「文豪じゃなくて”小説家”」『生きる』、平方元基・上原理生(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「文豪じゃなくて”小説家”」『生きる』、平方元基・上原理生(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2023年9月5日

Daiwa House presentsミュージカル『生きる』が、2023年9月7日(木)から9月24日(日)まで新国立劇場中劇場で、9月29日(金)から10月1日(日)まで梅田芸術劇場メインホールで上演されます。本作は黒澤明監督の同名映画を原作に、2018年に製作された日本発のオリジナルミュージカルで、今回は2020年の再演を経て3度目の上演となります。初演から主人公・渡辺勘治をダブルキャストで演じている市村正親さん、鹿賀丈史さん、再演から息子・渡辺光男を演じている村井良大さん以外のメインキャストは新キャストです。

アイデアニュースでは、新キャストで小説家役をダブルキャストで演じる、平方元基さんと上原理生さんにお話を伺いました。「上」では、『生きる』をそれぞれご覧になった時の想い、小説家役について、二人でダブルキャストは12年ぶりであることについてのお話などを伺いました。「下」では、市村さんと鹿賀さんのこと、『生きる』という作品のメッセージについて、作品の脚本や音楽のことについて伺った内容と、お客さまへのメッセージを紹介します。

平方元基さん(右)と上原理生さん=撮影・岩村美佳
平方元基さん(右)と上原理生さん=撮影・岩村美佳

――おふたりは、初演再演をご覧になっていますか?

平方:どちらも拝見しています。

上原:再演で市村さんの回を観させていただきました。

――ご覧になったうえで、率直な作品の印象はいかがですか?

上原:2020年、コロナ禍でマスクをして観ました。あの黒澤明監督の白黒映画を、よくぞこんなに見事に再現したなと思いました。シンプルな作りなのに、深く物語っていて、感動しました。お話も音楽もすごくよかったです。いい作品だなと思いました。素晴らしいオリジナルミュージカルができたなという印象でした。

平方:やっぱり、セットも赤線が出てきても不自然ではない時代の空気感ですよね。澄んだ青空ではないだろうし、ほこりっぽかったり、車が通れば砂ぼこりが巻き上がったり、下水道もそんなにきれいに整備されていない部分もあって、臭いもあったり、そういう五感が刺激されるものがもっと転がっていたと思うんです。そういうものを、舞台上で全部は表現できませんが、それを感じさせるようなセットと空気感があったのがとても驚きでした。「日本、できんじゃん!」と思いました。

上原:そうそう。

平方:「日本でもできるんだ!しかもめちゃくちゃ素晴らしいよ!」とすごく感動しました。

上原:世界に誇れるよ。

平方:思った。僕らも連れて行ってもらおうよ、ワールドツアー。

上原:行く行く!

平方:日本を知らしめよう。

上原:それができる作品だなと思う。

平方:翻訳しているわけじゃないから、日本語のよさとかも伝えられるじゃん。日本人が日本人でやっている意味が、とてもある。

上原:そうだね。

――海外で英語の字幕が出ることを想像すると、かっこいいですね。夢が広がりますね。

上原:いいですね。かっこいいですね。めちゃくちゃいいオリジナルミュージカルだなと思います。

平方:ロンドンで『となりのトトロ』の舞台をやっているけれど、 日本では『千と千尋の神隠し』をやってるし、『生きる』もやればいいよね! 全部映画の名作が原作ですごいじゃん!

上原:できるよね。素晴らしい!

――初演をTBS赤坂ACTシアターの2階席最後列で観たときに、周りにサラリーマンや男性が多かったのですが、終わると同時に皆さん総立ちで。最後列が一気に立ち上がった、あの体験は忘れないですね。

平方:特にスーツを着て働きに出ている方たちが、「これからあとどれくらいの人生を僕は生きていくんだろう」と、日々生きていく中で感じる瞬間があると思うんです。僕らもそういうことを感じることが増えていくと思います。そういった方々が素直に思いを馳せることができるんじゃないかなと思います。市村さんと鹿賀さんのおふたりがすごいから。そこにいるから。

――最初にご覧になった時は、出演したいと思われましたか?

