに伝えたいことなどについて伺った内容を紹介します。

中川晃教さん(左)と藤岡正明さん=撮影・岩村美佳
中川晃教さん(左)と藤岡正明さん=撮影・岩村美佳

ーー『銀河鉄道999』、八ヶ岳の『MUSICAL WEEK 2022』、『ジャージー・ボーイズ』と、今年一年はご一緒されている時間も長いかと思いますが、この『チェーザレ』ならではのお互いの魅力を、プレゼンしていただけないでしょうか。

藤岡:どっちから話す?

中川:マサの話が聞きたい!

藤岡:裏話みたいになっちゃいますけど、アッキーは今回珍しく、この船を進める最前線に率先して立っているんです。

ーーそれは、珍しいことなんですか!?

藤岡:珍しいですね。どんな作品でも、創りながらいろいろな疑問に遭遇したり、「ここってどう?」「こうだよね?」というようなことは多々起こるわけです。特に、オリジナルミュージカルにおいては、前例やお手本がないですから。だから、稽古しながらこの歌は、こうなるべきかな、この感情線でいくとこうだなとか、アイデアがいろいろと出てくるんです。

そういうことがある中で今回のアッキーは、作品や台本、世界観やメッセージ性に疑問を持って、そっちを「何か変えよう」とする方向ではなく、作品の世界の中に、自分自身を入り込ませようとしているのを、ひしひしと感じています。

ーー中川さんが、率先して前に進めようとされていると。

藤岡:はい。とにかく、「その世界」に入り込もうとしていて。ある種、これまでのアッキーは、もう少し、自分の感覚に寄せて考えようとしたりしていたと思います。僕もそういうタイプなので、よくわかるんですよ。でも、今回、なぜアッキーはそうしているのかと考えた時、これがさっき言った「責任感」や「使命感」みたいなものなのだろうと。

ーー責任感や使命感ですか。

藤岡:この2年半のコロナ禍を乗り越えてきたからこその、今の『チェーザレ』があるような気がしていて。例えば、さまざまな格差が広がったり、生活に困窮する人が増えるなど、今までの日本社会では考えられなかったような苦しみが生まれた。この作品の時代背景と今という時代が、すごくリンクする部分がより強くなったのだと思います。

2023年の日本・東京において、150年の歴史ある明治座で新しく上演するミュージカル作品としてなぜ『チェーザレ』じゃなきゃいけないのかという理由がはっきりとしたような気がしています。これは、2020年には、そこまで思えていなかったものです。意識的なのか無意識的なのかはわかりませんが、アッキーがそこに強い覚悟や使命感を持っているんじゃないかなと。

この3年弱で、とてつもないことが起きたこの時代に、「絶対にここの目的地にまで辿り着いた『チェーザレ』という作品を、必ず明治座でお客さまに届けなきゃいけない」と。僕自身も感じていることですが、主演として、座長として、彼が強い覚悟を持ってやっているのではと感じます。要は今回「こういうチェーザレが魅力的ですよ」ではなくて、「本気の中川」が見えるのではないかなと。

ーー中川さんが、そういう覚悟で創られているものを、拝見できるということですね。

中川:プレッシャーが今……(笑)。

藤岡:僕は今そう感じています。

ーー中川さんご自身としては、いかがですか?

中川:今言われて初めて「そうなんだ」と。

藤岡:でも、稽古場での居方がいつもと違いますよ。

中川:そうなんですね!?

藤岡:いろんな稽古場で、見てきていますからね。

ーー中川さんとしては、無意識なんですか?

中川:稽古場では、あまりそういう話もしないんです。そもそも、この作品の中で向き合う時間は、ダンテとチェーザレは、多いわけじゃないんですよね。でも昨日、ちょうど稽古をしていて、お互いに共通認識を持って、次の稽古に向かおうとなったことが一つあって。ダンテの登場シーンが限られている一方、チェーザレは、ピサの大学での学生時代の物語と、大人たちでの時間軸が並行しているんです。チェーザレの方が、物理的に舞台上にいる時間は長くなるのですが、「チェーザレは、ここでこういうことを感じている」とか、こういう足跡を踏んでいるのだということを、シーンとして一緒に登場している訳ではなくても、ダンテは共有できている方がいいのかもねと。

ーーなるほど。

中川:この作品は、割とニコイチみたいな発想で観られるシーンがあります。例えば、チェーザレとアンジェロ、アンジェロとミゲルなどがあるんですが、チェーザレとダンテにもそういうところがあって。

