「藤堂の人生に惹かれる」、『メイジ・ザ・キャッツアイ』美弥るりか(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「藤堂の人生に惹かれる」、『メイジ・ザ・キャッツアイ』美弥るりか(下)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2024年2月8日

2024年2月6日(火)に開幕し、3月3日(日)まで明治座で上演される、明治座創業150周年ファイナル公演、舞台『メイジ・ザ・キャッツアイ』で、執事・藤堂役で出演する美弥るりかさんのインタビュー後編です。

「下」の無料部分では、今回楽しみにしていること、宝塚歌劇団ご卒業後の出演作では「戦っている」役が続いたというお話、卒業後に「やってみたい」と思っていた役が全部叶ったというお話などを紹介します。有料部分では、宝塚歌劇団の同期(89期)の絆、男役時代も今も変わらない「人」を演じているという思い、今回演じる藤堂の人生に惹かれる部分があるというお話などを紹介します。

美弥るりかさん=撮影・岩村美佳
美弥るりかさん=撮影・岩村美佳

――今回の舞台で楽しみにしていることはありますか?

楽しみというかドキドキするのは、稽古場がどんな感じなんだろうと。まず、3姉妹役のお三方がいらっしゃるだけでとても華やかだと思います。今日お会いして、お話させていただいたら皆さんとっても気さくな方でしたが、やはり自分にとってはすごく緊張感があると思いますので、その中でもなるべくリラックスして、いいパフォーマンスができるようにしていきたいなと思っています。

でも、やっぱり稽古場はどんな感じだろうと、ドキドキ、ワクワク、いろんな感情が入り混じっていますね。先ほど言ったように、明治時代に話が移ったことにより、私の衣装はシンプルだと思いますが、他の皆さんはきっとすごく華やかで、物語だけでなくビジュアルとしても楽しんでいただける要素があると思うんです。エンターテイメントとして満足感があり、見応えがある世界観が作られるんじゃないかと思います。

――昨年、『ヴァグラント』で明治座に立たれていましたが、劇場はいかがでしたか?

初めてでしたので、楽屋に入った時に歴史も感じつつ、いろんな方がこの楽屋で過ごしたんだろうなと思うと、自分がこの舞台に立つ日が来るんだということを実感して、すごく嬉しくなりました。今回、こんな短い期間でまた明治座さんに立たせていただけることがあるんだなと思って、すごく嬉しいです。しかも、150周年の最後の公演です。いろんな方の思いや、150年の歴史が詰まった作品だと思いますので、きっと素敵な作品になると、私も確信しております。

――『キングダム』『クラウディア』『ヴァグラント』と、戦う美弥さんのイメージが強いですが、今回はいかがですか?

どうでしょう。ちょっと怪しいですね。殺陣もあるかもしれません。毎回戦ってますよね。宝塚時代よりもよっぽど今のほうが殺陣をやっているなと思います。

――最近は、美弥さんが登場すると、常に戦っているイメージです。

強いイメージなのでしょうか。自分では、あまり意識していないのですが。

――殺陣で戦わなくても、『わたしを、褒めて』でもある種バトルをされていましたね。

そうですね。あと、最近は、ラップのある役がありますね。「ラッパーだったかな?」と思うくらい(笑)。

――製作発表で、4年ぶりに男役スイッチが入ったとおっしゃっていました。退団後の4年間で、すごく豪華な作品が並んでいらっしゃるなと思います。そういう作品のオファーがくる退団後の人生を歩まれていて、今、日々どんなことを感じていらっしゃいますか?

そういう作品のオファーをいただけることは、本当にありがたいことだなと毎回思っています。卒業してからやってみたい役の候補がいくつかあったんです。魔法使い、女戦士、あとは性別のない役がしたかった。それが3〜4年くらいでぎゅっと全部叶ってしまったんですよ。そんなことがあるんだと感謝しています。

その希望を口に出して言っていたわけではないんですけど、本当にそういう役、それこそ『ヴェラキッカ』とか、自分のしたかったようなことが全部詰まったような作品だったり。『キングダム』などの、みんなが知っている格好いい役をさせてもらえる機会があったり、もしくはオリジナル作品の時も「美弥さんだからこういう風に描いた」と言っていただくことがあったり、すごくたくさんの嬉しい言葉をいただけることが多くて、ありがたいなと思っています。

同時に、今年3月に私自身の20周年が終わるので、最後の締めくくりとしてこの作品が、しかも男役が活かせるような役が来たということで、ある意味20周年の最後にふさわしい役だと思います。20周年目に、自分がやってきたことをちゃんと実感できて、ちゃんと体現できて、ちゃんとお客さまに受け取っていただけるところまで責任を持って、自分なりにこの役を作っていきたいなと思います。

※アイデアニュース有料会員限定部分には、宝塚歌劇団の同期(89期)の絆、男役時代も今も変わらない「人」を演じているという思い、今回演じる藤堂の人生に惹かれる部分があるというお話などインタビューの後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■今も変わらない、89期の絆。同期が活躍すればするほど、強く誇りに思う

■男役の要素も。卒業後から応援してくださっている方は、宝塚時代を想像できるかも

■男役時代も今も変わらない。「人」を演じるのであり、自分の心を使うことに違いはない

■藤堂本人の人生に惹かれる。表面には見えなくても役の人物の人生は、海のように広い

<舞台『メイジ・ザ・キャッツアイ』>
【東京公演】2024年2月6日(火)〜3月3日(日) 明治座
公式サイト
https://www.meijiza.co.jp/info/2023/2024_02/

『メイジ・ザ・キャッツアイ』 関連記事:

⇒すべて見る

美弥るりか 関連記事:

⇒すべて見る

※美弥るりかさんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは3月8日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

美弥るりかさん=撮影・岩村美佳
美弥るりかさん=撮影・岩村美佳

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. たぬにゃん より:

    美弥るりかさんが宝塚在団中からのファンですが、インタビューの内容を読んで、やはりずっとブレない姿勢が素晴らしいなと思います。
    そして、ファンの求めているご自分の姿が良くわかっていて、セルフプロデュース能力がとても高いんですよね。
    なかなかこういう方はいないと思います。
    美しいお写真もありがとうございます。

  2. kitty より:

    美弥るりかさんのインタビュー、他で読んだことのない内容ばかりでとてもよかったです。写真もどれも素敵でした。

  3. たわ より:

    美弥るりかさんのインタビュー、内容も濃く、お写真もどれも素敵なものばかりでとてもうれしいです!!

最近の記事

■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
■ 2024年1月掲載分
■ 2023年12月掲載分
■ 2023年11月掲載分
■ 2023年10月掲載分
■ 2023年9月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.