「流され、考える。両方大事」、音楽劇『空中ブランコのりのキキ』松岡広大(上) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 動画

「流され、考える。両方大事」、音楽劇『空中ブランコのりのキキ』松岡広大(上)

筆者: 岩村美佳 更新日: 2024年6月26日

音楽劇『空中ブランコのりのキキ』が、2024年8月6日(火)から8月18日(日)まで東京・世田谷パブリックシアターで、8月31日(土)に兵庫・アクリエひめじで上演されます。劇作家・童話作家として数々の名作を生みだしてこられた別役実さんの傑作と言われる不条理でどこか不思議な作品数点を、一本の音楽劇としてストーリーを再構する本作は、世田谷パブリックシアターの夏のアートフェスティバル「せたがやアートファーム」メインプログラムとして届けられます。原作は、中学校の国語の教科書にも掲載されていた「空中ブランコのりのキキ」、童話集「山猫理髪店」より「愛のサーカス」などサーカスをテーマとした作品数本と、「丘の上の人殺しの家」です。

構成と演出は、劇団「快快」の俳優・振付家・演出家であり、ファッション、ダンスなど幅広く活躍されている鬼才・野上絹代さん。そして脚本は、同じく「快快」の脚本家・演出家であり、第57回岸田國士戯曲賞・最終候補となった気鋭の北川陽子さんです。音楽を手掛けられるのは、バンドサウンド・ワールドミュージック・雅楽・エレクトロ・打ち込みなどジャンルを逸脱した特異なセンスを持ち、多くのアーティストやメディアに音楽・リミックス提供し活躍するオオルタイチさんです。また、「ながめくらしつ」主宰の目黒陽介さんをサーカス演出監修に迎え、日本サーカス界を牽引するサーカスアーティストのみなさんも出演されます。演劇・歌・音楽・サーカス・ダンス・アクロバットが融合された、楽しくも切ない作品が誕生します。

別役作品に登場する、少し不思議で、可笑しくも愛おしいキャラクターを演じるのは、咲妃みゆさん、松岡広大さん、瀬奈じゅんさん、玉置孝匡さん、永島敬三さん、田中美希恵さん、谷本充弘さん、馬場亮成さん、山下麗奈さんです。サーカスアーティストとしては、吉田亜希さん(エアリアル)、サカトモコさん(ブランコ)、長谷川愛実さん(エアリアル)、吉川健斗さん(ジャグリング、タイトロープ)、目黒宏次郎さん(テトラ)が出演されます。

アイデアニュースでは、ロロと象を演じる松岡広大さんにインタビューしました。インタビューは上下に分けてお届けします。「上」では、咲妃みゆさんが演じる主人公のキキと、松岡さんが演じるロロの関係について、その中から浮かび上がる「自分自身と世間のイメージについての葛藤」についてどう考えているかなどのお話を紹介します。「下」では、「象」役のこと、作品の舞台になるサーカスというものについて、『ニュージーズ』でも共演した咲妃みゆさんについて、演出の白井晃さんのことについてのお話や、学生時代から通っている世田谷パブリックシアターの舞台に立つことへの思いなどを紹介します。

松岡広大さん=撮影・NORI
松岡広大さん=撮影・NORI

ーーこの作品についてどんな印象を持っていらっしゃいますか?

率直に今、こういう作品が必要なのではと思いました。色々な事が起きている現代で、それがどういうことなのかということが如実かつ顕著に描かれているので、自分たちの足元を照らしてくれる作品なのではと思います。

ーーその要素について、具体的に伺えますか?

主人公のキキは、自分自身と世間のイメージに対してすごく葛藤がある子だと思うんです。空中ブランコに乗ってお客様から拍手をもらいたいけれど、自分にしか出来ない三回宙がえりをどこかの誰かが出来るようになってしまったらと心配したり。それは自分自身を見つめる作業だと思うのですが、同時に自分自身から逃げているとも言えると思うんです。

三回宙がえりが自分だけの技でなくなると自分の価値もなくなるとキキは思っているのですが、実際に今、手に職をつけていないといけない、スキルがないと生きていけないと思っている人も多いなと感じていて。目的のためにというより、手段を優先しているというか、「⚪︎⚪︎になりたい」以上に、「⚪︎⚪︎をしている自分」が目的になってしまって、逆転しているのを目にする機会があります。

ーー本来は目的があって手段があるべきなのに、逆だということですね。

そうですね。「手段のために目的を選んでいないかな?」と考えた時に、自分自身もどうなんだろうなと思いました。思慮深くやっていけばできると思うのですが、時代の潮流に流されてしまっていないかなと。理想の自分と、今の自分を認めることができない。まさにキキがその状況なのではと思いました。

ーーそれでも、ご自身がそういう何かに、引っ張られそうになるときはありますか?

