「NOと言ってもYESになるんです(笑)」、『真田十勇士』出演の加藤和樹(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 教室 規約など

会員登録バナー

「NOと言ってもYESになるんです(笑)」、『真田十勇士』出演の加藤和樹(下)

筆者: きた あつこ 更新日: 2016年6月10日

 

スペクタクル時代劇『真田十勇士』の再演で、初演時の由利鎌之助から、霧隠才蔵に役替わりで出演することになった加藤和樹さんの合同取材の様子の「下」です。有料会員向け部分には、7月に行われる加藤和樹さんの「全曲ライブ」などについてうかがったお話も掲載しています。(インタビュアー:橋本正人ほか、執筆:きたあつこ)

 

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

 

 

■ずっと走りっぱなしで戦ってる感じがあって、すごくハード

 

――初演はハードでしたか?

 

ハードでした。やはり、1公演1公演の立ちまわりの分量も多いですし、夏の陣なんかもずっと走りっぱなしで、その道中で仲間たちが1人1人欠けていく。泣けるシーンでもあったんですけれども、その体力のすり減り方とかがすごくリアルだったんですよね。ホントに戦ってる感じがあって、家康本陣を目指して行くっていう。すごくハードだったけど、充実していましたし、1公演1公演やりきった感がすごくありましたね。今回はどの位ハードになるのか、立ちまわりも手が付いたりするのか…。色んなことを考えていますけど、何があってもいいように、体作りだったりとか、そういうものはしていこうと思っています。でも、みんな言ってるのは、「もうあれから2年経ってるんだよね」って。

 

――体力が落ちてるってことですか?

 

勘九郎さんも含め、加藤雅也さんも言ってましたけれども、(加藤雅也さん風に)「わしも、もう今回は最後やで。でもやるからにはやらんとなぁ」って(笑)。映画の時に言ってらしたので、「ついていきます。親方さま」ってことを、みんなで言ってました(笑)。

 

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

 

 

 

■台本にはないんです。ないんですけど、やるんです(笑)

 

――勘九郎さんは、加藤さんは声がいいから歌を歌わせたいって「動画コメント」でおっしゃってました。

 

それはもう、電話でも言われましたね。

 

――あるかも?(笑)。

 

分らないです。監督も言ってるので。

 

――監督も?

 

この間、映画のアフレコでお会いした時に、「一曲やってもらおうかな」って。「勘弁してもらっていいですか」って言いましたけれども(笑)。でもこの人たち、ホントにやらせるので、こっちがNOと言ってもYESになるんです(笑)。

 

――ミュージカル「真田十勇士」?

 

ホント(笑)。エンターテイメントの要素が色々盛り込まれているので。前回の桃李くんも色々やらされていたので、むちゃぶりとか。

 

――確かに、ユニークで面白いシーンもありましたね。

 

台本にはそんなものはないんですよ。ないんですけど、やるんです(笑)。

 

 

■とりあえず監督に見せて、「それおもしろいね」ってなったりとか

 

――勘九郎さんとかアイデア出してアドリブとかされてて、面白かったらそのままGOとか?

 

とりあえず監督に見せて、「それおもしろいね」ってなったり、監督も「これちょっとやってみて」って、日替わりネタができたりとか。で、面白くなかったらやめようってなるんですけど。結構そういうのがあるんですよね。1番面白いのは高橋光臣さんの筧十蔵。ゲイキャラなんですけど、そもそもは、そんなキャラ設定じゃなかったんです。芸州浪人の筧十蔵が駆け込んでくる最初の登場シーンがあるんですけれども、それを見て堤さんが「ゲイだったらどうなるの?」って言って、光臣さんも「じゃ、ちょとやってみます」ってなって。「じゃ、それでお願いします」ってことで、彼の役作りが180度変わる。稽古場でめちゃめちゃ悩んでましたからね。「俺、そんな役作りしてきてない」って。そこで生まれたキャラクターでもあるんで、鎌之助との関係性も変わってくるんです(笑)。本当にみんなで作り上げる作品なんですよね。

 

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

加藤和樹さん=撮影・橋本正人

 

 

<スペクタクル時代劇『真田十勇士』>
【東京公演】2016年9月11日(日)~10月3日(月) @新国立劇場 中劇場
【横浜公演】2016年10月8日(土)~10月10日(月・祝) @KAAT神奈川芸術劇場
【関西公演】2016年10月14日(金)~10月23日(日) @兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール

 

<関連サイト>
スペクタクル時代劇『真田十勇士』 ⇒ http://sanadajuyushi.jp/
Kazuki Kato official web site ⇒ http://katokazuki.com/index.html

 

<アイデアニュース関連記事>
「惚れ惚れする才蔵に」、スペクタクル時代劇『真田十勇士』出演の加藤和樹(上) ⇒ https://ideanews.jp/archives/22586
「NOと言ってもYESになるんです(笑)」、『真田十勇士』出演の加藤和樹(下) ⇒ https://ideanews.jp/archives/22588
加藤和樹さん、2016年9月からの舞台「真田十勇士」で霧隠才蔵役に ⇒ https://ideanews.jp/archives/19179
加藤和樹さんの関係記事一覧は ⇒ ここをクリック

 

 

<ここからアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分>

 

■10周年、1789、真田十勇士…今年は頑張り時、踏ん張り時

 

■「全曲ライブ」は、このタイミングでしかできないこと

 

■映画で「敵将の馬を奪って突っ込んでいく」シーン、大変でした

 

■手に汗握るスペクタクル時代劇『真田十勇士』、是非体感を

 

アイデアニュース会員登録は⇒こちらから

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースの、ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール> きた あつこ/アイデアニュース編集部で1番フツーな人。2人の女のコのママ。サザエさんのタマに似ていると言われる。いろんなことに興味津々で、ちょっと楽しい、ちょっと知りたい情報をHAPPYと共にお届けできるよう、常にウロウロ、常にキョロキョロすることが元気の源。⇒きた あつこさんの記事一覧

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます



最近の記事

■ 2019年7月掲載分
■ 2019年6月掲載分
■ 2019年5月掲載分
■ 2019年4月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.