「ケンカのシーンが楽しみ」、ミュージカル『SUNNY』渡邉美穂(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「ケンカのシーンが楽しみ」、ミュージカル『SUNNY』渡邉美穂(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年6月20日

2023年6月26日(月)から7月5日(水)まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)で、7月9日(日)から7月13日(木)まで大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演されるミュージカル『SUNNY』で、奈美の学生時代を演じる渡邉美穂さんのインタビュー後編です。「下」では、「奈美が自分を取り戻せたことに、すごく喜びを覚える」シーンについて、花總さんと歌うことについて、2月に出演していた舞台『逃げろ! 〜モーツァルトの台本作者 ロレンツォ・ダ・ポンテ〜』の時のことなどについて伺った内容と、お客様へのメッセージを紹介します。

渡邉美穂さん=撮影・NORI
渡邉美穂さん=撮影・NORI

ーー主人公の奈美は、花總まりさんが演じる時代では、自分を取り戻せたことに、すごく喜びを覚えているじゃないですか。あそこは結構物語のハイライトかなと思うのですが、そこについてはどう思いますか?

最初に高校に転校してきたときは、まだまだ田舎者で、周りにもなじめなくて。でも、周りの影響でどんどん心を開いて明るくなり、本来自分がもっていたものが出てきたりしていますよね。それが数十年かけて、家族だったり、夫のことだったりといろいろあって、またあの当時あったものが年齢を重ねてなくなっていって。でも、当時自分に自信をくれた仲間たちによって、本来の自分がまた戻ってくるところに、なんだかんだで仲間のつながりは消えないんだなと思いました。

ーー渡邉さんにとって、今の時点でそういう存在はありますか。

集まれば学生当時のことは話しますし、思い出してそういうことを言い合える友人はいます。正直、自分はいま中間にいるなと思っています。どちらかというと学生時代寄りの年代ではありますが、女子高生のときと同じような感じでいま生きているかと聞かれたら、まったくそうではないですし。学生時代に背負っていたものと、いま背負っているものはまったく違いますから。でも、いまの段階ではまだ学生時代の気持ちが残っていたりと、「懐かしいな」とはなっていないんです。たぶん、今後20代後半から30代にかけて、どんどんいままで気づかなかったもの、見えなかったものが見えてくるのかなと思っています。

ーーその関係性が発展していくのが、この先楽しみですね。

ともに大人になっていくんだと思います。

ーー10年後くらいにお話を伺ってみたいです(笑)。

33!(笑)。

ーー今回のミュージカルで、歌われる曲が3曲発表され、「スウィートメモリーズ」を花總さんと歌うことになったとお伺いしましたが、いかがでしょうか。

花總さんと歌うなんて、緊張しますね。

ーー花總さんは、どんな印象ですか。

実は、まだお会いしていないんです。私からしたらとても上の、天空にいらっしゃる感じなんです。奈美の学生役を演じますし、一緒に歌わせていただくのも、頑張らないと!という気持ちでいっぱいです。ただただ緊張ですね。本番を迎えて一緒に歌っている姿が想像がつかないです。その絵がまったく浮かばないです。いずれは、その未来が絶対に来るんですが、大丈夫かな私という(笑)。

ーー音楽以外でも、楽しみにしていることはありますか?

映画でもそうなんですが、もめることが多いじゃないですか。女子高生時代に、敵グループみたいなバチバチのライバルグループがいて、そこでみんなが「なんだよ」みたいになるのは、楽しみだなと思います(笑)。女の子のケンカは、あまり見ないじゃないですか。

ーー確かに。

それをこの面々で、しかもみんなこの見た目でやるのはいいものが見られるんじゃないかなと思います(笑)。楽しみですね。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、2月に出演していた舞台『逃げろ! 〜モーツァルトの台本作者 ロレンツォ・ダ・ポンテ〜』の時のことなどについて伺った内容やお客様へのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■2月出演の舞台『逃げろ!』は3回目の舞台。「毎回変化を楽しもう」と挑めた

■一緒のシーンがなかったからこそ、村井國夫さんと他愛のないこともお話しできた

■村井さんたちのお芝居を観て、今の自分にはどうもがいても出せないものを感じた

■『SUNNY』では、たくさん歌も歌う。初ミュージカルなので全身全霊で頑張りたい

<ミュージカル『SUNNY』>
【東京公演】2023年6月26日(月)~7月5日(水) 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)
【大阪公演】2023年7月9日(日)~7月13日(木) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト
https://www.umegei.com/sunny/

ミュージカル『SUNNY』 関連記事:

⇒すべて見る

渡邉美穂 関連記事:

⇒すべて見る

※渡邉美穂さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月19日(水)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

渡邉美穂さん=撮影・NORI
渡邉美穂さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. ぐっすりひつじ より:

    観劇前にはミュージカルへの期待やわくわくを感じられて、観劇後にはミュージカルの内容を振り返って懐かしむことができるすごく素敵な内容でした。それに以前の舞台に関する内容も訊いてくださり、その点でも知ることができてすごく嬉しかったです。素敵なインタビューをありがとうございました!

  2. ざんまい より:

    観劇前に一読させて頂き、観劇後にもう一度拝見させて頂きました。
    花總まりさん演じる大人の奈美と渡邉さん演じる高校生の奈美に確かな繋がりが見えた瞬間の驚きと感動は忘れられません。「SWEET MEMORIES」本当に素敵でした。初めてのミュージカルとは思えない程に堂々とした立ち居振る舞いには、誇らしさすら感じます。

    鑑賞前と鑑賞後、それぞれ別の角度から受け取ることの出来るインタビュー記事でした。また時間を置いて読み返したいと思います。ありがとうございます。

  3. ぞいぞい より:

    先日SUNNYを観劇しに行った上で、もうちょっと深掘りしてみたくこちらに辿り着きました。
    自分という今の現実を直視しながらもインタビューの文字通り思い切り楽しんで演技されていられてるのが舞台を見ててもわかり、重要な役ではありましたが良い作品だったと思います。今後のご活躍に期待です。

    また、記事も演じる側の思いや裏側のお話も見ることができて貴重な内容でした。ありがとうございます。

  4. ゴルピ より:

    先日、渡邉美穂さんの出演されている舞台「逃げろ!」と「SUNNY」を観劇しました。
    どちらも美穂さんの綺麗な歌声、説得力のある演技、そして何より楽しそうな笑顔を見ることができ、この人を応援していて本当によかったと心の底から感じました。
    まだまだ女優としては経験は浅いものの、出来ることから一つずつ積み重ねていく彼女の姿を、これからも応援していきたいと思います。

  5. ねこ より:

    渡邉美穂さんのダンスや演技を見られる日が近づいていてボルテージが上がっています🔥
    公演の成功を願っています、頑張ってください!

  6. ばんしゃお より:

    本インタビュー内でも取り上げていただいております「逃げろ!」につきまして、東京公演の初日と千秋楽を北海道から観劇に赴かせていただきました。
    インタビューでもありました村井さんや篠井さんといった重鎮の方々の演技は渡邉さんがおっしゃる通り貫禄が違い、普段からそのキャラクターとして過ごしていても違和感がないような感覚に陥りました。
    演技というものは演者と監督、観劇者のキャラクターと世界観に対する解釈が一致した時に最高潮に達すると思慮しており、ベテランの方々というのはその力が凄いのだと考えています。
    このSUNNYと渡邉さんを通して最高潮の瞬間を迎えられることを楽しみに待っております。

最近の記事

■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.