平方:出演したいとか、そういうことは何も思っていなかったですが、「また観たい」と思いました。僕は同じ作品を2回観ることはあんまりないんですけど、この作品はまた観たいと思って、実際に観に行きましたし、再演も観ました。

上原:出演したいというか、自分がやるんだったら小説家だなと思っていました。息子じゃないな、そんな爽やかさはねえなあと。

平方:ドスがきいてそうだよ(笑)。

――まさにその小説家役ですが、配役を見て新鮮だなと思いました。やはり初演の新納慎也さんと小西遼生さんの印象が強くて、その印象で言うと、役者の個性としてラインが違うというか。小説家役を演じる上での面白さや、小説家という役の作品の中における面白さをどう思いましたか?

上原:作品の中での面白さは、やっぱりストーリーテラーとして、わりと全編にわたって登場することですね。でも居酒屋のシーンをきっかけに、渡辺勘治に「知らない世界を見せてやる」と連れ出して、最後の最後まで関わっていく。その上で息子に対してとか、「人間ってものはこういうものを大事にして生きるんじゃねえのか」と突きつける役柄なのかなと思うと、そこはすごく面白いし、素敵な役だなと思いました。鹿賀さんは初共演ですが、市村さんとは10年ほど前に『ミス・サイゴン』で、自分がデビューして間もない時からご一緒させてもらっていて、今回がっつりお芝居で絡むシーンがあるので、そこが自分は非常に楽しみですね。どうお芝居の空間を作り上げていけるのかなと。大事にしたいこととして思っていたのは、今、新納さんと小西さんとはラインが違うとおっしゃっていましたよね。

――はい。

上原:それはそうだなと思って。わりとゴツめじゃないですか。だから俺は間違っても文豪になっちゃいけないんだなと。

――文豪と小説家の違いですね。

平方:(笑)。

上原:売れない小説家なんですよね。

平方:そのわりには、まあまあいい衣裳着させてもらってるんだよね。

上原:売れない小説家だから食うのに困ったりしているのかなとか、ちょっと痩せているのかなとか、間違ってもガタイよくなっちゃいけないんだなとか。文豪にならないように、というのは思っていました。

――稼いでいないということですね。

上原:そうそう。

――むしろ、誰かからもらったりしているかもしれませんものね。

平方:くすねたりね。ヒモとかね。

上原:で、日銭稼いだら酒やギャンブルに消えてしまって。

平方:睡眠薬とかね。

上原:そうそう。

――平方さんはいかがでしょうか。

平方:ストーリーテラーの面白さは、『サンセット大通り』のジョー・ギリス役や、『アリス・イン・ワンダーランド』のうさぎの役をやっていた時に、対お客さまとか観ている人に投げかけているキャラクターと、中で芝居をやっている時のキャラクターのコントラストをはっきりすることが重要なのかなと思いました。今回も、それをやれたらいいなというのはあります。あと、小説家という役は、最初は退廃的なイメージを背負って出てくるんですが、最終的には一番きらきらして、渡辺勘治の純粋な生きる喜びのようなものに感化されて、物語に最後まで付き合うわけじゃないですか。

そこが、映画とはまったく違うところであって、ストーリーテラーとしての責任でもあると思うんです。なので、そこをものすごく大事にしながら物語を運んでいけるといいなと思います。

小説家という役だけをやっていたらそのままの感情で流れていけばいいんですけど、ストーリーテラーとして、一回一回役から飛び出て、お客さまに説明しなきゃいけないのは大変です。すごくいい感情の高ぶりが今来ているんだけど、という時にも、そこから抜け出さなきゃいけないので。感情はちょっと置いておいて、「今ここでこうなっているから、さあ見ていてね」と戻って、またその感情の高ぶりを持ってきて次に行く、という作業は大変だよね。

