「大河ドラマのあのシーンは奇跡の1回でした」、新納慎也インタビュー(下) | アイデアニュース

新着 予定 プレゼント カルチャー

会員登録バナー

「大河ドラマのあのシーンは奇跡の1回でした」、新納慎也インタビュー(下)

筆者: 達花和月 更新日: 2017年3月28日

 

2017年9月25日から東京と大阪で上演されるミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』に、新任の工場主任、シド・ソローキン役で出演する新納慎也さんインタビュー(下)です。有料会員限定部分では、昨年、豊臣秀次役で出演したNHKの大河ドラマ『真田丸』などについても話していただいています。※新納慎也さんのサイン色紙と写真1カットを、アイデアニュース有料会員(月額300円)3名さまに抽選でプレゼントします。有料会員の方がログインすると、この記事の末尾に応募フォームが出てきますので、そちらからご応募ください。応募締め切りは、4月11日(火)です。※このプレゼント募集は終了しました。

 

新納慎也さん=撮影・岩村美佳

新納慎也さん=撮影・岩村美佳

 

 

■何で恋に落ちたかは重要じゃなくて、「2人は恋に落ちるんです」って

 

――北翔さんが演じるベイヴという女性も、仕事が出来て、そしてガードが固めの女性なのかな?と感じました。

 

そうですね。今日北翔さんが1曲目に歌っていた歌(「♪I’m not at all in love」)も「私は恋なんてしない」っていう歌なんですけど。

 

――シドはどうやって彼女の心を掴むんでしょう?

 

恋の始まりって力技じゃないでしょ?どっちかが押したとか、こういう手を使ったじゃなく、お互い自然に惹かれていく。だから、どこのタイミングで何で恋に落ちたかは重要じゃなくて、「2人は恋に落ちたんだ」ということなんです。

「何故?どうして?どの台詞で?どの動きで?」は、どうでもいいんです。「2人は恋に落ちるんです」(笑)。今の日本人が暗いミュージカルを観る時の分析や深読みとかは本作品では要らないんですよ。「2人は恋に落ちるんです。ミュージカルだから!」っていう分かりやすいやつです(笑)。

 

――なるほど、その問いかけが既に日本的な見方の典型なんですね。

 

暗いミュージカルを観過ぎかもしれないですね。勿論僕も暗い作品は好きだし、そういうミュージカルもあれば、2.5次元ミュージカルもあって、いろいろあって良いと思うんです。深読みする作品も大好き。でも最近の日本では、明るく歌って踊ってパカーッみたいなコメディミュージカルが少なくなった。勿論そういうコメディにも人の心の機微はあるんですが、基本分かりやすい。そもそものミュージカルってそういうもので、世界では今でもそういったコメディミュージカルが愛されてる。日本人も単純にミュージカルコメディを楽しむことを思い出してほしいですね。

 

 

※アイデアニュース有料会員(月額300円)限定部分には、新納さんが昨年出演されたNHKの大河ドラマ『真田丸』についてうかがったお話など、インタビューの全文を掲載しています。

 

<有料会員限定部分の小見出し>

 

■キラキラ衣裳でキラキラのカーテン、華やかー!っていうのが観たい

 

■(『真田丸』では)鼓動の音がすごすぎて、消したってこともありました

 

■「奇跡の1回」を何十回と皆さんに観てもらえるのが、映像の良いところ

 

■『パジャマゲーム』は、なーんにも考えずにスカーン!と観ていただければ

 

<ミュージカル・コメディ『パジャマゲーム』>
【東京公演】2017年9月25日(月)~10月15日(日) 日本青年館ホール
【大阪公演】2017年10月19日(木)~10月29日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
公式サイト http://pajama-game.jp/

 

<関連サイト>
新納慎也 オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/shinya-niiro/
新納慎也 オフィシャルウェブサイト
http://www.shinya-niiro.jp/top/

 

パジャマゲーム 関連記事:

⇒すべて見る

 

※抽選で有料会員3名さまに、新納慎也さんのサイン色紙と写真1カットをプレゼントします。この記事の末尾の応募フォームからご応募ください。応募締め切りは4月10日(月)です。※このプレゼント募集は終了しました。

 

新納慎也さん=撮影・岩村美佳

新納慎也さん=撮影・岩村美佳

 

全文が読める有料会員登録にご協力を 月額300円

アイデアニュースは、自由な編集方針を貫き、読者のみなさまに本当に役に立つ情報を提供するため、広告を掲載せず、企業や団体からの金銭を一切受け取らず、有料会員のみなさんの支援のみで運営しています。ほとんどの記事には有料会員向け部分があり、有料会員(月額300円、税込)になると、過去の記事を含めて、すべてのコンテンツの全文が読めるようになるほか、プレゼント応募やコメント記入などができるようになります。会費は取材をしてくださっているフリーランスの記者のみなさんの原稿料となります。良質な取材活動を続けるため、どうか有料会員登録にご協力をお願いいたします。

    
<筆者プロフィール>達花和月(たちばな・かずき) 不朽の名作少女漫画の金字塔「ベルサイユのばら」がきっかけで、2次元沼にハマり、二次創作界をほんのり揺蕩っていたが、某俳優さんとの出会いによって、3次元復帰なるも、今度は演劇沼にドップリ浸かる。ミュージカルからストレートプレイ、能楽堂と小劇場、日比谷・新宿・池袋・下北界隈に滞留多し。慢性金欠病の為、歌舞伎に手を出したくても出せないのがジレンマ~(>_<)な、今日この頃。 ⇒達花和月さんの記事一覧はこちら

投稿・コメント欄(現在、ログインしていないので記入できません。有料会員がログインすると記入枠が表示されます)

有料会員(月額300円)登録してログインすると、投稿・コメントを書き込めます

最近の投稿・コメント

  1. pure pure より:

    「恋に落ちる」新納さんってあまり観たことがないような気がします。しかも女性と!笑
    楽しみです。
    映像のお話も興味深く読ませて頂きました。
    ありがとうございました。

  2. 菜月 より:

    2回にわたってのインタビューありがとうございました。
    私はストレートプレイから舞台にハマったので、どうしても観劇後あれこれ考えることが多くて、結構引きずってしまいます。でもラカージュやリトルショップも好きです。今回のパジャマゲームは新納さんの御指南通りに、目の前の舞台を楽しみます。
    それから真田丸のお話を聞いて頂いて、ありがとうございました。
    私は今も秀次ロスです。27話、28話を見返すたびに涙が溢れます。本当に素晴らしい演技でした。新納さんのこれからのご活躍を祈っています。
    素敵なインタビューをありがとうございました。

 アイデアニュース無料メルマガ

アイデアニュースに新着記事を掲載した時に、お知らせします。だいたい週に1回程度発行しています。登録解除は、届いたメルマガの末尾のURLをクリックすれば完了します。⇒見本


登録するメールアドレスはパソコンからのメールを受信できるアドレスにしてください。パソコンメールを受信拒否設定している場合は、ドメイン「ideanews.jp」からのメールを受け取れるように、受信設定してください。(auの場合は⇒こちら)(docomoの場合は⇒こちら) メールアドレスを登録すると、そのアドレスに受信承認のメールが届きますので、承認してください。


お名前(ニックネーム可、任意)


メールアドレス(必須)


スパム対策の回答(必須)
雪の色は白? それとも黒?


最近の記事

■ 2017年8月掲載分
■ 2017年7月掲載分
■ 2017年6月掲載分
■ 2017年5月掲載分
 過去記事一覧は⇒こちら 有料会員登録は⇒こちら
お勧め商品
新着商品
Sorry, no posts matched your criteria.