エフィー役、モヤ・アンジェラのパワフルな歌声が圧巻 ミュージカル「ドリームガールズ」 | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント 連載 教室

会員登録バナー

エフィー役、モヤ・アンジェラのパワフルな歌声が圧巻 ミュージカル「ドリームガールズ」

筆者: 中本 千晶 更新日: 2016年6月11日

 

6月8日、東急シアターオーブにて開幕した「JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』」を観た。「コーラスライン」の振付・演出で知られるマイケル・ベネットの遺作でもあり、2006年には映画化もされている。私も素晴らしい作品との噂を聞き、一度観てみたいと思ったが、当然すぐには叶わないので、とりあえず映画を見てみた。映画も十分面白かったのだが、やはり生の舞台を観てみたいと思っていた。その願いが、幸運にも日本で叶うこととなった。

 

「JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』」日本公演より=©Kumiko Suzuki

「JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』」日本公演より=©Kumiko Suzuki

 

時は1962年。物語はニューヨークのハーレム、アポロシアターの舞台裏から始まる。歌手になることを夢見る三人娘がシカゴからやってきて、コンテストに参加しようとしていた。美人でしっかり者のディーナ、最年少で可愛いローレル、そして抜群の歌唱力を誇り自信満々なエフィーだ。

 

3人はそこでカーティスという男に出会う。彼はしがないカーディーラーだったが、実はプロデューサーとしての天才的センスと野心を秘めていた。マネージャーを買って出たカーティスの見事な手腕のおかげで、彼女たちはスターダムを登りつめていき、やがてエフィーはカーティスを愛するようになる。

 

だが、さらに上を目指すためにカーティスが考えついた策は「エフィーに代わって美人のディーナをセンターにする」という非情なものだった。荒れるエフィーは次第に手に負えなくなり、ついにはクビを言い渡されてしまう。

 

失意のままに故郷シカゴに戻るエフィー。いっぽう頂点に登り詰め、押しも押されぬスターの座を手に入れたディーナも自分を偽り続ける日々に疑問を感じ始める。10年後、それぞれの「本当の夢」を追い求める旅が再び始まる・・・。

 

 

◆ディーナの美貌、ローレルの愛嬌、そしてエフィーの歌声!

 

何といっても「ドリームガールズ」3人それぞれの魅力が楽しい。知的でエレガントなディーナ(ジャズミン・リチャードソン)。彼女が「選ばれし者」としての自覚に目覚め、みるみる洗練されていく様には文句なく目が釘付けになる。

 

「JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』」日本公演より=©Kumiko Suzuki

「JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』」日本公演より=©Kumiko Suzuki

 

ローレル(ブリトニー・ジョンソン)の天真爛漫な明るさは、この作品の中でいつも心を和ませてくれる。まるで一服の清涼剤のようだ。

 

だが、何といっても圧巻はエフィー(モヤ・アンジェラ)の歌声だ。映画のように細かい描写ができない分、歌でぐっと物語を進め、つべこべ言わずとも説得力を持たせる。そんな力がエフィーの歌にはある。

 

「JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』」日本公演より=©Kumiko Suzuki

「JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル『ドリームガールズ』」日本公演より=©Kumiko Suzuki

 

エフィー一番の聴かせどころは1幕ラストの「And I Am Telling You I’m Not Going」だ。夢の世界からただ一人放り出されたエフィーの悲痛な歌声が胸を打つ。エフィーの抜けた新生「ザ・ドリームズ」たちの華やかさとの残酷なコントラストは、舞台ならではの表現だと思った。

 

1幕では堅苦しさがなかなか取れなかった初日の客席が、1幕ラストから2幕にかけてみるみる温まっていくのが手にとるようにわかった。私が好きだったのは2幕の最後、ディーナとの再会の場面で歌われる「Listen」だ。歌詞の一言一言がとても心に響く。この曲を歌い終わった時は拍手と歓声が鳴り止まず、なかなか次のセリフに入れないぐらいだった。

 

 

<JIM BEAM presents ブロードウェイ・ミュージカル「ドリームガールズ」>
【東京公演】2016年6月8日(水)~6月26日(日)  東急シアターオーブ (渋谷ヒカリエ11F)
お問い合わせ Bunkamura 03-3477-3244 、ローソンチケット 0570-000-407
公式ホームページ ⇒http://www.dreamgirls2016.com

 

 

<アイデアニュース関連記事>
アポロシアター・オリジナルキャストのモヤがエフィー役、「ドリームガールズ」8日開幕
https://ideanews.jp/archives/21748

 

 

<ここからはアイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分>

 

◆じつは「男たち」のバトルにも興味津々

 

◆ラストシーンの3人の笑顔が清々しい!

 

アイデアニュース会員登録は ⇒こちらから

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>中本千晶(なかもと・ちあき)/フリージャーナリスト。兵庫県生まれ、山口県育ち。東京大学法学部卒業後、株式会社リクルートに勤務ののち独立。舞台芸術、とりわけ宝塚歌劇に深い関心を寄せ、独自の視点で分析し続けている。宝塚歌劇関係の著作に『宝塚歌劇に誘(いざな)う7つの扉』『宝塚歌劇は「愛」をどう描いてきたか』(いずれも東京堂出版)など。「日経MJ」「朝日新聞デジタル」でも、舞台関連の記事を執筆中。NHK文化センター講師、早稲田大学非常勤講師。⇒中本千晶さんの記事一覧は、こちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

更新情報

アイデアニュースの更新情報は、TwitterとFacebookとYouTubeで、日々発信しています。ご登録くだされば幸いです。⇒Twitter ⇒Facebook ⇒YouTube

最近の記事

■ 2018年7月掲載分
■ 2018年6月掲載分
■ 2018年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.