「負けず嫌いなところが強みかも」、『ジキル&ハイド』、上川一哉(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「負けず嫌いなところが強みかも」、『ジキル&ハイド』、上川一哉(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年3月27日

2023年3月11日(土)に開幕し、3月28日(火)まで東京国際フォーラムホールCで、4月8日(土)と4月9日(日)に愛知県芸術劇場 大ホールで、4月15日(土)と4月16日(日)に山形・やまぎん県民ホールで、4月20日(木)から4月23日(日)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演されるミュージカル『ジキル&ハイド』に、ジキルの親友である弁護士アターソン役で出演する上川一哉さん(石井一孝さんとダブルキャスト)のインタビュー、後編です。

「下」では、劇団四季を退団されてからの一年を振り返っての想い、ご自身の強みのこと、初めて主役に抜擢された際に浅利慶太さんから受けたダメ出しの言葉を大切にされていること、ダブルキャストの石井一孝さんのこと、『北斗の拳』での経験のことについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

上川一哉さん=撮影・岩村美佳
上川一哉さん=撮影・岩村美佳

ーー劇団四季を退団されてから一年が経ちましたが、この一年を振り返ると、いかがですか?

あっという間でしたけれども、こんなに緊張した一年はなかったんじゃないかと…。それくらい常に緊張していました。

ーーそうなんですか!

僕、緊張していないと、ダメなんですよ。緊張していなかった時の方が、よくないんです。

ーーそれは舞台に限らず、日常生活も含めということですか?

はい、そうです。

ーー緊張することで、大変というよりも、その緊張が良い方向に働くという感じですか?

疲れますよね(笑)。でも少しずつ、「この緊張がプラスになるんだな」ということをこの一年学んできたんです。

ーー四季時代には、そういう感覚はなかったんですか?

四季時代からずっと、そういうところはあるんです。でもこの一年は、17年間ずっといた劇団四季の外に出ての一年生だったので、初めて見ることや体験することばかりで、また違う緊張感がありました。そんな中、緊張してちっちゃくなってしまっていた僕をほどいてくれたのが、伊礼(彼方)さんや小西(遼生)さんでした。そういう部分では感謝しています!(笑)。

ーーそういう部分では(笑)。

四季の先輩方とはまた違う先輩たちの背中を見ることができて、「こういう背中も、すごく目指すところだな」と素直に思えましたので。北斗の時にも思っていたのですが、次に参加させていただくジキハイでは、いい緊張感の中で、更に殻をどんどん破っていけたらなと思います。更に進化した、僕自身の「居方」をしたいです。あっという間で、発見も感動もたくさんあり、学びがすごい一年でしたが、シンプルに言うと「緊張した一年」でした。引き続き「特技・緊張」を持ち続けて進もうかなと。

ーー伊礼さんや小西さんのお話も出ましたが、劇団四季の外でお会いになった皆さんもまた、それぞれに個性的かなと思うんですけど、そんな環境の中で、上川さんご自身の個性についてはどう感じられていますか?

まだ見つからないですね…(笑)。北斗(『フィスト・オブ・ノーススター〜北斗の拳〜』)は個性が強すぎたんですよ、みなさん…。

ーー確かに…

サファリパークの中で自分の居場所を探している感じです。どこに行っても、強烈な人がいるという環境が北斗でした(笑)。今入っている現場も、みなさんしっかりとした個性を持っていらっしゃるので、探しているというよりも、「学びたい」気持ちが強いです。劇団四季を出た理由もそうでしたし。外ではまだ一年生なので、毎日が発見で、どんどん吸収したいという気持ちが強く、ここからですね。まだ自分探し真っ最中です。

ーーご自身の強みについては、いかがですか?

負けず嫌いなところですかね。四季で学んだことの一つです。浅利(慶太)先生からの、僕への一番最初のダメ出しが「このぐらいできて当たり前」だったんです。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、初めて主役に抜擢された際に浅利慶太さんから受けたダメ出しの言葉を大切にされていること、ダブルキャストの石井一孝さんのこと、『北斗の拳』での経験のことについて伺った内容やお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■浅利先生からの「できて当然」というダメ出しは、僕が初めて主役を演じた時のこと

■「そのターン、1回でも3回で回らなかったら降ろす」と。いつも、役をやる必死さを

■ダブルキャストの石井一孝さんといえば、僕がずっと観て聴いていた「アラジン」

■『北斗の拳』というサファリパークで学んだことを生かしたい。一番後輩のつもりで

<ミュージカル『ジキル&ハイド』>
【東京公演】2023年3月11日(土)~3月28日(火) 東京国際フォーラムホールC
【名古屋公演】2023年4月8日(土)〜4月9日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
【山形公演】2023年4月15日(土)〜4月16日(日) やまぎん県民ホール
【大阪公演】2023年4月20日(木)~4月23日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/jekyllandhyde2023/

ミュージカル『ジキル&ハイド』 関連記事:

⇒すべて見る

上川一哉 関連記事:

⇒すべて見る

※上川一哉さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは4月27日(木)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

上川一哉さん=撮影・岩村美佳
上川一哉さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ジョン より:

    退団のことなど貴重なお話ありがとうございました。ジキル&ハイド拝見しました。上川さんのアターソンとても素敵で最後には涙しました。全国公演も観に行きます。ジキハイと合わせて、これからもますますのご活躍を楽しみにしています。

最近の記事

■ 2024年7月掲載分
■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.