桃から出てきた「ケチャップ」! 神木優ソロアクト「モモタロ」京都公演より | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

桃から出てきた「ケチャップ」! 神木優ソロアクト「モモタロ」京都公演より

筆者: 桝郷春美 更新日: 2016年4月11日

 

日本全国津々浦々、どんぶらこ~、どんぶらこ~と流れていき、どんな場所にでもなじむエンターテインメントがある。神木優ソロアクト「モモタロ」と銘打つ、この公演は俳優の神木優さんが、おとぎ話「桃太郎」を題材にして朗読、漫才、コント、一人芝居、即興と様々な表現方法で桃太郎の謎を紐解き、独自の視点でツッコミを入れていくユニークなライブだ。アイデアニュースでは、このほど京都公演を取材した。初見で感じたのは、「こんな桃太郎アリなのか!?」という驚きと、身近なものをこんな風にエンターテインメントに仕立てられるのか、という発見だった。

 

 

■チョコレート店のカフェスペースで

 

「モモタロ」は、「劇場に足を運びにくい人に観に来ていただけるように、日常の場所で公演を」という試みで、これまでもホールやスタジオ、お寺、神社、古民家、カフェ、ギャラリーなど様々な施設で公演を開いてきた。美容室や空港、東京タワーなども会場となっており、それぞれの場所にちなんだネタを仕込んだり、各分野の人たちとのコラボレーションも行ったりしている。京都公演は、老舗チョコレート店サロン・ド・ロワイヤル京都本店で行われた。普段はカフェスペースとなっている小空間を会場にし、また大阪府出身の神木さんにとって京都は、ほぼ地元ということもあり、アットホームな雰囲気の中で行われた。

 

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

 

公演は約1時間20分で、9演目が披露された。マイク無しの肉声で、神木さんは公演中、一人でほぼずっとしゃべりっぱなし。舞台袖も幕も無いため、衣装替えもその場で行う。「モモタロパンフレット」によれば、「桃太郎」は日本に約700種類、4千ほどの話が伝承、継承されているという。「桃太郎研究家」を名乗る神木さんは、文献を読んだりしながら「ネタ探しのため」の研究に励む。現在55のレパートリーがあり、その中で上演時間や場所に合わせて演目を構成する。「みんなが知っている昔話を、ただ『知っている』というだけで終わらせるのはもったいないですから、『桃太郎』という題材をエンターテインメントとして見せるにはどうしたらいいかを考えています」と神木さん。

 

演目は、着眼点がユニークだった。朗読では、17世紀に発表された「桃太郎」の変形版を自身で脚色・現代語に訳して、深みのある物語として紹介。コントでは、キジが電話相手ときび団子で労働交渉をするというシュールなストーリーを繰り広げる。プレゼンテーションのシリーズでは、黒ブチ眼鏡に白衣をまとった教授のキャラクターに扮して、桃太郎の謎を突き詰めていく。興味深かったのは、神木さん自身の視点が加わること。「桃太郎のおばあさんから学ぶ7つの習慣」では、おばあさんの行動を独自の視点で分析して、観客を巻き込みながらツッコミを入れつつ、笑いから人生訓にまで昇華させている。

 

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

 

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

 

 

■観客が思い付いた言葉を使って一瞬で話を仕立てる

 

そんなバリエーション豊かな演目の中で、特に面白かったのが「即興」。前説で観客の何人かを募り、その場で思い付いた言葉を一人一語ずつ、画用紙に書いてもらう。それが終盤の演目に使われる即興ワードとなる。「即興」では、神木さんが「桃太郎」を朗読する中で即興ワードを織り交ぜていくのだが、それが何なのかを、紙をめくるその瞬間まで神木さんも他の観客も知らない。出てきたワードを使って神木さんが一瞬でどう話を仕立てるかが見もので、ここでは終始、期待と緊張が入り混じったような空気が漂っていた。特に会場が沸いたのは、桃から出てきた子どものくだりで「ケチャップ」というワードが出て、神木さんがとっさに「桃太郎」ではなく「ケチャップ」と名付けた瞬間。主人公の名前すらもあっさりと変えてしまう、まさかの力技的な切り替えしに、会場からどっと笑いが起きた。その後も桃太郎の名前をケチャップのままで通し、笑いの余韻は最後まで続いた。公演で即興の経験を重ねる度に、神木さんの瞬発力は鍛えられ、磨かれているのだろう。

