「若さゆえのジキルを」、『ジキル&ハイド』、柿澤勇人(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「若さゆえのジキルを」、『ジキル&ハイド』、柿澤勇人(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年1月27日

2023年3月11日(土)から3月28日(火)まで東京国際フォーラムホールCで、4月8日(土)と4月9日(日)に愛知県芸術劇場 大ホールで、4月15日(土)と4月16日(日)に山形・やまぎん県民ホールで、4月20日(木)から4月23日(日)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演されるミュージカル『ジキル&ハイド』に、ジキル&ハイド役で出演する柿澤勇人さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。

「上」では、「ハードルが高い役」というお話、以前二役を演じられた『フランケンシュタイン』とはまた違うということ、「若さゆえのジキル像を作りたい」という想いなどについて伺った内容を紹介します。「下」では、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の現場で感じたことについて伺った内容や、柿澤さんにとっての「役を生きるということ」「いい役者とは」というお話などを紹介します。

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳
柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

ーー「命をかけて挑む」と公式ページ内の映像でおっしゃっていましたね。

それくらい、大変な役です。声にかなり負担がかかると思いますし、負担をかけないとできない作品でもあります。心も身体も、疲弊しないといけないというか、そうならないとできない役だと思っています。中途半端に仕事をしたことは一度もないですが、今回、すごく自分にとってハードルが高い役ですから。

ーーボイトレをやり直しているということも、別の記事で拝見しました。『ジキル&ハイド』に向けてというところもありますか?

それもありますね。歌の力や、音楽の力で作品が構成されているミュージカルに、二年くらい出演していないんです。

ーー『フランケンシュタイン』以来でしょうか。そうなると、2020年初頭以来になりますね。

かもしれないですね。そこからも舞台はやっていますが、2022年の『ブラッド・ブラザーズ』では、「歌うな」と言われていました。

ーー吉田鋼太郎さんの演出でしたね。

そうです。歌の比重もそんなにない作品でもありましたから「歌で魅せる」ということもなくて。大河ドラマの撮影が始まってからは、一切歌っていませんでした。半年間ですね。だから、二年間ほとんど歌っていなかったんですよ。やっぱり、声って衰えてくるのだなとすごく実感しました。

『東京ラブストーリー』の稽古に入っても、最初は全く声が出なくて。キーも結構高くて、レンジも広い曲ではありますが、「あれ、こんな下手くそだったっけ!?」というくらいに、声が出なかったんです。ジェインソン(・ハウランドさん)や歌唱指導のちあきさんから、「筋肉を作り直そう」という話もありました。

今、ボイストレーニングを新しい先生にお願いしようと思っているのですが、『東京ラブストーリー』が落ち着いたらジキハイモードに没入しないといけないかなと思っています。

ーー『フランケンシュタイン』の時も、大曲を歌われていて素晴らしかったですが、あの時とは、また違うところを目指す感じでしょうか?それとも、似ているところもありますか?

全然違います!

※アイデアニュース有料会員限定部分には、以前二役を演じられた『フランケンシュタイン』とはまた違うということ、「若さゆえのジキル像を作りたい」という想いなどについて伺ったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。28日掲載予定のインタビュー「下」では、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の現場で感じたことについて伺った内容や、柿澤さんにとっての「役を生きるということ」「いい役者とは」というお話などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■秒で変わらなきゃいけないジキルとハイドの二役。瞬発的に声、芝居、人格も変える

■鹿賀さんの存在感と石丸さんの安定した声と歌。お二人のそうした点は僕にはない

■悪の面では、「本当に気持ち悪い」「サイコパスだな」と思われるところを目指す

■ジキルには、若さゆえの暴走や考え方の甘さがある。そこに真っ直ぐ向き合いたい

<ミュージカル『ジキル&ハイド』>
【東京公演】2023年3月11日(土)~3月28日(火) 東京国際フォーラムホールC
【名古屋公演】2023年4月8日(土)〜4月9日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【山形公演】2023年4月15日(土)〜4月16日(日) やまぎん県民ホール
【大阪公演】2023年4月20日(木)~4月23日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/jekyllandhyde2023/

ミュージカル『ジキル&ハイド』 関連記事:

⇒すべて見る

柿澤勇人 関連記事:

⇒すべて見る

※柿澤勇人さんのサイン入りチェキを、有料会員2名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは2月27日(月)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳
柿澤勇人さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. tomo より:

    ジキハイでの柿澤さんの新たな挑戦楽しみにしています!!
    鎌倉殿の実朝様からファンになり東京ラブストーリーも観に行きましたが、その二つの役とは全く逆の激しさ、表と裏のあるジキルとハイドにどう立ち向かいうのか、鹿賀さん、石丸さんとはまた違ったジキハイが生まれる瞬間に立ち会える3月が待ち遠しいです!

  2. poco より:

    「ジキル&ハイド」
    まだ観たことがない作品なので、柿澤ジキルが私の初めてとなるのが嬉しいです。
    記事を読み2役という難しい役どころをどんな風に演じるのかとても気になるし、先輩方とはまた違った柿澤さんならではのジキル&ハイド、そして歌声に期待が膨らんでいます。
    素敵なお写真もありがとうございます。
    後編のインタビュー記事も楽しみにしています。

  3. かのん より:

    柿澤さんのジキル&ハイドに対する思いを聞けるインタビューはとても嬉しいです。ファンとしてすごく楽しみにしている演目なので喉を大切に応援しております!

最近の記事

■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.