藤岡:そうですね。

中川:そして、ダンテという存在は、チェーザレたちにとって、すごく英雄として描かれています。

藤岡:史実ではそうでもないみたいですが、あくまでも原作とこのミュージカルにおいては、そういうふうに描かれていますね。

中川:チェーザレらの学生たちにとっては、ダンテの『神曲』が取り上げられた教授の授業はとても魅力的なんです。大人たちの考えを受け止めつつも、自分たちならではの反骨精神みたいな考え方で、『神曲』に書かれている内容を紐解こうとします。つまり、ダンテは、憧れの存在なんですよ。

そういう意味で、時空を超えて誰もがダンテと繋がることができているという前提で考えると、シーンとしてダンテの出演時間は短くても、全編を通して学生たちに刺激を与えている存在なんですよね。最終的にそこを繋ぐのが、チェーザレになります。だから、「作品の2時間、3時間の中でのチェーザレの足跡と同じ足跡を、ダンテも共通認識として踏んでいかないと、ラストのシーンで見えてくるものが、お互い見づらいよね」と二人で昨日も話していました。

藤岡:ところで、どうなんだよ。俺が演じるダンテの魅力は?(笑)

※アイデアニュース有料会員限定部分には、『チェーザレ』という作品ならではのお互いの魅力のこと、この作品を演じる中での想いや決意、お客さまに伝えたいことについて伺った内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■中川:僕自身が持つピュアさみたいなものは、チェーザレという役とも繋がってくる

■中川:渦を大きくしていくダンテ。藤岡さんの中にある「考えるスイッチ」と重なる

■藤岡:ここから「日本のミュージカル戦国時代」に。期待に添える骨太な作品を必ず

■中川:一見難しいようでも、実は私たちの身近な部分に重なるストーリーを味わって

<ミュージカル『チェーザレ 破壊の創造者』>
【東京公演】2023年1月7日(土)~2月5日(日) 明治座
公式サイト
https://www.cesare-stage.com

『チェーザレ 破壊の創造者』 関連記事:

⇒すべて見る

中川晃教 関連記事:

⇒すべて見る

藤岡正明 関連記事:

⇒すべて見る

※中川晃教さんと藤岡正明さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月7日(火)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

中川晃教さん(左)と藤岡正明さん=撮影・岩村美佳
中川晃教さん(左)と藤岡正明さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. 芙蓉 より:

    お互いに信頼があるからこその厳しい言葉に、お二人の最高の舞台を届けようという熱い思いを感じます。
    初日を拝見して、藤岡さんの大きなうねりのような歌声とチェーザレがダンテに影響を受けていく様子が重なって、お二人だからこそのだせる時空を越えた空気間に納得です。
    これからどんどん深みを増していくのだろうと楽しみにしています。

  2. あのは より:

    前回引き続き2人の距離感が心地好いインタビューでほっこりしました。また岩村さん撮影の写真から素敵な笑顔もたくさん見れて良かったです。ありがとうございます!

  3. ki-goro より:

    チェーザレのキャストの中でも
    このおふたりにインタビューしていただいて深いお話がきけて本当にうれしいです、ありがとうございます

  4. えこ より:

    盟友なお二人の深い思いを引き出して対談記事にしてくださってありがとうございます。読み応えがあり、舞台を観に行くのがますます楽しみになりました。
    写真も格好良いものからおもわず笑っちゃうものまで素敵です。

  5. さとが より:

    中川さんと藤岡さんの強い信頼関係、絆がとても伝わってくる対談でした。
    お写真も自然体で、お二人が楽しそうな様子が素敵で印象的でした。
    観劇前にお二人の強い想いを知ることができてよかったです。 

  6. はな より:

    今日の初日、観劇前に読む事が出来て嬉しい!

    お二人の関係性が、お写真からもお話からも良くわかり、それがどんな風に舞台に現れるのか!?益々楽しみになりました。

    チェーザレの原作も読みましたが、舞台でどう表現されるのか、チェーザレの存在と意義、ダンテの存在感や関係性、はたまた他のキャラクターとの関わり、全てを観なくては!!
    観客も緊張と期待に満ちています!
    初日、行ってきます!

  7. ひろこ より:

    お二人ならではの対談をとても楽しく拝見しました。アイディアニュースだからこその(岩村さんの愛♡)お話が聞けて嬉しいです。
    これからのお二人の活躍がとても楽しみです。

最近の記事

■ 2023年1月掲載分
■ 2022年12月掲載分
■ 2022年11月掲載分
■ 2022年10月掲載分
■ 2022年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.