 

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

 

神木さんはエンターテインメントで「固定概念をひっくり返して笑って」もらえるような表現を目指しているという。実際にライブを観て、たしかにひっくり返った。既存の物語の形を一度、分解して、要素を取り出して、新たにエンターテインメントとして再構築していくという意味において、こんな桃太郎もアリなんだ、と。神木さんの取り組みを料理に例えるならば、和食の海苔巻きが、異文化の中でカリフォルニアロールにアレンジされ、それはそれとして市民権を得ていくようなプロセスに似ているかもしれない。

 

自分が面白いと思うことを探求する神木さんの姿勢から感じたことがある。それは、日々通り過ぎているものの中に実は面白いことがたくさん眠っていて、神木さんが「桃太郎」を様々な切り口で紹介しているように「着眼点」を意識することで、身近でもっと愉快なことが見つかるのではないかということ。

 

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

 

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

 

 

■笑って過ごしてもらいたい。それが『モモタロ』という形に

 

神木さんの思いはシンプルだ。「僕はやっぱり、人生に笑いを提供できればいいなと思うんです。笑っていれば病気になりにくいとも言いますし、俳優の在り方としても、コメディの方を強くやっていきたいですね。それ以外のお仕事もありますので、何とも言えない部分もありますが、基本的には笑って過ごしたいですし、笑って過ごしてもらいたい。それが今、結果的に『モモタロ』という形になっています」

 

人生を楽しむことにおいて、感性を刺激された公演だった。

 

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

「モモタロ」京都公演より=撮影・桝郷春美

 

※神木さんが初めて落語「桃太郎」を上演したのは2013年2月。「モモタロ」公演は2016年で4年目に入った。2014年には1年間で東京23区のすべてで上演するという目標を達成。2015年からは日本全国47都道府県を回るべく新たな挑戦が始まっている。京都公演が6府県目で、今後も各地での上演を企画中だ。今後のイベント情報は、神木優さん公式ホームページやブログで。

 

<関連サイト>
神木優公式ホームページ
神木優ブログ「FLY -yuh KAMIKI’s-」

 

<アイデアニュース関係記事>
桃太郎を題材に、さまざまな表現で演じるソロアクト「モモタロ」公演
「桃太郎」の1人舞台で東京23区制覇、神木優インタビュー(上)
これからは全国各地で「モモタロ」を、神木優インタビュー(下)

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)向けコンテンツ>

 

「モモタロ」京都公演終演後、神木さんにインタビューし、各演目に対する考え、ライブ中の観客との関係性や、ファンの方へのメッセージなどをうかがいました。

 

■発想力が勝負。「そこですか!」というところを突いていく

 

■即興キーワード、応援してくれる人が敵に見えることがあります(笑)

 

■綾小路きみまろさんは距離感が上手くて、落としながらも観客を愉快にさせてくれる

 

■コンテンツを知らない人にどう広げていくかが課題

 

■チームとなってプロジェクトを応援してもらえる関係性を作れたら

 

アイデアニュース有料会員登録は、⇒こちらから

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> 桝郷春美(ますごう・はるみ)福井県小浜市出身。人生の大半を米国ですごした曾祖父の日記を読んだことがきっかけでライターを志す。アサヒ・コム編集部のスタッフとして舞台ページを担当後、フリーランスのライターに。雑誌やウェブサイトにインタビュー、ルポなどを執筆。世の中と表現の関わりに関心を寄せる。表現の根っこにあるものを作品を通して見つめ、言葉で伝えていきたい。 ⇒桝郷春美さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年8月掲載分
■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.