上原:うんうん。

平方:だから、そういうところをトライアンドエラーをしながら、稽古場で馴染ませていけたらなと思っています。回数を重ねるしかないでしょうし、かといって慣れすぎたら面白くなくなっちゃうかもしれないから、新鮮さを保ちつつですね。お客さまに「こういう物語があったんだよ」と授ける役目として、小説家を楽しんでやれたらいいなと思っています。

<取材協力>
■平方元基
スタイリスト:八木啓紀(Hironori Yagi)
ヘアメイク:真知子         (Machiko)
衣裳クレジット:ジャケット、カットソー、パンツ すべてVU(ヴウ)
他スタイリスト私物

問い合わせ先
JOYEUX(ジョワイユ)
107-0062港区南青山6-6-2 Luna Rossa 南青山3F 03-4361-4464

■上原理生
スタイリスト:岡本愛香 ( Aika Okamoto)
ヘアメイク:yuto

※アイデアニュース有料会員限定部分には、二人でダブルキャストは12年ぶりであることについてのお話などインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6日掲載予定のインタビュー「下」では、市村さんと鹿賀さんのこと、『生きる』という作品のメッセージに関すること、作品の脚本や音楽のことについて伺った内容やお客さまへのメッセージなどインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■上原:こんなに心強い、頼もしいダブルキャストいない 平方:僕のセリフですよ

■上原:『ロミオ&ジュリエット』で、元ちゃんの天真爛漫、自由奔放な感じに救われた

■平方:やり続けたから、会えた。そういうことが、俳優をやっている上でのすごい喜び

■平方:出てきた瞬間、ティボルトみたいに荒れ狂っていたら? 上原:そんな時代も(笑)

<Daiwa House presents ミュージカル『生きる』>
【東京公演】2023年9月7日(木)~9月24日(日) 新国立劇場 中劇場
【大阪公演】2023年9月29日(金)〜10月1日(日) 梅田芸術劇場メインホール
公式サイト
https://horipro-stage.jp/stage/ikiru2023/

ミュージカル『生きる』 関連記事:

⇒すべて見る

平方元基 関連記事:

⇒すべて見る

上原理生 関連記事:

⇒すべて見る

※平方元基さんと上原理生さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは10月5日(木)です(このプレゼントの募集は終了しました)。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

平方元基さん(右)と上原理生さん=撮影・岩村美佳
平方元基さん(右)と上原理生さん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. あい より:

    生きるを早く観たい気持ちがつのるばかりでなく、2人の仲の良さも伝わる素敵なインタビューをありがとうございました。ぜひ海外進出もしてほしいミュージカルだなと思います。
    岩村さんの文章には優しさとあたたかさを感じるので、お名前を見つけるととてもうれしいですしいつも安心して読ませていただいています。後編も楽しみです。

  2. みえ より:

    大好きなお二人のインタビューを見れて本当に嬉しいです
    そした今回のダブルキャストでお互いの小説家を初日にマチソワ出来るのでどんな感じで表現出来るのか楽しみにしております。

  3. ちゃこちゃん より:

    ロミジュリWキャストの ご縁から お二方が待ち望んだ今回のWキャスト!
    お互いを信頼しリスペクトし合っている
    様子や 真っ直ぐな言葉で話してくださる様子を温度感までも丁寧に伝えてくださる岩村美佳さんならではの愛ある
    インタビュー記事♡ありがたく大切に拝読させていただきました。元基くんの
    「(舞台を)やり続けていたから会えたよね。」の言葉に すごく重みを感じ
    涙が溢れました。いろんな事があって
    悩んで苦しんで でも生きてゆくって
    とてつもなく大変な事だけれど
    舞台を続ける事を
    選んでくれて歩んでくれた元基くんの
    小説家「生きる」観劇出来る事が益々
    うれしくてたまらなくなりました♡

    岩村さん いつも素敵なフォト&愛に溢れたインタビュー記事を
    ありがとうございます。明日の(下)も
    楽しみにしております。

最近の記事

■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
■ 2023年10月掲載分
■ 2023年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.