21歳頃は、世間のイメージにどうにか応えようと奮闘していましたが、うまくいかず、迎合するのをやめました。

ーーどのように転換されたんですか?

自分自身の時間が増えたタイミングだったので、色々な本を読んで偉人、先人の言葉をたくさん収集して解釈して、自分なりの哲学を作りました。

ーー意図的に自分の時間を作られたんですか?

はい。それまでは人と一緒にいることが多くて、意思決定を他人に任せすぎたなと思って。

ーー松岡さんは読書も思考もたくさんされていて、同年代の方よりも大人なイメージがありますが、そんなに早い段階で気づけるというか、止まれたことがすごいですよね。

もしかすると、僕が11歳からこの仕事をしていることに起因しているのかもしれないです。

ーー子どものころに、大人の世界を早くのぞいたからということでしょうか?

芝居をする、踊りで表現するなど、すべてが評価の対象になる仕事なので、同世代はもちろん、事務所の中にもライバルがいたり。自分で望んだことではありますが、結局消費されてしまうんだとか、だんだん苦しくなる時もあって。ものづくりをしている人は、結局は、そんなことにすぎないんだと、どこかで一回気づくと思うんです。この物語の登場人物もそうかもしれないですよね。

※アイデアニュース有料会員限定部分では、松岡さんが意図的に自分の時間を作られてきた意味と、この作品で松岡さんが演じるロロについて話してくださったインタビュー前半の全文と写真を掲載しています。6月27日掲載予定のインタビュー「下」では、「象」役のこと、作品の舞台になるサーカスというものについて、『ニュージーズ』でも共演した咲妃みゆさんについて、演出の白井晃さんのことについてのお話や、学生時代から通っている世田谷パブリックシアターの舞台に立つことへの思いなどについてお話してくださったインタビュー後半の全文と写真を掲載します。

<有料会員限定部分の小見出し>(有料会員限定部分はこのページの下に出てきます)

■人に流されることも、自分で考えることも両方大事。どちらかだけでは、生きていけない

■ロロは、お客さんが思っていることを代弁する。ピエロという表現が本当にしっくりくる

■キキとロロ。「お互いがお互いの一番のお客さん」という言葉が、言い得て妙な表現

■ロロはやはり真面目だから、ふざけているときも、どこか仮面をかぶっていると思う

<せたがやアートファーム2024 音楽劇『空中ブランコのりのキキ』>
【東京公演】2024年8月6日(火)〜8月18日(日) 世田谷パブリックシアター
【兵庫公演】2024年8月31日(土) アクリエひめじ
公式サイト
https://setagaya-pt.jp/stage/15937/

『空中ブランコのりのキキ』 関連記事:

⇒すべて見る

松岡広大 関連記事:

⇒すべて見る

※松岡広大さんの写真1カットとサイン色紙を、有料会員3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインするとこの記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは7月26日(金)です。有料会員の方はコメントを書くこともできますので、どうかよろしくお願いいたします。

松岡広大さん=撮影・NORI
松岡広大さん=撮影・NORI

全文が読める有料会員登録にご協力を

アイデアニュースは、有料会員のみなさんの支援に支えられ、さまざまな現場で頑張っておられる方々の「思いや理想」(ギリシャ語のイデア、英語のアイデア)を伝える独自インタビューを実施して掲載しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額450円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文を読めるようになるほか、有料会員限定プレゼントに応募したり、コメントを書き込めるようになります。有料会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料と編集経費になります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>岩村美佳(いわむら・みか)  フォトグラファー/ライター ウェディング小物のディレクターをしていたときに、多くのデザイナーや職人たちの仕事に触れ、「自分も手に職をつけたい」と以前から好きだったカメラの勉強をはじめたことがきっかけで、フォトグラファーに。「書いてみないか」という誘いを受け、未経験からライターもはじめた。現在、演劇分野をメインに活動している。世界で一番好きなのは「猫」。猫歴約25年。 ⇒岩村美佳さんの記事一覧はこちら

