「ベン・ハーの韓国語ソロ曲。1000回以上聴いて練習」、加藤和樹(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「ベン・ハーの韓国語ソロ曲。1000回以上聴いて練習」、加藤和樹(下)

筆者: 村岡侑紀 更新日: 2023年8月7日

2023年9月5日(火)と9月6日(水)に東京・プラネタリウム天空で、9月10日(日)に神戸・バンドー神戸青少年科学館で、2会場を巡るプラネタリウムツアー『LIVE in the DARK tour w/ 加藤和樹-星空リサイタルvol.1-』を開催する加藤和樹さんのインタビュー後編です。「下」では、先日加藤さんが出演され、韓国語でも歌唱された『BRANDON LEE ミュージカルシンフォニーコンサート』のこと、韓国ミュージカルを通して感じるダブルキャストの印象の違いや、役作りの自由度のことなどについてお話ししてくださった内容を紹介します。

加藤和樹さん=撮影・源賀津巳
加藤和樹さん=撮影・源賀津巳

ーー今は頻繁に韓国に行かれていますか?

コロナになってからは、3年くらい行けなかったんですけど、ようやく行き来ができるようになりました。新作ミュージカルを観に行ったりしています。最近ですと『ムーラン・ルージュ』や『ベートーヴェン』ですね。でもやはり、それだけではなく、韓国はオリジナルミュージカルもすごくたくさん作っていますから。

ーー劇場の数も全然違うと聞いたことがあります。

本当に全然違いますよ。そこから受ける刺激はやっぱりすごくたくさんありますね。そんな中で、先日のBLANDON LEEコンサートのお話をいただいたんです。最初は、「俺!?」って思いました(笑)。

ーーそうだったんですか?

自分へのご褒美だなと思って。韓国に行った時に、ステージで拝見している方々ばかりだったので、歌声を聞けるだけで幸せという感覚なんです。だから、韓国主体のコンサートにまさか自分が同じステージで歌えるなんて思ってもいなかったですし、チャンスをもらえたとしても、韓国語を話せるようになってからもっと先だろうという気持ちでした。予想外に早いタイミングで実現したのですが、韓国語を勉強していてよかったです。

ーーコンサートでは、韓国語でも歌われていましたよね?

ソロ曲を韓国語で歌って欲しいっていうオーダーをいただいたんです。イ・ソンジュンさんの『フランケンシュタイン』と『ベン・ハー』のコンサートなので、僕が歌うのはフランケンの楽曲かなと思ったら、まさかの『ベン・ハー』の楽曲でびっくりしたんです。韓国で『ベン・ハー』を観ていなかったので、焦りました。

ーーそうだったんですね!

歌はもう、必死で覚えましたね。まずは物語の感情を理解して、韓国語の先生と一緒に発音をチェックしました。勉強しているからこそわかる発音の違いもありますから、やるからにはね、ネイティヴの人がきいても遜色ない発音で歌いたいという思いもあったんです。ひたすら音源を聴いて、多分1000回以上は聴きましたね。

ーー1000回以上ですか!?

稽古に行く時も毎回、車の中でずっと聴いていました。家に帰っても毎日ずっと聴き続けた日々でした。韓国語には、日本語にない発音が多いので、そこがきちんとできていないと「日本人の発音だね」となりますから、ひたすら猛練習しました。

コンサートで、たまに英語で歌う時はこれまでにもあって。それはそれで難しいのですが、韓国語には、英語とはまた違う発音もあるんです。似たところもありますけどね。英語のLとRの間みたいな発音があったりもするんです。僕は、そこはまだクリアはできていませんが、そういところにまで今回触れられたので、勉強になりました。

ーー韓国でずっとご覧になっていた方々と、今回同じステージに一緒に立たれて、いかがでしたか?

いや、もう…やっぱりほんとにすごかったです!「なんでそこで伸ばせるの?その声の圧はどっから出るの?」って、ずっと袖でただただもうブラボー!という感じでした。彼らの技術力も、本人たちの地の力というか、持っているパワーが全然違いましたね。あとはみんなから日本がすごく好きという気持ちが伝わってきたことが、とても嬉しかったです。日韓の交流も深まってきたので、だからこそ今度は日本から韓国へ何か持って行きたいという気持ちもあります。

今は、どうしても韓国の方々をお呼びするという形になっているので、日本代表として何人かと韓国に行って、日韓で音楽の交流も徐々にできていったらいいなと思います。以前、中川晃教さんが韓国の野外フェスに出演したことがあるので、そういう交流がもっと増えていくと今度は日韓合作ミュージカルとかもできそうだなと。その作品を日韓両方で上演とか、そういうことも実現したいです。

ーーそもそもなのですが、加藤さんは韓国ミュージカルのどのような点に魅力を感じていらっしゃいますか?