コメント欄

有料会員登録してログインすると、コメントを書き込めます(コメントを送信すると、すべての人が読める形で公開されます)。

最近のコメント

  1. うり より:

    キキと同じような悩みはあって、大人なって自分なりのある程度の着地点を見つけたけれど、ここで改めて見つめ直す新たなヒントがもらえるのでは、、とインタビューを見て思いました。ロロの言動に助けてもらえる瞬間や、逆にロロを救えるような思いやりが生まれたらいいな、と期待しながら劇場へ向かいたいと思います。

    あらすじだけでは読み取れなかった、もう少し深いところのお話が聞けて嬉しかったです。ありがとうございました。

  2. Nami より:

    インタビュー内容、お写真どちらも素敵でした🥹💖
    この記事を拝読して原作のストーリーが気になってしまったので、やはり初日までに読んでおこうと思いました!
    インタビューの後編もすぐ読ませていただきます🥹

  3. あやか より:

    いつも素敵な言葉で紡がれていく松岡広大さんのインタビュー記事。
    拝読させていただきました。
    個人的には原作のある舞台作品は初見で自分の目で、耳で、観たもので感じたいという思いがあるのでまだ原作は読んでおりませんが、咲妃みゆさん、広大さんのインタビューを拝読し開幕される8月が待ち遠しいです。

    また、広大さんご自身も大好きだという世田パブに遂にゆうみさんと一緒に演じ、板の上に立つお姿を拝見できるのがとても嬉しいです。

    馴染み深い世田パブでのお写真も素敵ですね!きっと撮影も楽しまれたのでは…!!

  4. Mii より:

    広大さんのインタビューを読むことが大好きなので、今回も取り上げていただきありがとうございます。大変興味深く拝読いたしました。世田パブでのお写真も素敵ですね。
    舞台の題材となる原作3冊を読み、岩村さんのインタビューでの広大さんのお話を聞き、ますます8月の本番が楽しみです。毎回とても丁寧に演じられている広大さんなので、どんなロロが目の前に現れるのだろうと今からワクワクしております。「お互いがお互いの一番のお客さん」。良いチームワークで素敵な舞台になることを楽しみにしています!

  5. 気まぐれさぁちゃん より:

    広大くんの安定の思慮深さに恐れ入りました。「目的と手段」の話題は以前も違う作品で挙げられていて、かんがえさせられました。8月の観劇が益々楽しみでなりません!

  6. 匿名 より:

    この度は有料会員にならせていただき「空中ブランコのりのキキ」の松岡広大さんの記事を読ませていただきました。作品の解禁と同時に原作の本を早速購入して、読ませていただきました。松岡広大さんの作品に対しての意気込みや咲妃みゆさんの記事も読ませていただき、観劇するのが待ち遠しくてたまりません。
    松岡広大さんの記事のお言葉からも、作品の熱量が伝わり、ますます楽しみになりました。素晴らしい記事を読ませていただきありがとうございます。
    松岡広大さんを応援していますので、プレゼントのご縁がございましたら、幸いです。
    よろしくお願いいたします。

  7. 匿名 より:

    知らない作品のときは、まず演じられる方の心のうちを聞くことで作品に初めて触れたと思うのでたいへん興味深いインタビューでした。広大くんの最近の心境の変化、役の解釈、近いところもあるのでは?と読み込める内容で舞台もたのしみになりました。

  8. もり より:

    松岡さんの深く柔らかな思考に触れる、素敵なインタビューをありがとうございました。美しい劇場に佇む姿にも、ついにあの場所に松岡さんが立つのだな、という感慨と期待がいっそう高まりました。

最近の記事

■ 2024年7月掲載分
■ 2024年6月掲載分
■ 2024年5月掲載分
■ 2024年4月掲載分
■ 2024年3月掲載分
■ 2024年2月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.