まず話がわかりやすいんです。なんとなく最初にオチがあって、「ああなるほどね!」と繋がるんです。コロナが明けてからようやく大学路(テハンノ)の小中劇場にも行けたんですが、そこで上演されている作品もお芝居の力がすごくあり、楽曲がいい!どの作品も言葉がわからなくても、楽曲の印象がすごく耳に残るんです。

初めてフランケンを観たときも、頭の中でずっと「君の夢の中で」がリピートされていて。もちろんいろんな作曲家の方がいらっしゃいますが、韓国ミュージカルの楽曲は耳に残りますね。そこがすごいなと思います。しかも歌うとなると、とても難しいんです。イ・ソンジュンさんの楽曲もそうですが、キーの幅が広いんですよ。すごく低いところがあるかと思えば、高いところは際限なく高いところまでいきますし。韓国の役者さんたちは、ダブルキャストだと歌う幅を自由に変えたりされてるんですよ。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、韓国ミュージカルを通して感じるダブルキャストの印象の違いや、役作りの自由度についてお話ししてくださった内容などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■韓国のミュージカル映像を観ると、原曲がわからないくらい人によってキーが違う

■『フランケンシュタイン』のアンリ役。KAIさんはメガネをかけていて衝撃だった

■韓国で『ベートーヴェン』を観劇。作品や役へのアプローチがキャストで全然違った

■ダブルキャストなら、「自分はこうしたい」という幅がもっとあってもいいかも

<『LIVE in the DARK tour w/加藤和樹 -星空リサイタル vol.1-』>
【東京公演】2023年9月5日(火)・9月6日(水) 
開場 18:00 開演 18:30/開場 20:00 開演 20:30(上演時間60分)
コニカミノルタプラネタリウム天空 in 東京スカイツリータウン(R) 
【神戸公演】2023年9月10日(日)
開場 16:00 開演 16:30/開場 18:00 開演 18:30(上演時間60分)
バンドー神戸青少年科学館ドームシアター(プラネタリウム)
公式サイト
https://planetarium.konicaminolta.jp/livedark/katokazuki2023/

『LIVE in the DARK tour w/加藤和樹 -星空リサイタル vol.1-』 関連記事:

    ⇒すべて見る

    加藤和樹 関連記事:

    ⇒すべて見る

    ※加藤和樹さんのサイン入り写真を、有料会員4名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは9月6日(水)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

    加藤和樹さん=撮影・源賀津巳
    加藤和樹さん=撮影・源賀津巳

    全文が読める有料会員登録にご協力を

    アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

        
    <筆者プロフィール>村岡侑紀(むらおか・ゆき) 広告制作会社に入社し、企業ブランディングやコピーライティングを経験。その後、化粧品メーカーのマーケティング担当として多くのブランドを育成し、ベンチャー企業で広報も。ミュージカルや舞台作品そのものの魅力はもちろん、そこに携わる方々のことを伝えたい。 ⇒村岡侑紀さんの記事一覧はこちら

    コメント欄

    有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

    最近のコメント

    1. りかりん より:

      いつも素敵なインタビューですが、今回は特に興味深かったです。加藤さんのプラネタリウムライブ、BRANDON LEEコンサートどちらも本当に素晴らしく、ご本人がどのように臨まれたのかと関心がありました。緻密なリハーサルや想像をはるかに越えたご苦労などもあったことを知り、感激です。韓国への思いの強さについても掘り下げていただき、読み応えたっぷりの記事です。ありがとうございました!

    2. ゆい より:

      年中舞台に立ち続けていて、いつ休んでるんだろう…という印象のある和樹さん、忙しい合間に渡韓して現地のミュージカルを観劇し、コンサートで韓国ミュージカルの楽曲に挑戦する試みと誠実さに尊敬します。
      ミュージカルの歌や韓国語、日々研究熱心な和樹さんきっかけに知る世界が多いのでこれからも和樹さんを通して色んな世界を見せてくてるのが楽しみです。

    3. aoi より:

      ミュージカルコンサートの依頼はこれまで人に対して誠実にされてきたからこそのご縁だったのかなぁと思います。
      3月のKonさんとのコンサートも拝見しましたがああしてずっと繋がるのも中々出来る事ではないと思いました。
      これからも両国の架け橋として色んな扉を開けていって下さい。
      楽しみにしています。

    4. non より:

      日本と韓国の違い、面白いですね!
      ただ、日本で上演される韓国ミュージカルを観ていると、ハッピーエンドが無いと感じます。
      何を幸せと感じるかは人それぞれですが、メインキャストが全員死んでしまったり(ほぼ殺人で)するので、もっと笑顔になれる舞台が観たいなぁと思います(コメディではなく)
      そこに韓国ミュージカルの音楽の力が加わったら、絶対にみんなで(出演者もお客さんも)幸せになれると思うのです。

    5. スイカ より:

      フランケンシュタインのコンサート行きました!1000回も聴きこまれて歌われていたんですね。素晴らしかったです。いつか韓国であるはずの素敵な何かを楽しみに、私も韓国語勉強頑張ります(*´˘`*)

    6. より:

      韓国語を学ばれたからこそ
      コンサートの依頼で必然だったと思います。
      努力する姿勢が素晴らしく尊敬しています。
      キング・アーサー両方のメレアガン拝見しましたが作り込みの違いを楽しむ事が出来ました。
      ご自分の考えを大切に頑張って下さい

    7. より:

      いつも忙しくお仕事していらっしゃるイメージがあるので、韓国語の勉強や今まで歌ったことのない歌を目の前にした時など、いつどうやって時間を作っているのかなと思っていました。日々の努力の積み重ね…素晴らしいですね!尊敬です!
      素敵なインタビューをありがとうございました!

    8. ゆの より:

      和樹さんの役への考え方、色んなインタビューで拝見しますが、凄くいいなと思います。
      初演で再演でもそれぞれ新しいものを届けてくださるので、今後も凄く楽しみにしています!

    最近の記事

    ■ 2024年7月掲載分
    ■ 2024年6月掲載分
    ■ 2024年5月掲載分
    ■ 2024年4月掲載分
    ■ 2024年3月掲載分
    ■ 2024年2月掲載分
     過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
    お勧め商品
    新着商品
    Sorry, no posts matched your criteria.